タグ:ハシグチカナデリヤ ( 26 ) タグの人気記事

16時半~22時という5時間半に渡る50曲ワンマンということで(歌舞伎よりも長い)、演る方も観る方も体力勝負!
どんだけ体が壊れるかしらって、かなり覚悟してたんですけど、終わってみると、あっと言う間。
1時間ごとに休みが入っていたのでそれほど負担ではなかったし、疲れよりも楽しさや心地よさの方が勝っていて(次の日のダメージもそんなに無い)、大満足なライブでした♪
d0108969_15041726.jpg
本人もサポートメンバーの皆さんも、良い意味で「いつもどおり」で良かった!
気負うと50曲なんて保ちませんから(実際には、2曲やり直したので52曲ですが)。
1章の前半は、ステージも客席も「50曲完奏するぞ!」っていう意気込みで集中力がスゴくて、ハッさんも手堅く演奏してるのが分かりました。その後は、だんだん雰囲気に慣れてきて、お互いペースが分かっていったみたい。

4章で喉に何か絡んで『ビビッドワールド』で声がうまく出なくなったので、ドラムの丹さんから水をめぐんでもらって最初からやり直していたけど、それ以外はカンペ無しで全曲完奏完唱。「オトコは黙ってフル尺」はウソではなかった!

毎日がbrand new days』がバンドで聴けて良かった♪地味な曲だから普段はあまりやらない曲が聴けるのが、全曲ワンマンの良さ!
今回初披露の『いったんフィーネ』もそうですが、最近作られた曲は、全体的にスケールが大きいアレンジが多いような気がします。

以前のワンマンに比べて男性客が増えているかも。「演奏が上手いか楽曲にオリジナリティがあるとコアな男性ファンが必ずついている」というのが私の勝手な持論なのですが、いずれにせよ良い傾向♪

終演後は、物販にダッシュして、ハッさんがいないうちにライブ限定CD買って(1,000円入れた)、プレサポCDもらって、12/25のグラピワンマンのチケット買って、火事場泥棒のように退散(笑)。
慌てていたからバチが当たったのか、「ハシグチカナデリヤ」タオルを落としてしまいました(T_T)また買わねば・・・・・。

というわけで、今回はサポートメンバー中心に感想を書いてみました(50音順)。


◆愛され続けて39年丹大博
最新アルバムの3章と、その後の新曲ばかりの4章担当ということで、体力的にも技術的にも負担のあるパートを任されているという点で、ハッさんが信頼を置いているのがよく分かります。ハッさんのサポートドラマーでは最年長だし、私の友達の間でも「安定の丹さん」と評判です。
Rin! Rin! Hi! Hi!』を2回やらされたのは気の毒だ(^^;あれは、最後のギターのハモりを間違えたからやり直したのではなく、盛り上がる曲をもう一回やってテンション上げたいってハッさんが思ったからに違いない(笑)。


◆遠藤光与志
私はハッさんのサポートの中で、遠藤くんのベースが一番好き。動きも音も派手。
今回は2章担当だったわけだけど、特にファンク系は彼に弾いて欲しいのね。だから本当は『イイワケナイ』とかの3章で弾いて欲しかった(^^;
最初に彼のベースで「おおっ!」と思ったのは、『dandy man』だったしねー。
エフェクター変えたからか、今回もいろいろ歪み方が変わってた。
まさかマザーユニバース』は、既に鉄板ネタになってますね(笑)。


◆小田チップス
なに食べ』の時のダンスや『あはあは』の歌は見せ場ですが、普段はステージ後方でコーラスとかアコギとか、地味に演奏を支えている・・・・・んだけれども、実は、『オトナノオンナトオトナノオトコ』とかで激しく踊りまくっているし、アコギをプレイしている時も、左右にめちゃめちゃ動いていたりする。
今回のサポートメンバーの中で最多出演(43曲!)。
そりゃーヘロヘロになっちゃうよね(^^;


