■6月4日(日)高田馬場天窓
ココロコンニャクズ(高近くんとカナデリヤ)/サナダヒデト/杉本拓朗/タキ森ユキ造(タキザワくんと森大造くん)/BLUE SUGAR SPIRITS

タカチカくんとハッさんがフォークデュオ「ココロコンニャクズ」として登場。最初にタカチカくんを観た時は、いろいろ危なっかしくてヒヤヒヤしたけど、今回は、それがうまく笑いになっていて良かった!

ハッさんは緊張していたみたいだけど(^^;
アコースティックバージョンの『ニュートリノシンドローム』も好きなのです。
イントロのギターリフが、星が降ってくるみたいに美しくて♪


■6月9日(金)渋谷デセオ
ハシグチカナデリヤ/フラチナリズム/絶叫する60度
d0108969_11042312.jpg

最初のフラチナリズムさんが、体を張って笑いを取っていて、お客さんを楽しませていてビックリ(^^;

次の、絶叫する60度は、お客さん含めて持ち時間ずっと激しいパフォーマンス。
次のハッさんでも盛り上がったので、「全員サビ」「心拍数3時間ピークのまんま」みたいな、恐ろしいイベントでした。
ライブハウスを出たら、対バンのフラチナリズムのボーカルさんが「撮ってーや撮ってーや」と、ご自身のワンマンライブの捨て身のプロモーションをなさっていたので、ツイッターにアップしてみました。T.M.Revolutionとモー娘と野球拳とフンドシが見られた楽しいライブでした♪
d0108969_11043416.jpg


■6月16日(金)下北沢ERA
EMPTY KRAFT/ハシグチカナデリヤ/タキザワユキヒト/No.528

海保君のグループインタビューに参加した後、寄ってみました。
たぶん、私が今までハッさんを見た中で、一番調子が悪かったのではないでしょうか。裏声がかすれて全然出ていない・・・・・。
でも、滅多に無い姿を見られてラッキー♪と思う私はビョーキだ(^^;


6月20日(火)新宿SeptemBar
ハシグチカナデリヤのミニワンマン

会場は、歌舞伎町のど真ん中にあるライブバー。
なかなか見つけられなくて、ラブホのカウンターで、場所を訊いてしまいました(笑)。なんとかたどり着いて良かった(^^;
いち早く新曲が聴けてラッキー♪
久しぶりにウイスキー飲んでほろ酔い。
もう少し長くいたかったけど、次の日、朝早く用事があったので早々に退散。


■6月29日(木)代官山ループ
ハシグチカナデリヤ/hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)

6人編成&鍵盤アリだと、『アカラサマLOVE』とか、ハッさんの曲の中でもロマンチックでギターリフやメロディが美しい曲が聴けるので嬉しい♪
新曲『イメイジ』は、6/20に弾き語りでも聴いて、良い曲ができたと思っていたけど、バンドだとスケール感が出て、本当に素晴らしい!
珍しく、出だしがコーラス始まりで、大きい空間、大きいステージがワーっと見えてくるぐらい。名曲。
この日は、ライブの演奏自体もとても良かった。
アンコールのハイパヨちゃんとのセッションは『超Good time』。
サビの「ちょちょちょちょちょー」は、ラッパー向けだよね(^^;

諸事情あって、当分ライブに行けないと思うと、今生の別れみたいに寂しい気持ちになったのだった・・・・・。

[PR]
# by june_h | 2017-07-02 11:01 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

3月9日のバースデーアコースティックワンマン以来。
2か月ライブがなくて、森くん不足で飢えてました(^^;

<セットリスト:リハーサル>
Present Time(withループマシン)
Overjoyed(Stevie Wonderのカバー)
Georgy Porgy(TOTOのカバー)

<セットリスト>
1 Rainbow Seeker
2 ゼロ地点
3 密室
4 Present Time(withループマシン)
5 2D Star(withループマシン)
6 メガロポリタンズファンク(withoutループマシン)
7 愛のbeat

en1 ただ時が経っただけで


フェスなので、出番前にリハーサル開始。
森くん登場で、なんだかお久しぶり(^^)

リハーサルからループマシンにボイパやコーラスを録音。
お!ドラクエ以外もやるのか!?と、見守っていると、新曲ではないかっ!!皆ワクワク(^^)

本編始まって、本編でももちろん、ループマシンを使用。
ループが完成するまでに時間がかかるので、待っているこちらは手に汗握っちゃいます(^^;

2D Star』もwithループマシン!
使っているコードが少ない四つ打ちの曲なので、これもループマシンと相性がイイ曲ですよね♪

ただ、次の『メガロポリタンズファンク』で、森くんが余計なボタンを踏んでしまったらしく、関係無いドラム音がドタドタ鳴り出して、収集がつかなくなってしまい、ループ無しで演奏することに(^^;
ループ無しでも、森くんはギターだけでループが作れるので、全然オッケーです♪

森くんは、出演ライブ会場で最後の出番だったので、アンコール!
拍手に押されて舞台に再登場した森くんは、
「フェスってアンコールありなんですか?」
と、戸惑いつつも、『ただ時が経っただけで』をプレイ。
キラキラした音と声で、この日一番の歌でした!

この日は、既に出番を終えたUEBO君とハッさん(ハシグチカナデリヤ)が森くんのステージを観に来ていました。
二人ともルーパーなので、森くんにループマシンの使い方を教えてあげてください(笑)。

7月9日(日)も、この日と同じ会場の柏04で対バンライブがあるんですよね♪
私は諸事情あって行けませんが、楽しいライブになりますように!

