戦後、上演禁止の憂き目に遭っていた歌舞伎を復活させたアメリカ人、フォービアン・バワーズの物語。

歌舞伎を救ったアメリカ人 (集英社文庫)

岡本 嗣郎 / 集英社


うだつの上がらないピアニストだったバワーズは、ガムランの音に魅せられ、インドネシアへ向かう船に乗り込みます。途中立ち寄った日本で、寺と間違えて歌舞伎座にフラリと入ったのが運のツキ、すっかり歌舞伎に夢中になり、そのまま日本に居ついてしまうのでした。

英語教師のアルバイトをしながら、歌舞伎観劇と日本語の勉強に明け暮れる毎日。しかし、時代は太平洋戦争の真っ最中。戦況の悪化に伴い、米軍スパイの嫌疑を掛けられることを恐れたバワーズは日本を離れ、東南アジアで、日本軍の暗号解読などの軍役に就くことになります。その後、卓越した日本語力を買われ、マッカーサーの副官兼通訳として、日本の地を再び踏みます。

しかし、戦後の日本には、バワーズの愛した歌舞伎はありませんでした。なぜなら、主君のために死ぬ武士や仇討ちを描く歌舞伎は、封建社会や軍国主義を礼賛するもので、「民主国家」を目指す日本にそぐわないとして、GHQに上演を禁止されていたからです。

それを知ったバワーズは、歌舞伎を復活させるために奔走します。仕事も食べ物もない役者達を物質的に援助しつつ、上官や検閲官に対する陳情、歌舞伎による米兵の慰問など様々な手を尽くしますが、なかなか埒が開きません。業を煮やしたバワーズは、マッカーサーの副官の地位も待遇も捨て、民間人として自ら検閲官となり、歌舞伎の上演をついに許可させます。全ての演目が解禁されたのを見届けたバワーズは、インド人の妻と共に、アジアを放浪する旅に出ます。

そんなわけで、バワーズは「歌舞伎を救うために神様が遣わしてくれた人」だと、多くの歌舞伎役者に今でも尊敬されています。中でも特に、パワーズに感謝していたのは、初代中村吉右衛門とその妻。吉右衛門の得意とする芸は、まさに、GHQがやり玉に挙げた時代物。バワーズがいなければ、吉右衛門は廃業せざるを得なかったでしょう。何度目かにバワーズが来日した際、病床にあった吉右衛門は、バワーズのために無理を押して『熊谷陣屋』を演じ、その半年後に亡くなります。彼なりの恩返しだったのだと、涙を誘います。

本の随所にちりばめられた歌舞伎役者のエピソードは、どれもとても興味深いものです。マッカーサーの副官である地位を利用して、主役級の役者ばかりを集めて上演させ、松竹のオエラ方を困らせたバワーズの「職権濫用」ぶりも微笑ましい。また、言論の自由を謳いながらも、為政者に都合の悪いことはしっかり弾圧していたGHQの矛盾を、本書を通して知ることができます。惜しむらくは、話がしょっちゅう前後して読みにくかったこと、くらいでしょうか。

それにしても気になるのは、どの歌舞伎関係の本にも必ず出てくる、十五世市村羽左衛門。
西洋人の血を引き、永遠の前髪(二枚目)役者と言われた伝説の歌舞伎役者。洒脱で色を好み、彫りの深い顔立ちを見せつけるかのように、横顔で見得をきったそうな。バワーズが一目惚れしたのは、『仮名手本忠臣蔵』で塩冶判官を演じていたこの羽左衛門だったとか。マッカーサーと共に日本に降り立ったバワーズが開口一番、
「羽左衛門は元気か?」
と尋ね、居並ぶ記者達を驚かせたのは、語り草になっています。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by june_h | 2007-02-22 15:36 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに

氷川参道を散歩しました。
大宮駅前の大通りを挟んで、さいたま新都心に向かう側の参道は、2車線だったのですが、一方通行の1車線と大きな歩道に造り変えられていました。
ウレシイ(*^_^*)
散歩が楽しくなりました。良い天気でした。
[PR]
# by june_h | 2007-02-21 23:31 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

正月の福袋ばりのツメッツメギッチギチなエンタテインメント映画!
ミュージカルやブラックミュージックが好きな人なら、絶対見て損はナシ!

