9月23日の対バンの予習も兼ねて、ハシグチカナデリヤさんのCDを買い占めるために(笑)、足を運んで参りました。

<セットリスト>
※ハシグチカナデリヤさんオフィシャルブログ「ハシグチカナデリヤのいとをかしきMUSICの世界。」より
1.ニュートリノシンドローム
2.キスマーク
3.せつなさライセンス
4.ミュージックビデオ
5.バイバイ未来エンドロール
6.なに食べ
7.超good time
8.like a 花鳥風月
9.まさかマザーユニバース


この2週間くらい、ハッさんのCDを毎日毎日、朝から晩まで拷問みたいに聴いています(←表現おかしいよね)。
目が覚めるとギターのリフが頭の中で鳴っていて、どうしても気になる。
気づいたらドップリと深みにハマっていました。

なので、今回のライブも、ハッさんのセトリ速報を見なくても、大体、自力で書き起こせました(笑)。

最近は、彼の音楽性だけではなくて、ツイッターやブログも気になって、読んでいると、「なかなかいないタイプのアーティスト」だし、外見は奇抜にしているけど、中身は「なかなかいないイイ男」だってことが分かりました。

そう思ったのは、
「自分のためだけに歌ってない」
ってことが分かったから。

自分のサポートメンバーを一人一人大事にしているのはもちろん、その日の対バン相手全部について、良かった点をブログで紹介。
ただ「良かった」「スゴい」だけじゃなくて、ちゃんと「自分の言葉」でね。
あの年齢ではなかなかいない「自分の言葉を持っている男」だぞ。

歌詞やブログを読むと、ボキャブラリーも文章力も伝達力もあるんだよね。
ちゃんと文学とか、本を結構読んでるんじゃないかな?
文章だけでも何かできそうだけど・・・・・。

応援するのは言葉でだけじゃない。
他のバンドのライブ中でも、最後部の物販スペースから、誰よりノッてて楽しそうに聴いていたりして。
ああ、この人は、音楽が、ライブが、本当に好きなんだな・・・・・って思いました。

こういう人の行いは、誰が見ていなくても、神様は必ず見ているもの。
彼がメジャーデビューのチャンスを掴んだのは、運やマグレじゃなくて必然です。

10/4からスタートするアニメの主題歌に決まったんですよねっ!


-ハシグチカナデリヤ hugs The Super Ball「Rin Rin Hi! Hi!」(TVアニメ「ナンバカ」OPテーマ)-




この日も彼に対して
「ハッさんはオレらの希望の星だ!」
って声かけてた人もいたし、嫉妬の入り混じった言葉を呟いていた人もいたりして(^^;

私は、
「悔しいなら、彼と同じ努力をしてから妬め」
と、言ってやりたい。

いろんなアーティストをライブハウスで見てきたけど、時々、売れないからってヤサグレているアーティストがいる(爆)。
愚痴をエネルギーにして作った曲を歌っていたり(^^;

私、終演後に、
「あの曲良かったですね!」
って、あるアーティストに声かけたら
「どうせ、××さん聴きに来たんだろ?」
って、吐き捨てられるように言われたこともあるんです(^^;;;

せっかくステージに立ってお客さんに聴いてもらうチャンスがあるのに、なんてもったいないことをしているんだろう。
確かに、お客さんが少ないのはガッカリだけど、たった一人でもお客さんの心を動かせたなら、それだけで大成功じゃん。

ハッさん、ケチなプライドなく、集客の努力は、ちゃんとやってるぞ。
お客さんに対する感謝も一つ一つ感じ取っているし。

もちろん、集客だけじゃなくて、自分の音楽の価値を高める研究も練習もちゃんとやってる。
音楽フェスとかいろんなアーティストのパフォーマンスも観て、めっちゃいろいろ分析してる。

物販にいたハッさんから、CDとDVDを買い占めて、「私の名前はイイから、何か面白いこと書いてよ」ってお願いしたら、しばらく悩んで、「今の素直な気持ちを書きました」って、真面目な顔でCDを渡してくれました。

やったー!
「たいした名前じゃない女」
から
「神様」
に昇格しました\(^^)/

d0108969_11091484.jpg


・・・・・そりゃ、いっぱい買ってくれたら、そう言うよね(^^;
愛い奴(笑)。

私がハッさんのCDを買ったのは、心意気を応援したいのはもちろんだけど、本当に曲を気に入ったから。
ハッさんの曲、私の好みとは全然違うけど(笑)、私にとっては、ずっと聴いていたくなるような魅力が芯にあるんだよね。

だから、9月23の森くんとの2マンは、本当に楽しみにしています。

こういう人こそ売れて欲しいし、長く続けて欲しいし、音楽業界で活躍して欲しいな。
今回のチャンスで、うまく上昇気流に乗って欲しい。
そんで、二度と戻ってくんなよ(笑)!!

[PR]
by june_h | 2016-09-20 11:07 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)