この映画は実話です。

カトリックの強いアイルランドでは、結婚前の女性が妊娠すると、修道院に入れられました。
そして、囚人のように扱われ、強制労働に従事。
出産した子供は、彼女達から引き離され、アメリカに養子として売られていました。
こんなことが、1996年まで続いていたんだそうです。

この映画の主人公フィロミナは、修道院に入れられていた女性の一人でした。

50年後、引き離された息子アンソニーを探すことを決心したフィロミナは、ジャーナリストのマーティンに一緒に探すように頼みます。
フィロミナとマーティンがたどり着いた真実は、非常に数奇なものでした。

アンソニーは、残念ながら既に亡くなっていました。
マイケルと名前を変えていたアンソニーは、レーガン&ブッシュ大統領の法律顧問として活躍。
同性愛者だったため子供は残していませんでした。

「アンソニーは、私を愛していたのか、憎んでいたのか」

このことだけが気がかりだったフィロミナは、アンソニーのパートナーだった男性に会いに行きます。
彼が持っていたアンソニーの記録映像に、その答えはありました。

アンソニーは、母親を探しに修道院を訪れていたのです。
そして、本人の強い希望で、修道院に葬られていました。

私は、涙が止まりませんでした。

「事実は小説より奇なり」
と言いますが、シナリオライターが神様なら、「マジ神!」って思います(^^;

フィロミナとアンソニーは、離れていても、形は違えど、同じ「カルマ」を持っていたということになります。

フィロミナは、未婚で快楽に溺れたということに罪悪感を持ち、50年間隠し続けた。
アンソニーは、ゲイであることに罪悪感を持ち、生涯隠し続けた。

しかも、アンソニーが法律顧問を務めた共和党政府は、抗エイズ新薬開発を妨害していた。
なぜなら、キリスト教系保守派のロビー団体が、「エイズはゲイの天罰」だと考えていたから。
アンソニーは、自分の首を絞めるような政策をサポートして、結局、エイズで亡くなった・・・・・。
二人とも、宗教的な問題で抑圧されていたのです。

二人が生前、ついに出会えなかったのは、修道院のシスターがお互いのことを隠していたからです。
シスターは、フィロミナに言いました。

「私は神に近づくために、生涯、純潔を貫いた。でも、あなたは快楽に溺れた。これは天罰よ」

・・・・・「堕落」した女性達の労働と、子供達を売ったお金でご飯を食べていることについては、どう思っているんだろうって、突っ込みたくなりますが(^^;

でも、二人の愛情と絆までは、裂くことはできなかったのです。

フィロミナは、重たい秘密を抱えているとは思えないほど、とても魅力的な人物でした。
無教養ではありますが、素直で、信心深くて、超ポジティブ!
ジャーナリストのマーティンは、反対に、神を信じていなくて、オクスフォード大卒のエリートで皮肉屋。
この「でこぼこコンビ」っぷりが良かったです。

アンソニーは、たまたま息子であることが判明しましたが、修道院から売られた子供達の多くは、いまだに行方知れずなのです・・・・・。
[PR]
by june_h | 2014-04-04 12:26 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

お年寄りのコーラスグループ「年金ズ」で歌を楽しむマリオン。
そんな彼女を渋々送り迎えする夫のアーサー。
ところが、マリオンの癌が再発して、余命いくばくもない状態に。
アーサーはマリオンを心配して、コーラスを辞めるように言うが、マリオンは辞めるどころか、コンサートでソロを務め、アーサーへの愛を歌った。
それから間もなく、マリオンは帰らぬ人に。
この時、アーサーが取った行動とは・・・・・!?

ベタな展開ばかりですが、結局、泣かされてしまいました(^^;

人が死んで悲しいのは当たり前じゃん!
感動的な歌で感動するのは当たり前じゃん!
家族が仲直りして嬉しいのは当たり前じゃん!
・・・・・ってなことばかりですが、ストーリーは、コンパクトにまとまっていて、時間も長くないので、気軽に楽しむのにちょうどイイです。

私も合唱をしていましたから、マリオンの気持ちは、よーくわかります。
合唱は、呼吸が深くなるし、声を出してストレス発散できるし、インナーマッスルも鍛えられるし。
お年寄りにオススメです!