◆海保けんたろー
私はハッさんのサポートの中で、海保くんのドラムが一番好き。
派手なパフォーマンスだけではなく、音もメリハリ効いてキレてて、しっかりしてると思う。
海保くんのドラムを聴いていると、沼澤尚さんの音をなぜだか思い出します。
なんでだろ・・・・・ハイハットやスネアの音をスッと消す処理が似ているからなのか。音の「出し方」じゃなくて「消し方」に特徴ある気がする。そのあたり、今度もう少し注意して聞いてみよう。


◆加藤瞬
名前はまだ無い』で、あの「ズタタタタタタタズタッズタッ」のループをドラムで10分近くやるわけで、その曲の前に思わず激励を込めて「瞬くん頑張ってー!」と言ってしまいました(笑)。実際、ループがフワっと途中で消えた部分があったけれども気のせいか(笑)。ハッさんはギターでルーパー使えるからイイじゃんね。


◆SAKUCHAN
今回、実はこの人、音も存在感も色っぽいってことが分かりまして(笑)。
私が好きな『ライヤイヤー』の切な色っぽいベースも、『まさマザーユニバース』の世界観を決めるベースもこの方なのね。
今後もライブでもっと聴きたいベーシストです。


◆渋谷隊長
名前はまだ無い』は、ギターだけじゃんくて、何かのマシンも使ってて面白かった♪渋谷隊長のギターは、ロマンチックな曲で聴きたいんですよね。なので2章の『イロコイマグワイエトセトラ』とか3章の『アカラサマLOVE』は、隊長のギターで聴きたかった。


◆庄司porgy耀太
ハッさんとのギターのハモりは抜群の相性♪
耀太くんは、セッティングの音合わせの時、チック・コリアの「スペイン」とかSMAPの「らいおんハート」とか弾いてて、それも面白いんだよね。


◆山内かなえ(ちげ)
今回、立ち位置の関係で、ちげちゃんのギターが間近で見られてラッキーでした♪
だんだん上手くなってきて、任されるパートも多くなってきたみたい。
今回も何の曲だったか忘れちゃったけど、曲の終盤でギターをザクザク弾いていてカッコよかったな。友達と「ちげちゃんサイコー!」って叫んだけど、本人に気付かれず残念(^^;
そして、素朴な疑問ですが、なぜ「ちげ」ちゃんと呼ばれているのでしょう??毎度「チゲ鍋」を想像してしまう私(^^;


◆山守拓人
やっぱり『なに食べ』のスラッピングはタクト君でないとね!
タクト君は、個人的に、あの白い腕がたまりません(←セクハラ目線)。
d0108969_15045065.jpg


[PR]
by june_h | 2017-10-16 14:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■9月5日(火)下北沢MOSAiC
 ハシグチカナデリヤ/渡會将士(FoZZtone, brainchild's)/SEKIRARA
大阪のガールズバンドSEKIRARAのギターの子、髪型がセミロングのツーブロックでカッコ良かったな!
普通にしていても普通にカワイイんだけど、ヘドバンすると刈り上げたうなじが色っぽくて。

ハッさん、めっちゃ良かった!いつもと全然違った!
「俺を見ろ!」的な、めちゃめちゃ「二枚目汁」出てた(笑)
ミスなんてあったの?ってくらい気にならなかった。
ハッさんは一人だとキョドっちゃうけど(笑)
誰か背負って歌っていると余裕と色気が出るタイプ??
ライブって不思議だねえ。
ミスがなくても、演奏に集中してないときもあるし、
ミスっても、メチャメチャ濃いこともある。


■9月21日(木)新宿ナビカフェ
 杉本ラララ/ハシグチカナデリヤ
杉本ラララくんとのセッション。
前回と違って、とても陽気な雰囲気。
ハッさんプロデュースの杉本くんのアルバムと、バンドワンマンライブの評判が良かったからかな?
いずれにせよ良かったですね♪

ハッさんが「悩んで病んでyoung days」の手書き歌詞を配布。
歌詞の解説付き。
アーティストが自分で歌詞を解説してしまうなんて斬新(^^;
そのうち自分の楽曲解説のセミナーとか開きそう(笑)。
d0108969_14123316.jpg

