あー。とうとう終わってしまいました。
でも、きっとまた、続編があるよね。そんなラストシーン。
大泉さんが出てなかったら、見なかったかもしれない。そんなわけで、こんな面白いドラマに出会わせてくれた大泉さんに感謝!

ハケンの品格 Vol.1 [DVD]

バップ


派遣社員と正社員のドタバタを描いたドラマ、ということで、見たらきっと暗い気持ちになるんだろうなあと思っていたのですが、くるくるパーマ正社員の東海林さんと、スーパー派遣社員の大前さんのやりとりが面白くって、毎回あっという間に終わってしまうという印象でした。

ただ面白い!で終わってしまうドラマではなくて、派遣社員と正社員、両方の苦しさがよく描かれていて「このドラマを永田町の人たちに見てほしい」と訴えていた、脚本家の中薗ミホさんの意識が良く伝わってきたドラマでした。

印象に残っているのは第8話。最初から最後まで「大泉劇場」といった回でした。
仲の良い同僚、里中がリストラされることを知って苦悩したり、大前さんに罵倒されて、怒りながらも喜んだり、自分が里中の企画を横取りしたことを正直に話して、プレゼンの場を立ち去ったり。
一番の見せ場は、大前さんのために里中と東海林が殴り合うシーン。
里中をわざと怒らせて「やっと本気になってくれた」と喜ぶ東海林。「手加減してんじゃねえ」と、東海林の優しさをちゃんと受け止めている里中。
ちょっと少女マンガっぽい!と思ったけど、いえいえ、これが女のロマン。全然アリです(笑)。
東海林と里中が大前さんを好きになってしまうのはちょっと強引な気がしますが、ドラマはしょせんフィクション。全然アリです(笑)。

ドジな森ちゃんも、冷酷な桐島部長も、イラっとしたりムカっとしたりさせられるけど、どの登場人物も、自分の立場で一生懸命生きているってことに変わりはないわけで、それが良く分かる素晴らしい脚本でした。

一つ気になったのは、派遣会社のコーディネーターの一ツ木さんが、やたらと登場してくるところ。演じていたのが、私の大好きな安田顕さんなのでうれしいのですが、その分、新人社員の浅野を演じる勝地涼の出番が減らされているんでは?と、勘ぐってしまいました。このあたり、「水曜どうでしょう」ファンのプロデューサーと脚本家の意図を感じてしまいます(笑)。

またぜひ、スペシャルドラマか何かで帰ってきてね!
[PR]
# by june_h | 2007-03-16 09:59 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

作:土田英生
演出:生瀬勝久
出演:大倉孝二、奥菜恵、八嶋智人、小松和重、鈴木浩介、岩佐真悠子、六角精児、戸田恵子

何も残らないハッピーエンドより、後味の悪いバッドエンドの方がマシ、と思った作品。

『おかしなふたり』以来、土田英生さんの脚本のファンだし、役者さんも個性派揃い、そして生瀬さんの演出も、大変楽しみにしていました。

暗転するたびに登場人物の衣装が変わります。
例えば大倉孝二の場合、
観光船の制服(ある共同体に異邦人としてやってきた)

浴衣(他のメンバーと同じ浴衣を着ることで共同体の一員になった)

囚人服(服従者になった)

赤いマント(支配者になった)

観光船の制服(共同体を離れる)

アロハシャツ(?)

衣装が人間の関係性を表しています。つまり、暗転するたびに関係性が変わる、という仕掛けになっています。
暗転中にドロドロしたことが起こったはずなのですが、その描写は一切なく、ノンビリした会話の中ですべて「あんなこともあったねぇ」風に処理されていました。薄皮一枚の危うい「秩序」の中で生きていることは伝わってくるのですが、こういう場合、もっと泣くでしょう?怒るでしょう?なんて勘ぐってしまって、説得力が無いのです。まあでも、あんまりドロドロし過ぎても、お客さんが苦しくなって観られなくなるだろうから・・・・・その辺のサジ加減が難しいなぁと思いました。

場の雰囲気でなんとなく出来上がったり変わったりしてしまう人間関係というものを表現したいなら、学校の教室でイジメをテーマにした舞台の方が伝わるのでは?