以前、話題になったアメリカの「ヤング@ハート」がモチーフなのかしらと思いましたが、これは、イギリス映画なんですね。

マリオン亡き後、アーサーは、「年金ズ」に入って、マリオンへのアンサーソングを歌います。
ベタだって思うけど・・・・・泣いたモン勝ちでしょう。

家に帰ってから、母親に、ママさんコーラス仲間と一緒に観に行くように勧めました。

P.S.
「年金ズ」の指揮者の女性エリザベスと、アーサーとの会話。
アーサーは歌が上手だったのでエリザベスが
「時々、花が咲き誇るような才能を見付けることもあるわ。あなたとか」
というのに対し、アーサーは、
「毒花(poison ivy)?」
と、謙遜して言います。
poison ivyって、ラストックス(ツタウルシ)ですね(^^)
[PR]
by june_h | 2013-07-09 12:17 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

俳優のダスティン・ホフマンが監督した映画です。

舞台は、イギリスの「ビーチャムハウス」と呼ばれる、音楽家ばかりの老人ホーム。
イタリアの音楽家ヴェルディが作った音楽家のための憩いの家のようです。
ビーチャムハウスでは、常に、どこかで誰かが、楽器を弾いたり、歌ったり。
音楽が溢れています。

私は、イギリスの老人ホームで、ちょっとだけボランティアをしていたんですけど、同じ老人ホームでも、全然違いますね(^^;

でも、イギリスの老人ホームにしては、あんまりイギリス英語っぽくなかったし、教養ある音楽家の会話なら、もっとウィットに富んだ会話が聞きたかったな。

主人公は、昔、夫婦だった2人の声楽家。
ビーチャムハウスで思わぬ再会をしますが、夫だったレジーは、妻のジーンの裏切りが許せず、最初は、よそよそしく接します。

しかし、同じカルテットの仲間に助けられ、次第に近づく2人。
ラストシーンでレジーがジーンに
「結婚しよう」
と言った時、ジーンとして、涙ぐみました。

この映画の登場人物達は、元々、実際の音楽家だった人ばかり。
エンディングロールで、若かりし頃の写真が出てきます。
ただ、主要な4人は、音楽家ではないので、歌が吹き替えでした(^^;
[PR]
by june_h | 2013-05-18 09:19 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

【映画】レ・ミゼラブル

感動しました!
今回の映画で、ストーリーがちゃんとわかって良かった(T_T)

高校生の時、帝劇版のミュージカルを観たことがあります。
ジャン・バルジャンは滝田栄(ダブルキャストで鹿賀丈史)、エポニーヌは島田歌穂、マリウスは石井一孝だったと思います。
でも、登場人物が多いし、やたらと時間が飛ぶし、何が何やらチンプンカンプン(?_?)
親に連れて行かれて、自分が観たくて観たわけではないので、シーンも断片的にしか覚えていなかったのです(^^;
なので、感動的なラストシーンも覚えていなくて、こんな話だったんだーと、泣きながら観ていました(笑)。

涙で顔を濡らしながら、映画館を出て、携帯の電源を入れたとたん、友達から電話が。
その友達も、「レミゼ」の映画を観て、どハマりしたそうで、感想やキャストのことなど話し合って、立ったまま長話(^^;

・・・・・さて、映画の感想ですが、主役のジャン・バルジャンを追い回すジャベールについて思うことが。

ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で16年、獄に繋がれ、恨みと憎しみの塊になっていたけど、神父の慈悲に触れた後で悔い改め、愛に生きるようになりました。
ジャベールは、そんなジャン・バルジャンをしつこく追い回す「悪役」に見えますが、彼は、ジャン・バルジャンの「影」なんです。
ジャン・バルジャンが自分の「前科者」であるというレッテルに怯えたように、ジャベールも、犯罪者の息子であるという出自を消し去るかのように、生真面目に、徹底的に「悪」を叩きのめそうとするのです。