■9月24日(日)新横浜BeLL's
 タキザワユキヒト/ハシグチカナデリヤ
せっかくのツーマンだったんだけど、具合が悪くなって、アンコール前で退散。
かえすがえすも残念っ!!
新曲たくさんあったんだよね♪10月の50曲ワンマンが、いよいよ近づいて参りました。

d0108969_14122200.jpg

[PR]
by june_h | 2017-09-30 14:09 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

7月25日(火)六本木Morph-Tokyo
ハシグチカナデリヤ / 凸凹凸凹-ルリロリ- / 覇汝家 / NEXTRADE / ウタリ

お久しぶりのライブハウスの雰囲気と、初めてのハコだったこともあり、始終キョロキョロしていました。

六本木Morphは、音響も照明もgood!
居心地の良いライブハウスでした。
なおかつ、私のお気に入りのスリーピースで新曲の『イメイジ』もあったので、気分が上がらないわけないです\(^o^)/
終演後、覇汝家(はなや)の女の子の大きい胸に釘付けになりました(^^;


7月29日(土)下北沢MOSAiC
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ

待ちに待った!?ダイナマイト☆ナオキ様とのツーマン。

ナオキ様見ると、毎回笑い過ぎて腹筋壊れるから、70分も観たら笑い死ぬ・・・・・かと思いきや、ギターテクをガッツリ堪能できて意外な収穫(笑)。
クラシックのアレンジお上手です!
今度、ナオキ様のギター教室があるそうですが、あのキャラで教えるんだろうか(^^;
アンコールのハッさんとのセッションで、ハッさんがナオキ様のスカーフ巻いてきたのだけど、似合い過ぎ(^^;;;
ナオキ様の笑いに、私はだいぶ「免疫」がついてきたけど、友達は持病が悪化するほど笑っていました(笑)。


8月8日(火)渋谷RUIDO.K2
ハシグチカナデリヤ/パンパンの塔/GA-HA-/Sissy/HRK(from☆S☆RUSH)/ZEN(from ZEAT)

一度聴いてみたかったパンパンの塔。

活動休止前に拝むことができて良かった!
独特の世界観のバンドでした。
ハッさんのベースは、個人的には遠藤くんが一番好きです♪


8月18日(金)下北沢MOSAiC
ZEZE-HAHA/ハシグチカナデリヤ

対バン相手のゼーゼーハーハーは演奏上手い!

外国人のファンがいたのは、パリでライブやったことがあるからかな?
最初のB'zの『ギリギリChop』ギター対決ですが、細くて背の高い男の子がサングラスかけて短パンはくと、稲葉浩志の真似って言えるんだと分かりました(^^;



8月28日(月)下北沢MOSAiC
アイラヴミー/ハシグチカナデリヤ/DIALUCK/ミスモペ

男性客が多いなーと思ったら、ハッさん以外のアーティストは女性なんですね(^^;

久しぶりのハッさんヒトリ演奏。
ハッさんは初めましての客が多いことを想定してなのか、MCもセトリも「よそ行き」なバージョンでした。

[PR]
by june_h | 2017-09-04 21:20 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

この日のナスカちゃんは、お客さんからもらったお花でいっぱい♪
d0108969_22055864.jpg

<セットリスト>
1. いいんです
2. おいしいパン
3. 歌
4. screaming(V6提供曲のセルフカバー)
5. 黒い実
6. 2D Star(withルーパー)
7. コーラナッツウイルス(withルーパー)
8. 交差点

9. 民宿のおやじ(フルコーラス)
10. Overjoyed(スティヴィーワンダーのカバー)
11. モノクローム
12. 悪魔の提言
13. Avalanche
14. My☆Girl(withルーパー)
15. メガロポリタンズファンク(withルーパー)
16. Rabbit hole
17. Funk redemption
18. Pebama

en1. 雨はやまない
en2. 愛のBeat
en3. エレンディラ
en4. Rainbow seeker

1日目/2日目は、セトリほぼカブらず。
それで思い出したのか
「ハシグチカナデリヤ君が『好きなあの曲やってくれなかった問題完全解決全曲ワンマン』という全50曲ライブをやるそうで。スゴいですね!何時間やるのかな」
と、アンコールでMCしていてドキッとしました(^^;

