タグ:パワースポット ( 46 ) タグの人気記事

聖地巡礼Beginning」に続く、内田先生&釈先生による聖地巡礼紀行です。
私、今までに二度、熊野に行こうとして、結局、行けてないんです。
一度目は、具合が悪くなって、二度目は、強風で南紀白浜空港に着陸できなかったという(笑)。
なので、この本を読んで、本当に羨ましいし、早く行きたいと思いました(^^;

聖地巡礼ライジング: 熊野紀行

内田 樹 / 東京書籍


縄文時代に日本列島に住んでいた人は、弥生時代に渡って来た大陸人によって、沖縄や北海道に追いやられたと言われていますが、熊野のあたりにも、追いやられたと言います。
内田先生は「熊野バリ島説」を唱えていらっしゃいます(笑)。
なのでかは分かりませんが、熊野のあたりは、近世まで水葬していたんだそうです。
舟で西方浄土へ向かう「補陀落信仰」ができたのも頷けます。
文化が違う感じ(^^;

平安時代末期、熊野詣が盛んでした。
和泉式部が熊野を訪れた際、月の障りに当たってしまい、お参りができないと嘆いていたら、夢に熊野の神様が出てきて「気にしなくてイイよ」と告げたとか。
熊野の神様はおおらかなのでしょうか(^^;

熊野詣といえば、後白河法皇。
生涯、数十回も熊野に行き、何日も籠る修業もしたんだとか。

後白河法皇は、和歌全盛期に今様にハマッたりして、私の中では「ロックな天皇」のイメージだったんですけど(笑)、熊野というスピリチュアルなパワースポットにハマッていたということで、「後白河法皇ヒッピー説」を、私は唱えたいと思います(笑)。

熊野は、パワースポットで有名ですが、内田先生は「ここはエネルギーがイイ」とか、言うことが、どんどんスピリチュアルになっていくので面白いです(笑)。
内田先生が良い場所だ!と盛んに言っていた、元々、本宮があったという大斎原にも行ってみたいですね♪

今度は、長崎のキリシタン文化を訪ねるらしい。
日本では、古くから神道と仏教が「習合」し、キリスト教とも、クリスマスや結婚式などを通して「習合」しつつあります。
今後は、イスラム教とも「習合」していくだろうと、内田先生。
どうなりますことやら・・・・・。
[PR]
by june_h | 2015-06-24 12:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

年末年始の休みに、ロンドン在住の友達が日本に里帰りしてきたので、一緒に初詣に行って来ました!
まずは、深川不動堂。

d0108969_23580396.jpg

5日の月曜だったんですけど、まだまだ大変な人手。


よく考えたら、この日は仕事始めでした(^^;
ご近所の会社が、社員総出でお参りに。
そりゃあ、混み混みですわな(^^;
無数の線香に燻されました(笑)。

続いて、富岡八幡宮。
こちらも大変な人出。
ただ「回転」が早かったので、そんなに待ちませんでした。
d0108969_23593200.jpg

お参り後、沖縄料理の居酒屋へ。
お年賀で、焼酎一杯サービス。
お湯割りをいただきました(^^)
話がいろいろ盛り上がり、気づけば、5時間も居座っていたのでした(^^;

[PR]
by june_h | 2015-01-10 12:20 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

時間があるので、ここまで来たら、奥院まで登ってやるぞ!と(笑)。
d0108969_2033069.jpg

嬉しいのは、すれ違う人が皆、あいさつしてくださること。
d0108969_2035664.jpg

こういうトコも、山登りっぽい(^^;
d0108969_204205.jpg

水も持ってなくて、お菓子も置いてきてしまって、ほぼ、飲まず食わずで登っていました。
脱水症状を起こさないように、なるべくゆっくり、登ります。
d0108969_2044684.jpg

奥院来た!
d0108969_2051028.jpg

本宮より、さらに高い所からの景色!
d0108969_20655.jpg

1368段、登りきったどー!
d0108969_2061827.jpg

今度は、元来た道を下ります。
体力的には、登りより楽ですが、脚に負担がかかるので、膝が笑ってきます(^^;
次の日、会う予定の大阪の叔母から電話がかかって来たので、思わず愚痴ってしまいました(笑)。
[PR]
by june_h | 2014-05-10 12:53 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

虚構の劇団の芝居『エゴ・サーチ』を観た後、東池袋の劇場のそばに不忍通りがあったので、散歩してみました(^^)