[PR]
# by june_h | 2017-07-01 17:23 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

◆5月3日(水)渋谷ミルキーウェイ
赤と嘘/ハシグチカナデリヤ/N.U./ナイトスターリリー/grassbird/アイラブユーベイビーズ

この日のハッさんは『Rin! Rin! Hi! Hi!』が落ち着いてて良かった!
森くんと対バンしたことのある片山遼くんが「ナイトスターリリー」というデュオで出演していてイイ感じに盛り上がっていた。
相変わらず片山くんは色白!
「アイラブユーベイビーズ」のギタリストさんが客席でチラシを配っていたので
「足、治った?」って訊いたら
「真一文字に割れまして、でも、骨が生えてきて、1か月半で治りました!」
とのことだったので良かった♪
ステージ上のパフォーマンスは激しい人ですが、とても丁寧で腰が低い方でした。
この日は「赤と嘘(森翼くん)」の誕生日イベントだったらしく、ゴールデンウィークでもあったので、大変なお客さんの数。
気分が悪くなってしまったので、早めに退散させていただきました(^^;


◆5月14日(日)渋谷デセオ
オトループ/ハシグチカナデリヤ

オトループとのツーマン。
『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、私が手を上げるタイミングを間違えて焦る(^^;
他にも同じような方々がいたみたいで、ハッさんが
「ラスサビは2回繰り返す」
とアドバイスしていた(笑)。
次の『マッコー』も、「オイ!」の回数が2回目だけ違うので緊張します(^^;
久しぶりに『ライヤイヤー』が聴けて良かった(^^)
d0108969_18061912.jpg

◆5月20日(土)上野音横丁
ハシグチカナデリヤ / Sissy / 藤田恵名 / 東京エロティカルパレード。

久しぶりに藤田恵名ちゃんを堪能♪
後ろの方で見ていたので、恵名ちゃんのビキニ姿が見えず、初めて歌に集中して聴けました(笑)。
地声は鼻にかけているけど、歌う時の声はちゃんと太い。
恵名ちゃんは体重を気にしていたけど、この後に出演したハッさんのバンドは、皆、女性はポッチャリの方がイイ!と絶賛。
私は、ベースの拓人くんの、白くてムッチリした腕も魅力的と思う(笑)。
『Like a花鳥風月』のテンポが速すぎてウケた(^^;


◆5月21日(日)柏MUSIC SUN

ハッさんの次がスパボだったので、スパボファンが多かった印象。
当然、『Rin! Rin! Hi! Hi!』のセッションを皆、期待しているのに、ハッさんがもったいぶって、イントロを2回止めたので、客席から「カナデリさんっ!?」というキレ気味の野次が飛ぶ(笑)。
満を持して、スパボの二人が登場!良い笑顔(^^)
なのにハッさん「こぶし上げて」の歌詞で「にょぶし上げて」と間違えてしまい、「のろし上げて」と開き直って歌った(笑)。


◆5月25日(木)新宿ナビカフェ
杉本ラララ/ハシグチカナデリヤ

杉本拓朗くん改め「杉本ラララ」くんとのアコギツーマン。
杉本くんの声を初めてナマで聴きました。
静かに歌っている声は想像ついたけど、サビで盛り上がる時に、不安定な爆発力があります・・・・・と、書いてはみたけど、形容が難しい声(^^;
今度、ハッさんプロデュースでアルバムをリリースするそうで、何曲か二人でやってくれた♪
それにしても、ハッさん、働き者だなあ(^^;;;


[PR]
# by june_h | 2017-05-27 18:02 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

スピリチュアル系の本で、今まで読んだことがある内容が多いけど、読みやすいし、キャッチーで面白いです。
神様が「はあ!?」ってキレたりするし(^^;

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

さとう みつろう/ワニブックス

undefined

いくつか、印象的な「キャッチコピー」を。


■鏡は先に笑わない
イヤなことがあると周囲(鏡)を変えたくなるけど、鏡に映るのは、少し前の「過去」なわけだから変えられない。
だから、自分が笑うしかない。
分かりやすい例えですね!


■「自我の欠乏欲」「安全の欠乏欲」「存在の欠乏欲」
この世に生まれた人はみんな間違いなく幸せなんだけど、突き詰めると、この三つに関して満たしたいと思うみたい。
納得。


■迷っているということは、実はどっちでもいいのだの法則
これ、気が楽になる言葉ですね。
私は決断にあまり迷うことは無いですけど(笑)。
例えば、2人から同時にプロポーズされて、そのうちの1人と結婚した場合。
イヤなことがあるとすぐ逃げるような気持ちなら、どちらを選んでも後悔するだろうし、何があっても楽しもうと思えば、どちらを選んでも幸せになるだろうし。
「正解」を決めるのは、環境じゃなくて自分ってことですね。
[PR]
# by june_h | 2017-05-26 17:18 | Trackback | Comments(0)

夜中に寝床で読んで、いつも大笑い&大泣き(T-T)
この二人の関係性が好き♪
西原さんは値切ったりしてショッピングを楽しみたいのに、高須さんは時間がもったいないからって店の商品を全部買い占める(笑)。
お互い価値観が全然違うから、ケンカになるし、楽しめるんですよね!

高須さんのお母様の話が印象的。
戦後、進駐軍相手に商売をしていた女性達の整形や堕胎を引き受けていたのが、高須さんのお母様。
そのお金で成長してきた高須さん。
「何千人も殺してきたから地獄行き」
だと、お母様は自分の手を見せながら、幼い高須さんに語ってきた。

西原さんは、高須さんの手を見ながら「働き者の手だ」と言う・・・・・。

西原さん、ここまで来るのに本当にご苦労されたし、高須さんもたくさん働いてこられた(今も働いているけど)ので、「人生の夕暮れ時」を穏やかに楽しんでいて、本当に良かったと思います。

[PR]
# by june_h | 2017-05-23 20:02 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)