皆さんからのリクエストが奏功したのか、ここ数年やっていないようなレアな曲が聴けました!
まずは提供曲のセルフカバーの『Screaming』。
これはバンドでぜひまたやって欲しい!
V6への提供曲候補は当初『悪魔の提言』だったらしい!ビックリ(^^;

両日やった『民宿のおやじ』は昔、浴衣で歌ってくれたことがあったなぁとか、『』は当日のマネージャーさんに詳しいこと訊いたなぁとか、いろいろ思い出したのでした(^^)

実は・・・・・森くんの曲をハッさんのリードギターで聴きたいのが何曲かありまして。
真っ先に浮かんだのが、この『』なのですよ。
メロディアスでバンドだとスケール感があるのでハッさんのギターに絶対合うはず!
とはいえ、これは私の単なるエゴで他に望む人はいなさそうだから妄想で終わりそうだけど・・・・・。

コーラナッツウイルス』は、ルーパーのテンポがちょっと早過ぎて、ギターがルーパーに必死でついていくみたいになってしまい、
「宮川剛さんなら(テンポ)下げてくれるんだけどなあ」
とボヤいてました(笑)。
宮川さんも昔「この曲があるから旅が疲れる」ってボヤいていたのを思い出しました(^^;

d0108969_22070452.jpg

森くんが転調を教わったのはスティヴィーからだと言ってた。
TMじゃなかったのね(^^;

とにかく、この二日間幸せでした!
7月はずっと妹の入院でバタバタしていて久しぶりのライブで、森くんのおかげでなんだか若返ったような気分です(^^)
ライブは、お金とヒマと健康と情熱、全部揃わないと行けないと日頃から思っていたけど、プラス家族も健康でないと行けないですね(^^;

d0108969_22062767.jpg

[PR]
by june_h | 2017-08-16 22:01 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

■6月4日(日)高田馬場天窓
ココロコンニャクズ(高近くんとカナデリヤ)/サナダヒデト/杉本拓朗/タキ森ユキ造(タキザワくんと森大造くん)/BLUE SUGAR SPIRITS

タカチカくんとハッさんがフォークデュオ「ココロコンニャクズ」として登場。最初にタカチカくんを観た時は、いろいろ危なっかしくてヒヤヒヤしたけど、今回は、それがうまく笑いになっていて良かった!

ハッさんは緊張していたみたいだけど(^^;
アコースティックバージョンの『ニュートリノシンドローム』も好きなのです。
イントロのギターリフが、星が降ってくるみたいに美しくて♪


■6月9日(金)渋谷デセオ
ハシグチカナデリヤ/フラチナリズム/絶叫する60度
d0108969_11042312.jpg

最初のフラチナリズムさんが、体を張って笑いを取っていて、お客さんを楽しませていてビックリ(^^;

次の、絶叫する60度は、お客さん含めて持ち時間ずっと激しいパフォーマンス。
次のハッさんでも盛り上がったので、「全員サビ」「心拍数3時間ピークのまんま」みたいな、恐ろしいイベントでした。
ライブハウスを出たら、対バンのフラチナリズムのボーカルさんが「撮ってーや撮ってーや」と、ご自身のワンマンライブの捨て身のプロモーションをなさっていたので、ツイッターにアップしてみました。T.M.Revolutionとモー娘と野球拳とフンドシが見られた楽しいライブでした♪
d0108969_11043416.jpg


■6月16日(金)下北沢ERA
EMPTY KRAFT/ハシグチカナデリヤ/タキザワユキヒト/No.528

海保君のグループインタビューに参加した後、寄ってみました。
たぶん、私が今までハッさんを見た中で、一番調子が悪かったのではないでしょうか。裏声がかすれて全然出ていない・・・・・。
でも、滅多に無い姿を見られてラッキー♪と思う私はビョーキだ(^^;


6月20日(火)新宿SeptemBar
ハシグチカナデリヤのミニワンマン

会場は、歌舞伎町のど真ん中にあるライブバー。
なかなか見つけられなくて、ラブホのカウンターで、場所を訊いてしまいました(笑)。なんとかたどり着いて良かった(^^;
いち早く新曲が聴けてラッキー♪
久しぶりにウイスキー飲んでほろ酔い。
もう少し長くいたかったけど、次の日、朝早く用事があったので早々に退散。