しばらくして、大きなお寺が見えたので、入ってみることに。

有名な護国寺でした!
d0108969_12461718.jpg

護国寺は、徳川幕府五代将軍綱吉の生母 桂昌院が建てた寺。
そういえば、この前行った増上寺にも、桂昌院のお墓がありました。
京都の今宮神社といい、最近、桂昌院様ゆかりの寺社に、なんとなーくご縁があります(^^;
d0108969_12502975.jpg

この日は、たまたま、ご本尊の如意輪観音様の御開帳があり、御尊顔を拝すことができました。ラッキー♪
如意輪観音は、私が一番好きな仏像です(^^)
真言宗のお寺なので、いろいろな仏像がありました。
d0108969_12504376.jpg

この後、千駄木まで歩きました。
コロッケ屋さんでコロッケを買って、食べながら歩いたりして、良い散歩になりました。
都内を歩くと、古い記念碑や神社仏閣に出会うので、楽しいですね♪
[PR]
by june_h | 2013-10-30 12:55 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

疲れ果てて、ようやく内宮にたどり着きました(^^;
d0108969_12274765.jpg

内宮の鳥居も、遷宮に合わせてピッカピカ♪
d0108969_12284373.jpg

五十鈴川。
d0108969_12291688.jpg

大学生の時は、もっとキレイだったんだけどな・・・・・。
d0108969_1230775.jpg

本殿ですが、こちらも遷宮前なので、古いお社にお参りします。
d0108969_12344362.jpg

お白石持行事の参加者は、隣の新しいお社に参拝できるらしい。いいなー。
d0108969_12351427.jpg

別宮「荒祭宮(あらまつりのみや)」。
アマテラスオオミカミの荒御魂が祀られています。
d0108969_12533331.jpg

この橋を渡って、内宮の敷地内にある別宮へ。
d0108969_12524767.jpg

別宮「風日祈宮(かざひのみのみや)」。風雨を司る神様です。
d0108969_12572977.jpg

遷宮が完了したら、もっと賑わうのでしょうね!
[PR]
by june_h | 2013-09-20 12:58 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

月讀宮から内宮方向に歩いていくと、内宮の手前に、猿田彦神社があります。
d0108969_12492516.jpg

ここは、伊勢神宮の別宮ではありませんが、参拝者の多い神社です。
d0108969_125030100.jpg

この神社の境内には、佐瑠女神社という神社が独立してあります。
この神社には、アマテラスオオミカミが天の岩戸に隠れた時、踊りを踊ったアメノウズメノミコトが祀られています。
なので、芸能の女神様ということで、女優さんの参拝者が多いそうですよ。
d0108969_12522260.jpg

パワースポットとして有名な方位石。
後で調べたところ、参拝の方法があるようですが、その時は知らなかったので、写真のみ。
d0108969_12532142.jpg

たから石。
宝船に蛇が乗っているような形なので、縁起が良いと言われています。
d0108969_12534135.jpg

本居宣長の歌碑。伊勢神宮と古事記といえば、この方は欠かせないでしょう。
d0108969_1257154.jpg

猿田彦神社を出て、いよいよ内宮へ向かって歩き出したところ。

「エイヤー、エイヤー、エイヤー、エイヤー」

白装束の一団が引く、山車の長い列に出くわしました。

一体、この行列は、何だろう?
何かの宗教団体!?
d0108969_12583393.jpg

この行列が通り過ぎるまで10分以上、炎天下の交差点で足止めを食らってしまいました(^^;

後で訪ねた伯父夫婦に聞いた話だと、伊勢神宮に奉納する白い石を運んでいる「お白石持(しらいしもち)行事」の行列だったんだとか。

遷宮の時だけのレアな行事なので、実はラッキーだったんですね!
[PR]
by june_h | 2013-09-16 13:05 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

倭姫宮から、次なる目的地の月讀宮までは、約1km。
しかも、1本道。超方向音痴の私でも迷いようがないので、歩くことにしました。

私は、1日に35km歩いた女。
1kmくらい余裕だぜ!と軽く考えていましたが、今までの旅の疲れと真夏の炎天下のため、かなりバテバテに(^^;

途中に、入りやすいレストランや喫茶店でもあれば、昼食ついでに休憩したいと考えていましたが、そんな店はなく(^^;;;

そうこうしているうちに、近鉄五十鈴川駅の線路を越え、広大な「森」らしきものが近づいてきました。

「月讀宮(つきよみのみや)」は、内宮の別宮。
同じ読み方の「月夜見宮(つきよみのみや)」は、外宮の別宮です。
d0108969_12364563.jpg

本殿が4つ並んでいるのが特徴。
それぞれ、月讀荒御魂宮、月讀宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮が祀られています。
別宮の参拝者は、少ないようですが、ちょうど、団体さんに出くわしたので、控えめに参拝しました(^^;
d0108969_12375750.jpg