観る前は、ビヨンセ扮するディーナが主人公だとばかり思っていましたが、これはジェニファー・ハドソン扮するエフィーの映画でした。彼女の歌を聴くだけでも一見の価値アリです。

ディーナ、エフィー、ローレルの3人がスターダムを駆け上がって解散するまでの過程の中で、
買収、盗作、レコード売上枚数操作などのショウビジネスの裏側と、
デトロイト暴動、公民権運動、ベトナム戦争といった社会問題と、
ソウル、ファンク、R&Bからディスコまでのブラックミュージックの変遷と、
メインボーカルを外されて結局はグループを去ることになったエフィーの悲哀や本当の自分を夫に理解してもらえないディーナの苦悩などといった人間ドラマが、
極上の音楽と共に展開していきます。

こんなわけで内容ギッシリなため、一つ一つのエピソードは断片的な印象でした。まあでも、それぞれを掘り下げてしまうと、ヘンに生々しい、全然別の映画になってしまうので、エンタテインメント性を追求している以上は仕方ないかな、と思います。もともとはミュージカルなわけだし。それにしても、是非ミュージカルで観たいですね。生の舞台で、生の俳優のパフォーマンスを堪能しながら、一曲一曲、客席でコンサートのように踊りながら観たいですね。

ビヨンセがダイアナ・ロスで、エディ・マーフィがJB(っていうかマーヴィン・ゲイ?)で、ああ、この子はジャクソンファイブのマイケル・ジャクソン・・・・・とか、あんまり考えない方がいい気がします。個人的には、映画の途中で席を立った人がチラホラいたことが気になって・・・・・ミュージカル仕立ての映画が肌に合わなかったのかな?

[PR]
# by june_h | 2007-02-21 17:09 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

私を元気にしてくれた「水曜どうでしょう」。
敬意を表して、今更ながら、水曜どうでしょうバトンを拾ってみました。

Q1  最初に見た企画は?
・「オーストラリア大陸縦断3700キロ」(DVD)

Q2  初めて見た時の感想
・ユルい番組だなあ。

Q3  自分が参加できるとしたらどの企画がいい?
・「東京ウォーカー」
歩くのが好きだから。
私が目的地を設定するとしたら、歌舞伎座、下北沢CLUB440、上野公園、渋谷PARCO、新宿紀伊国屋書店。
良い天気のときに歩きたいな。

Q4  逆に絶対やりたくない企画は?
・お風呂と水洗トイレがない企画。
・・・・・ということは、海外企画はほとんどNG。

Q5  好きなキャラクターは?(前枠・後枠含む)
・onちゃん(安田顕)
・「たっくんとけんちゃん」のけんちゃん(安田顕)
・四国R-14の上島D(音尾琢真)
・「試験に出るどうでしょうシリーズ」の生徒の安田さん(安田顕)
・タコ星人(鈴井貴之)
・トリオ・ザ・タイツ(大泉洋・鈴井貴之・安田顕)
・「対決列島」の挑戦状を読み上げる人(安田顕)
あ。ほとんど安田さんだ。

Q6  どうでしょう班と旅することになったアナタ。大泉君と同じ扱いなので、行き先を教えてもらえません。とりあえず、これは絶対もっていく!という物は?
・爪切り
初めての海外旅行で、コレがなくて非常に困ったから。
・マフラー
首が弱点の私は、真夏でも必需品。

Q7   目的地に着きました。ヒゲの発注ミスでホテルの部屋にはシングルベッド3つにダブルベッド1つ。アナタがダブルベッドに誰かと寝るハメに。さて、誰を選ぶ?その理由も。
・鈴井さん。
寝相良さそう。まぁミスターになら別に何されてもいいです(笑)。

Q8  どうでしょう初期の名物深夜バス。 それ以外で体験してみたい乗り物は?
・やっぱりヘリコプター。
私も大泉さんのようにリバースする自信アリ!

Q9  番組で登場する様々なアイテム、1つ貰えるとしたら 何が欲しい?(マイナーなものも可)
・「試験に出るどうでしょうシリーズ」の安田さんのノート。
渋谷どうでしょう小祭で見たとき、結構興奮しました。

Q10  一生どうでしょうしますか
もちろん!一生どうでしょうします!
[PR]
# by june_h | 2007-02-20 08:19 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)