■6月29日(木)代官山ループ
ハシグチカナデリヤ/hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)

6人編成&鍵盤アリだと、『アカラサマLOVE』とか、ハッさんの曲の中でもロマンチックでギターリフやメロディが美しい曲が聴けるので嬉しい♪
新曲『イメイジ』は、6/20に弾き語りでも聴いて、良い曲ができたと思っていたけど、バンドだとスケール感が出て、本当に素晴らしい!
珍しく、出だしがコーラス始まりで、大きい空間、大きいステージがワーっと見えてくるぐらい。名曲。
この日は、ライブの演奏自体もとても良かった。
アンコールのハイパヨちゃんとのセッションは『超Good time』。
サビの「ちょちょちょちょちょー」は、ラッパー向けだよね(^^;

諸事情あって、当分ライブに行けないと思うと、今生の別れみたいに寂しい気持ちになったのだった・・・・・。

[PR]
by june_h | 2017-07-02 11:01 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

3月9日のバースデーアコースティックワンマン以来。
2か月ライブがなくて、森くん不足で飢えてました(^^;

<セットリスト:リハーサル>
Present Time(withループマシン)
Overjoyed(Stevie Wonderのカバー)
Georgy Porgy(TOTOのカバー)

<セットリスト>
1 Rainbow Seeker
2 ゼロ地点
3 密室
4 Present Time(withループマシン)
5 2D Star(withループマシン)
6 メガロポリタンズファンク(withoutループマシン)
7 愛のbeat

en1 ただ時が経っただけで


フェスなので、出番前にリハーサル開始。
森くん登場で、なんだかお久しぶり(^^)

リハーサルからループマシンにボイパやコーラスを録音。
お!ドラクエ以外もやるのか!?と、見守っていると、新曲ではないかっ!!皆ワクワク(^^)

本編始まって、本編でももちろん、ループマシンを使用。
ループが完成するまでに時間がかかるので、待っているこちらは手に汗握っちゃいます(^^;

2D Star』もwithループマシン!
使っているコードが少ない四つ打ちの曲なので、これもループマシンと相性がイイ曲ですよね♪

ただ、次の『メガロポリタンズファンク』で、森くんが余計なボタンを踏んでしまったらしく、関係無いドラム音がドタドタ鳴り出して、収集がつかなくなってしまい、ループ無しで演奏することに(^^;
ループ無しでも、森くんはギターだけでループが作れるので、全然オッケーです♪

森くんは、出演ライブ会場で最後の出番だったので、アンコール!
拍手に押されて舞台に再登場した森くんは、
「フェスってアンコールありなんですか?」
と、戸惑いつつも、『ただ時が経っただけで』をプレイ。
キラキラした音と声で、この日一番の歌でした!

この日は、既に出番を終えたUEBO君とハッさん(ハシグチカナデリヤ)が森くんのステージを観に来ていました。
二人ともルーパーなので、森くんにループマシンの使い方を教えてあげてください(笑)。

7月9日(日)も、この日と同じ会場の柏04で対バンライブがあるんですよね♪
私は諸事情あって行けませんが、楽しいライブになりますように!

[PR]
by june_h | 2017-07-01 17:23 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

◆5月3日(水)渋谷ミルキーウェイ
赤と嘘/ハシグチカナデリヤ/N.U./ナイトスターリリー/grassbird/アイラブユーベイビーズ

この日のハッさんは『Rin! Rin! Hi! Hi!』が落ち着いてて良かった!
森くんと対バンしたことのある片山遼くんが「ナイトスターリリー」というデュオで出演していてイイ感じに盛り上がっていた。
相変わらず片山くんは色白!
「アイラブユーベイビーズ」のギタリストさんが客席でチラシを配っていたので
「足、治った?」って訊いたら
「真一文字に割れまして、でも、骨が生えてきて、1か月半で治りました!」
とのことだったので良かった♪
ステージ上のパフォーマンスは激しい人ですが、とても丁寧で腰が低い方でした。
この日は「赤と嘘(森翼くん)」の誕生日イベントだったらしく、ゴールデンウィークでもあったので、大変なお客さんの数。
気分が悪くなってしまったので、早めに退散させていただきました(^^;