さて、ここまで来たので、次の目的地に向かって歩きますよ!
[PR]
by june_h | 2013-09-15 12:41 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

外宮からバスに乗って徴古館前駅で降りると、伊勢神宮の別宮の一つ「倭姫宮(やまとひめのみや)」の入り口が。
d0108969_12173929.jpg

倭姫宮は、大正時代にできた、かなり新しい別宮です。
でも、敷地は、ちゃんとデカいです。
他の別宮の規模からも、決して引けを取りません。
d0108969_12183045.jpg

やっぱり登んなきゃいけないのね・・・・・。
d0108969_12185744.jpg

月夜見宮と同じく、人が全くいなかったので、ここでも祝詞唱え放題でした。
別宮の参拝者って、内宮・外宮に比べて少ないんですね・・・・・。
d0108969_12202868.jpg

この近くにある式年遷宮記念神宮美術館にも行ってみました。
近代・現代美術家の、伊勢神宮にちなんだ作品が展示されていました。
実は、お手洗いを借りたかったからなんですけどね(^^;
[PR]
by june_h | 2013-09-13 12:24 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

月夜見宮からいよいよ外宮へ。
d0108969_12402634.jpg

正式名称は「豊受大神宮」なんですね。
d0108969_12372290.jpg

遷宮に備えて、鳥居はピカピカです!
d0108969_12374213.jpg

外宮は、さすがに大変な人だかり。もうすぐ遷宮ですからねー。
d0108969_1238292.jpg

すでに、新しいお宮もできていました。
でも、遷宮前なので、まだお参りできません(T_T)
d0108969_12382325.jpg

月夜見宮は外宮の別宮ですが、外宮の中にもいくつか別宮があります。
多賀宮(たがのみや)。
d0108969_12413559.jpg

土宮(つちのみや)。
d0108969_12423290.jpg

風宮(かぜのみや)。
d0108969_12421519.jpg

パワースポットという石もいくつかあります。
まずは、川原祓所(三つ石)。
手をかざして「なんか感じる!」という人もいました。私はよくわからず(^^;
d0108969_1245281.jpg

そして、亀石。
たしかに亀さんに見えます。
d0108969_12453956.jpg

外宮から出ると、内宮行きの直行バスに乗る人が大半ですが、私は、別宮を目指すため、別の路線バスを待ちました。
待っている間、暑かった(^^;
[PR]
by june_h | 2013-09-11 12:49 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

犬山城から名古屋へ戻って、夜、ライブを見た後、ホテルで1泊。
次の日は、近鉄線の特急で伊勢へ。伊勢神宮に向かいます!

近鉄特急は、私にとって思い出深い電車。
大阪に住んでいた頃、祖母の家に行く時、上六(上本町六丁目)から桑名まで乗りました。
d0108969_21203362.jpg

伊勢神宮は、大学の時に行って以来。
今回は、内宮・外宮だけではなく、伊勢市内の別宮も回ろうと計画しました。

伊勢市駅に降りると、多くの人達は、外宮へ向かって歩きます。
私は、その人波とは違う方向に向かいます。

伊勢神宮の別宮「月夜見宮(つきよみのみや)」は、伊勢市駅から歩いて10分の場所にあります。
d0108969_2122324.jpg

一歩、足を踏み入れると、太古の世界のようです。
d0108969_2123620.jpg

ガイドブックに載っていた本殿は小さかったし、「別宮」だから小規模なのかしらと思ったら、とんでもない!
d0108969_21233597.jpg

広大な「森」で、どこが入り口だかわかりませんでした(^^;
d0108969_21252315.jpg

なんたって、千年以上前から聖域ですからね。
d0108969_21273635.jpg

月夜見宮は、ツクヨミノミコトと、ツクヨミノミコトの荒御魂(あらみたま)が祀られています。
古事記では、アマテラスオオミカミに比べて地味な印象の神様なんですけど。

誰もいなかったので、本殿の前で、堂々と祝詞を唱えてみました。
蝉時雨とシンクロして、気持ち良かったです♪

月夜見宮から外宮方面に向かう道は「神路通(かみじどおり)」と呼ばれています。
ツクヨミノミコトが、外宮のトヨウケヒメノミコトに会いに行く時通る道だそうで。
d0108969_21404324.jpg

歩いていると、お醤油のような甘い匂いが。
お味噌やお醤油を作っている「糀屋」さんでした!!
d0108969_21402671.jpg

[PR]
by june_h | 2013-09-09 21:42 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)