ジャン・バルジャンに助けられたジャベールが、自分を恥じて身を投げたことで、ジャン・バルジャンが自分の「影」を乗り越えた!打ち勝った!という見方もできるでしょうが、ジャベールにも、救いの物語を与えて欲しかったです・・・・・って、ヴィクトル・ユーゴーに文句言っても、きっと「これが人生」って、言われちゃうんでしょうけど(^^;

人生、上手くいかなくても、ツラいことがあっても、結果が出なくても、成功しなくても、天に召されるその日まで、いつも心に夜明けの太陽を♪
[PR]
by june_h | 2013-01-30 12:24 | 映画 感想 | Trackback | Comments(4)

精神分析学の父ジークムント・フロイトと、分析心理学のカール・ユング、そして彼らの弟子&患者で、ユングの愛人だった女性ザビーナ・シュピールラインを主軸に描いた映画。
タイトルから、ユングとザビーナのスキャンダラスな面が強調されている映画かと思いましたが、意外と史実に基づいた真面目な映画でした。

フロイトは、いつも葉巻を吸っていますし、ユングは、シンクロニシティ大好きな神秘学オタクだし(^^;
フロイトはユングに「オカルトにハマっても何もイイことないぞ」と言い、ユングはフロイトに「感情を全部セックスと結びつけるなんてどうなの?」と言う。
私、この二人は、最澄と空海に似ているといつも思うんですよね。
お互いの素晴らしさを認め合いながら、決別せざるを得なかったというか・・・・・。

ユングのカウンセリングや自由連想法の様子が再現されていて、大学時代に心理学を専攻していた者として、興味深かったです。

印象的だったのは、麻薬&セックス中毒患者のグロスと、ユングが対峙するシーン。
「自分の欲望を解放しろよ」と迫るグロスに、「患者のザビーナと寝るなんてできない」と答えるユング。
白い服のユングに、黒い服のグロス。
ユングが抑圧した自分自身のシャドウ(影)のように、グロスを描いています。

ザビーナの当時の病名は「ヒステリー」「色情狂」、今なら「統合失調症」ということになるのでしょうか。とても興味深い症状だったので、別エントリーで書きます。
[PR]
by june_h | 2012-12-10 12:53 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

ヴィクトリア女王と、彼女の夫アルバート公の物語。

ヴィクトリア女王 世紀の愛 [DVD]

Happinet(SB)(D)


ヴィクトリア女王というと、三谷さんの演劇『ベッジ・パードン bedge pardon』で、浅野和之さんが女装して演じたのが、インパクトが強くて(^^;

ヴィクトリアの父方の叔父イギリス国王ウィリアム4世には、嫡子がいなかったため、彼女は、王位継承者に。
権力欲しさに、彼女に群がる周囲の人間達。彼女の母親と、その秘書コンロイも、ヴィクトリアを利用しようとしていました。そして、ヴィクトリアの母方の叔父、ザクセン公エルンスト1世もその一人。
彼は、息子のアルバート公を、「ヴィクトリア好みの男」に育て上げ(笑)、彼女と結婚させることに成功します。

そんなわけで、ヴィクトリア女王とアルバート公は、仕組まれた政略結婚ではありましたが、中身は恋愛結婚で、夫婦仲も良く、9人の子供ができました。
エルンスト1世は、アルバート公を通してヴィクトリア女王とイギリスを操ろうとしますが、賢いアルバート公は、父親の影響を巧みにかわし、ヴィクトリア女王と共にイギリスを共同統治。
63年にも渡る最長在位の中で、世界中に植民地を持つ大英帝国の繁栄の一時代を築きました。