◆5月14日(日)渋谷デセオ
オトループ/ハシグチカナデリヤ

オトループとのツーマン。
『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、私が手を上げるタイミングを間違えて焦る(^^;
他にも同じような方々がいたみたいで、ハッさんが
「ラスサビは2回繰り返す」
とアドバイスしていた(笑)。
次の『マッコー』も、「オイ!」の回数が2回目だけ違うので緊張します(^^;
久しぶりに『ライヤイヤー』が聴けて良かった(^^)
d0108969_18061912.jpg

◆5月20日(土)上野音横丁
ハシグチカナデリヤ / Sissy / 藤田恵名 / 東京エロティカルパレード。

久しぶりに藤田恵名ちゃんを堪能♪
後ろの方で見ていたので、恵名ちゃんのビキニ姿が見えず、初めて歌に集中して聴けました(笑)。
地声は鼻にかけているけど、歌う時の声はちゃんと太い。
恵名ちゃんは体重を気にしていたけど、この後に出演したハッさんのバンドは、皆、女性はポッチャリの方がイイ!と絶賛。
私は、ベースの拓人くんの、白くてムッチリした腕も魅力的と思う(笑)。
『Like a花鳥風月』のテンポが速すぎてウケた(^^;


◆5月21日(日)柏MUSIC SUN

ハッさんの次がスパボだったので、スパボファンが多かった印象。
当然、『Rin! Rin! Hi! Hi!』のセッションを皆、期待しているのに、ハッさんがもったいぶって、イントロを2回止めたので、客席から「カナデリさんっ!?」というキレ気味の野次が飛ぶ(笑)。
満を持して、スパボの二人が登場!良い笑顔(^^)
なのにハッさん「こぶし上げて」の歌詞で「にょぶし上げて」と間違えてしまい、「のろし上げて」と開き直って歌った(笑)。


◆5月25日(木)新宿ナビカフェ
杉本ラララ/ハシグチカナデリヤ

杉本拓朗くん改め「杉本ラララ」くんとのアコギツーマン。
杉本くんの声を初めてナマで聴きました。
静かに歌っている声は想像ついたけど、サビで盛り上がる時に、不安定な爆発力があります・・・・・と、書いてはみたけど、形容が難しい声(^^;
今度、ハッさんプロデュースでアルバムをリリースするそうで、何曲か二人でやってくれた♪
それにしても、ハッさん、働き者だなあ(^^;;;


[PR]
by june_h | 2017-05-27 18:02 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

新横浜ベルズは10年以上前の野狐禅の対バン以来・・・・・とはいえ、私が行った時は既に野狐禅の出番が始まってて、入ろうとしてやめて、家に帰ったんだよね(笑)。ちなみにその日は酷い大雨だった。だから、中に入ったのは昨日が初めて。なかなか良いハコでした♪

このツーマンは、二人の関係性も楽しみでしたね♪
最初のアコギでのセッションからして、仲良しさん(^^)

<オープニングセッション:二人ともアコギ>
1、ニテヒナル
2、BELOVED(GLAY)
3、WE ARE EVOLUTION(アコースティックバージョン)

この二人の出会いは数年前なんだそう。
タッキーはハッさんより年下なので、最初は敬語だったけど(笑)、酔っぱらったハッさんが「敬語使われるの、寂しいなぁ」と、呟いてからはタメ口になったらしい(^^;
やっぱりこの男、想像通りの甘えん坊だ(笑)。

最初はハッさん。
6人編成なので、普段の対バンでは聞けない曲が聞けて、珍しくキーボードもあって、嬉しい\(^^)/
日曜だからか『サンデーナイト』も聴けたし♪
お客さんは、ワンマンにも増して、超ヒートアップしていた!
自分的には『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、手を挙げるタイミングを間違えちゃったので恥ずかしかった(^^;
チップスくんが、この曲で扇子持って踊っていましたね!