カーテンコールの演出は、ハッピーエンドを思わせるものでしたが、別にいらなかったな。本編では、ラストをお客さんの想像力に任せていたのに、その想像力を奪ってしまいます。演出者の余計な解釈です。
大倉孝二の衣装は最後まで制服で良かったのに。そう思いました。

P.S.
砂浜の舞台セットとして本物の砂が敷き詰められていましたが、ホコリっぽくて咳がトマラナイ・・・・・。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by june_h | 2007-03-14 11:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

歌舞伎役者としての勘三郎さん初体験です。
いずれ、生の舞台で見たい役者さんです。

■「義経千本桜」四段目 道行初音旅(みちゆきはつねのたび)
勘三郎さんは、本当に着物がよく似合います。
勘三郎さん演じる狐忠信が、母親の皮でできた鼓に、愛おしそうに頬ずりしようとする仕草が本当にカワイラシイ。

■「義経千本桜」四段目 河連法眼館の段
勘三郎さんの踊りって、「お客さんに喜んでもらいたい!」という意識が全身から噴出している感じです。こういう役者さんを本当の「エンターテイナー」というのでしょうね。
今回の静御前は、勘太郎さんが演じていましたが、弟の七之助さんのも見たいですね。

義経の衣装が面白いです。派手で大きな襟がビロビロ立ってて、『魔界転生』に出てくる天草四郎のよう。
[PR]
# by june_h | 2007-03-12 12:01 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

私が「水曜どうでしょう」に初めて触れたのが、この企画(DVD)でした。

行こうと思っていた動物園が閉まっていたり、水族館に行こうとしたけど入場料が高いからやめたり。
いきあたりばったりのユルい番組だなあ・・・・・と、最初は鼻で笑っていました。
でも不思議。見ているうちに、気づいたら、死ぬほど大笑いしていて、「オオイズミさん、オオイズミさん・・・・・」とウワゴトのようにつぶやきながら、のめりこんでいる自分がいました。コワいです。

どうでしょう班の中で特に好きなのは、ミスターどうでしょう、鈴井さんです。
最近の企画では、大泉さんに主導権をすっかり渡してしまって、ほとんど無言で我が道をひたすら進んで行っている感がありますが、まだまだこの頃の鈴井さんは、番組を一生懸命盛り上げようという気概が見られて、テンションが高めなので微笑ましいです。
ソーラーカーを作ったり、運転中の車の窓からわざと体を出したり・・・・・。

最終夜で、「オーストラリアの旅のポイント」を大泉さんがいくつか挙げているのですが、「その2」から一気に「その8」に飛んでいて、その間のポイントがまるまるカットされているので、いつも気になります。
「オーストラリアは日本の公共機関に比べてトイレがキレイ!」
というのを聞いて、なるほどな、と思った記憶があります。
[PR]
# by june_h | 2007-03-10 17:57 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

鶴屋南北作の世話物です。
世話物初体験でございます。

山三:坂東三津五郎
お国&葛城&お近:市川亀治郎
不破伴左衛門:市川海老蔵


■浅草鳥越裏借家山三住居-山三浪宅
お国ちゃんは本当に、一途で健気で涙が出ちゃいます。大好きな山三のために、自分の小袖を売ってお金を工面したり、腕に「旦那様命」って彫ったり、瀕死なのにお水をくんだり。
山三はこの場面だけ見ると、ダメ男にしか見えないです。瀕死のお国ちゃんをほったらかしにして遊郭に行くって、どういう神経なんでしょう。
山三なんて伴左衛門に斬られてしまえ、と思ってしまいました(笑)。

大河ドラマ『風林火山』でおなじみの市川亀治郎さんは、女形だったんですね。女形の声って、わざと高くしているから聞き取りにくいのですが、亀治郎さんのセリフはわりと聞き取りやすいです。


■吉原夜桜-鞘当
伴左衛門の市川海老蔵がスバラシイ!
声に色気がありますね。セリフの間とかタメとか、聞いてて気持ちイイです。
目をむいて見得を切る姿が、初代市川団十郎の浮世絵のようです。浮世絵のギョロっとしたまん丸オメメは、デフォルメして書いているんだとばかり思ってましたが、海老蔵の見得を見て、そうでもないってことがわかりました。
[PR]
# by june_h | 2007-03-09 16:32 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)