今までヴィクトリア女王の良い面?しか知りませんでしたけど、王権を磐石にするまで、スキャンダルにまみれたりして、かなり苦労したんですね。
そして、ヴィクトリア女王の人気は、アルバート公の力が大きかったのですね。

この映画のアルバート公、全然カッコよくなーい!
内向的でオタクな感じで、ヴィクトリアが一目惚れした金髪の好青年には、全然見えないんですけど(^^;
でも、ヴィクトリアは美しくて良かったです(笑)。
[PR]
by june_h | 2012-07-25 12:42 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

この映画の続編『エリザベス・ゴールデンエイジ』は、劇場で見たことがあります。
先日、この映画がBSで放送されていたので、やっと見られました!

エリザベス [DVD]

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


ヘンリー8世の娘だったものの、母親のアン・ブーリンが処刑されて「庶子」に。
異母姉のメアリ1世は、彼女を「政敵」と見なしてロンドン塔に閉じ込める。しかし、メアリ1世の急死で、エリザベスは、イングランド女王として即位することに。

しかし、当時のイングランドは、問題だらけ。
国内では、カトリックとプロテスタントが対立。
王権の基盤が脆弱なのに乗じて、フランス、スペイン、スコットランドが、勢力拡大を狙う。
しかも、ノーフォーク公が王位算奪のために謀反を起こそうとしている。
誰も信じられない状況の中、エリザベスが愛するロバート・ダドリーの裏切りを知る・・・・・。

冒頭から火あぶりの刑のシーン。更に、拷問、斬首などなど、中世ヨーロッパならではの残酷シーンが目白押し(^^;
ロンドンのマダム・タッソー館を思い出しました。
拷問や処刑シーンや凶悪犯を臘人形にするなんて、イギリス人は趣味が悪いと思ったものです(笑)。

スコットランドって、言葉が違ったんですね!
メアリー・スチュワートが違う言葉を使ってて。
ウェールズが違うのは知っていたけど。

舟遊びやダンスなどなど、中世イギリスの風俗がいろいろわかって興味深かったです!
[PR]
by june_h | 2012-06-22 12:14 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

最初から涙が止まりませんでした。
ヒリヒリするような孤独感が最初から最後まで、ずーっと漂っていて。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(メリル・ストリープ主演) [DVD]


私は、イギリスでボランティアしていた老人ホームを思い出していました。

明るくて、アットホームな老人ホームでしたが、そこはかとなく漂う死と不安の臭いに、その日の夜、悪夢を見て怯えました。
そこにいたおじいちゃんおばあちゃん達、みんな孤独に見えたのです。
それと、この映画のサッチャー首相が重なりました。

憐れみで泣いたのではありません。
彼女の孤独感に同化したり、老人ホームでの辛かったことを思い出したりしたのです。

経済的にドン底のイギリスで女性初の首相に。
いわば「火中の栗」を拾った形で国の中枢に立ち、財政の緊縮策やフォークランド紛争など、次々とシビアな選択をする必要に迫られた。

当然、何かを選べば、困る人間は出てくるわけで。常に批判の矢面に。
味方であるはずの保守党議員達も、まとめるのが大変!

自分が良かれと思って実行しても石を投げられる。
国のために行動しても国民に理解されない。

この映画を
「家族を犠牲にして痴呆になったカワイソウな女」
というふうには見て欲しくないです。
国を背負ったんだもの。
家族を犠牲にするのも、孤独になるのも、本人は全部わかっていて、誇りを持って選んだのだろうから。
[PR]
by june_h | 2012-06-01 12:43 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

イギリス女王エリザベス1世の生母アン・ブーリンと、彼女の妹のメアリーの愛憎。
ブーリン家の姉妹ブーリン家の姉妹
王妃と離婚して、アン・ブーリンと結婚するために、離婚を禁じているカトリックから足ぬけして、イギリス国教会を設立したヘンリー8世。その後も、次々と離婚と再婚を繰り返すのです。しかも、前妻を殺して(^^;
「アラビアン・ナイト」も真っ青です(^^;