<ハシグチカナデリヤ セットリスト>
1、超good time
2、あはあは
3、Rachel
4、オトナノオンナトオトナノオトコ
5、dandy man
6、サンデーナイト
7、燃えてフラジャイル
8、らぶふらくしょん
9、なに食べ
10、六等星の丘~we are believer~
11、Rin! Rin! Hi! Hi!
12、パステル
ステージ前方に出てきてギターソロで客を煽ることはよくあるけど、ハッさんが手すりに乗ってきてビックリ!
飛び乗る瞬間の目を見ていて、ワーッ!と向かってくるウチの文鳥さんを想像してしまいました(^^;
真下からハッさんを見上げることって、そうは無いから貴重な経験でございました♪

それにしても、ハッさんのツーマン&ワンマンはメガネで行っちゃダメだ。メガネ曇った(笑)。汗で滑った(^^;
今度からちゃんとコンタクト入れなきゃ(^^;;;

次はタッキー。バンドのタッキーは初体験でした。
ハッさんのサポートもする海保くんがドラム。
海保くんは、タッパがあるので、スティックを高い位置から降り下ろすアクションがよく似合います。
タッキーの曲音楽性の方が私の好みに近いのでね。楽しめましたよ!
ただ、変拍子激しいので、バンドの皆さんの練習が大変そう!
今回のライブで、タッキーの譜割りやリズムのクセがなんとなく分かった気がします。
エンドルフィンにとめどなく』が聞けて良かった♪

タッキーの最後の曲が終わるか終わらないかのうちに、ハッさんがステージに出て来てアンコールの準備をイソイソと開始(笑)。

<アンコールセッション:バンドで>
1、WE ARE EVOLUTION(バンドバージョン)
2、MUSIC

二人合わせて、スゴい量の曲数だったわけで・・・・・終演時刻がかなり遅かったので、物販に先に寄っておいて良かった♪
次回は『探す、エーテルの風』希望!
d0108969_20594569.jpg

[PR]
by june_h | 2017-05-05 20:58 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

4/30のタキザワユキヒトくんとのツーマンライブについては、別レポにします♪


■4月5日(水)恵比寿エイム
ハシグチカナデリヤ/GA-HA-/EMPTY KRAFT/ALLaNHiLLZ/High-sidE

High-sidEという沖縄のイケメンばかりのバンドのボーカルが山田親太朗に似ているなーと思ったら、本人だった(^^;
こんなちっちゃいライブハウスでお目にかかれるとは!
「窓を開けて、窓を閉める。これだけ!」
という、親ちゃんのカチャーシーの説明が分かりやすかった♪

ハッさんの出番では、GA-HA-さんやALLaNHiLLZが登場して、次々セッション!


■4月7日(金)代官山ループ
ハシグチカナデリヤ/THE NEUTRAL/見田村千晴

打ち合わせの後、恵比寿から必死で歩いて、ちょうどハッさんの出番に間に合って良かった!
その後、用事があって、この日はハッさんしか見ずに退散。ゴメンネ!


■4月9日(日)渋谷ラッシュ
小田和也/ハシグチカナデリヤ/河野圭佑/もりきこ/YKJ/the tote

小田くんのツアーファイナルとのこと。
彼との関係性は「特殊」だとハッさん。
その意味を17日に知ることになる(笑)。

この日のハッさんのスリーピースは、海保くんと遠藤くん。
このスリーピースが一番好きかも。

この日の『六等星の丘』は、とっても良かったな。
ヘンにカッコつけてなくて、声が透き通っていて、キラッキラだった♪
六等星までしっかり見えるような、星空みたいな声だった。


■4月14日(金)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ/THE SASAKI OSAMU BAND/アイラブユーベイビーズ/オトループ

オトループが「ハッさんあるある」をイラストに描いて歌って面白かった!
新曲の『リハロ』は、生まれる前に皆、母親を選んで生まれてくるんだよ、というストーリー。
なぜ、その話を知っているの?と、後でボーカルの纐纈くんに訊いたら、オトループがサントラを担当した映画の監督が、「かみさまとのやくそく」の映画監督と知り合いで、映画を知ったんだとか。なるほどね。

サナダヒデトくんのバンド、アイラブユーベイビーズのギターの人がとにかく目立つ(笑)。
彼を3月30日で見た時は、足を怪我していたけど、まだ治っていないみたいで、左右で違う靴を履いていた(^^;


■4月17日(月)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ/YANAKIKU/赤と嘘

急きょ、仕事の打ち合わせが入って、間に合わないかもしれなくて、
「ヤナキクぅ、ナオキ様ぁーーっ!」
と、半泣きでライブハウスに向かい、結果的に間に合って良かった(←ハッさんはどうでもいいのか?)

