東日本大震災後、ホリエモン収監前に行われた対談。

だからテレビに嫌われる

堀江 貴文 / 大和書房


震災によって露呈した、日本のシステムとメディアのダメさ加減について2人が語っています。
わかりやすいです(^^;
記者クラブ制度はもちろんのこと、政治家の子弟がマスメディアにたくさんいるので身内批判ができないとか。電波利権とか。

よく「政府と東電が圧力をかけて真実が報道されない」と言われますが、危機管理システムと事後処理がダメダメなのと、マスメディアが空気を読み過ぎて過剰自粛したのが重なって、今のような事態になっているようですね。

面白かったのは、マスメディアに対する二人の姿勢の違い。
上杉さんは
「「ジャーナリズム」を標榜している以上は、マスメディアは、権力を監視し、真実を伝えなければいけないが、今はジャーナリズムからかけ離れている」
と言いますが、堀江さんは、
「マスメディアなんてどうせアテにならないんだから、自分で情報集めて、自分で判断すればいい。マスメディアがこうなったのは、視聴者のせいもある」
という姿勢。

「苦言を呈する」上杉さんの方が、マスメディアに対して優しいように感じちゃいました(^^;
だって、今のままの権力におもねて、弱い者を感情的に集団で叩くだけのマスメディアなら、いずれ存在意義を失ってしまうでしょうから・・・・・。
たぶん、若い人達の多くは、後者の堀江さんみたいに考えて、黙ってマスメディアを離れているでしょう。

野田秀樹が震災後にマスメディアのことを
「みんな大声を出していたけど、みんな同じことしか言ってなかったから異常だった」
と言っていましたけど、この2人も
「日本は、北朝鮮や中国より状況が悪い。北朝鮮や中国の国民は、マスメディアがプロパガンダだとわかっているが、日本人は真実だと思っているから」
と言います。

・・・・・私も最近、北朝鮮を全然笑えません(^^;
[PR]
by june_h | 2012-05-11 12:09 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)