私はずっと、ヘンリー8世がエキセントリックな人なんで、こういうことしちゃってたんだと思いましたが、この映画を見ると、アン・ブーリンも、なかなか我が強くてギラギラした女性だったようで(^^;
映画用に脚色したのかなって思いましたけど、史実的にも、そう言われているらしい。

なんたって、あのエリザベス1世の母ちゃんだもの。
頭キレキレで度胸があるのは頷けます。
エリザベス1世が「娼婦の娘」だと揶揄されていた意味が、ようやくわかりました(^^;

アン・ブーリン役は、ナタリー・ポートマン。自分の野心が昂じて自滅していくのは『ブラックスワン』と同じ!?(私は怖くて見ていませんが)
妹のメアリー役は、スカーレット・ヨハンソン。どっかで見たことあるなぁと思っていたら『真珠の耳飾りの少女』のモデルの少女役ですね!

カメラワークや衣装も素晴らしかったです。

王様に一旦フラれ、フランス宮廷で新たな魅力を身に付けたアンが、戻って来た時のシーン。
茶色と灰色がベースの部屋に、鮮やかなグリーンのドレスで登場。王様は、すっかりメロメロ。
アンの妹のメアリーのように、優しくてなんでも受け入れる女性が、本当に「強い」女性かもしれないけど、私は、アンみたいな野心ある女性が好き♪
[PR]
by june_h | 2011-11-08 18:24 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

タイトルもポスターもホラー映画っぽいですが、現代アートのドキュメンタリー映画です。
アートって何だろう?ということを考えさせられる映画でした。

四六時中ビデオカメラで何かを記録していなければ気が済まないフランス人男性、ティエリー。
彼の従兄弟が、ゲリラ的に公共物に落書きする「グラフィティアーティスト」だったことから、欧米で「活躍」する有名グラフィティアーティスト達の活動をカメラで追うようになります。

もちろん、彼らの活動は、違法で犯罪。
警察に見つかれば、作品は直ちに消され、逮捕されることも。
いわば「瞬間のアート」を記録するティエリーは、グラフィティアーティスト達にも、次第に信頼されていったのでした。

こうしたグラフィティアーティストの中で、イギリス人の「バンクシー(通称)」は、別格的な存在です。
イスラエルに築かれた分離壁に落書きすることに成功して、世界のニュースになったり。
彼の作品に数十万ドルの値がついたり。
高い芸術性から、イギリス当局は、彼のストリートパフォーマンスを事実上黙認しているのです。

ティエリーは、バンクシーとも親交を深めていましたが、ある日、バンクシーから「記録しっぱなしじゃなくて映画でも作ったら?」と提案されます。
ところが、バンクシー曰く「ひどい出来」だったので、今度は「君自身がグラフィティアーティストになったら?」と提案。ティエリーは、今まで撮影してきたストリートアーティスト達のノウハウを基に、いろんな場所に落書きしていきます。

ティエリーは、ついに、全財産を注ぎ込んで個展を開催することに。バンクシーからの推薦文もとことん利用して、大々的に宣伝。
マスコミが押し寄せ、ティエリーの作品に高値がつき、入場者もいっぱい!
「アンディ・ウォーホルの再来だ!」と絶賛され、ティエリーは、あっという間に有名ストリートアーティストになったのです。

大成功したティエリーに対して、仲間のストリートアーティスト達は、複雑な表情。
「なんかズルい!」と、みんな顔に書いてありました(^^;

皆がイイ!と言えば、アートになるんだろうか・・・・・。
有名な人がイイ!と言えば、アートになるんだろうか・・・・。

結局、スゴいのは、ティエリーじゃなくてバンクシーなんじゃないだろうか。
だって、この映画、バンクシーが作ったんだもん。
全ては、バンクシーの手のひらで転がされているような・・・・・!?
[PR]
by june_h | 2011-07-26 21:04 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)