ハッさんとYANAKIKUの共作『オトナノオンナとオトナノオトコ』のYANAKIKUバージョンは、スゴくカッコ良かった!アレンジがイイ♪
YANAKIKUファンの方々にも評判が良いみたい。

ナオキ様は相変わらず。
いつもナオキ様を肩車する方と初めてお話しした。

ハッさんは久しぶりの小田チップス&渋谷隊長。
友達からチップスくんの正体を聞いて衝撃を受ける(←今さら)。
ライブで聴いてみたかった『イロコイマグワイエトセトラ』が聞けて良かったが、自分がクラップのリズムを間違えて覚えていたことが判明(^^;
なんでハッさんとズレるんだ!?と思いながら叩いていて、後でCD聞き直したら、やっぱり私が間違っていたのだ。
もし、ライブでやったら、完璧に叩こうと意気込んでいたのに(笑)。
でも、クラップに気を取られていたら曲が全然入ってこないし、曲を聴いていたら全然クラップできない(^^;
それは、『燃えてフラジャイル』『Rachel』も同じ。曲もちゃんと聞きたいけど、クラップできないと悔しいのです。
最高に難しいのは『探す、エーテルの風』のクラップだけど、ちゃんと完コピしていつかのライブに臨みたい(笑)。



[PR]
by june_h | 2017-05-01 22:18 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

3月も定期的に足を運んでいます(^^)


■3月1日(水)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ&海保けんたろー企画
8,2(B'z)/ニククション(海保くんギターボーカルのサカナクション)/カツオペア2nd(タキザワユキヒト達のテクニカルフュージョン)/ヤマルーン5(クカタチ山田氏たちのマルーン5)/ラジオの時の桑田(近藤マオたちのサザンや桑田)

ハッさんはB'zのコピバン。
B'zに関しては、ハッさんがハマるより、遥か前に脱落したファン(笑)。
昔のことをいろいろ思い出しながら聴いてました。
ハッさんに自分がハマった理由がいまだによく分からないのですが(笑)、昔、松本さんのギターインストアルバムもよく聴いていたので、ハッさんのギターを好きになる要素が自分にあったんだなぁと、思い出しました(笑)。
ハッさんのサポートドラマーの海保くん、「海保社長」と呼ばれているけど、本当にFrekulの社長だということを初めて知りました(^^;


■3月14日(火)渋谷ギャレット
 ハシグチカナデリヤ/WATARU/音の旅crew/MINAMIS/180°words

ラッパーの方が多いからか、客席に男性が多くて、ちょっとコワかった(^^;


■3月24日(金)柏パルーザ
ハシグチカナデリヤ/NEVA GIVE UP/ピーターパンJr./GANJIN

男性アイドル&カラオケのグループばかりでビックリ!
ハッさん、まさかのアイドル枠(笑)。
ハッさんだけがナマ音。なかなか珍しい対バンでした(^^;


■3月30日(木)高円寺ハイ
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ/アイラブユーベイビーズ/HISTGRAM/石井卓とジョン中村

ダイナマイト☆ナオキ様を一人で見るのはツラいので、友達を引きずり込みました(笑)。
普通、下ネタに対しては怒りを感じるけど、ナオキ様の場合は「5歳児が歌っている」ような感覚で気にならない(^^;
もしかしたら彼には、ある種の「清潔感」があるのかもしれない(笑)。
そこいらの男性アイドルが歌ったら、気持ち悪くて聞いていられないだろう。
そして、彼はギターが上手い。歌詞も適当なようで、実は構成がしっかりしている。
天然なようで、実はテクニシャン!?

[PR]
by june_h | 2017-04-13 21:51 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)