この二人の対バンは、何よりセッションが楽しみ♪
お互いの持ち時間減らしてセッション多めにして欲しいくらい(笑)。


アンコールセットリスト>
en1 Virtual insanity(ジャミロクワイのカバー曲)
en2 Human nature(マイケル・ジャクソンのカバー曲)

<ダブルアンコール>
en3 Englishman in New York(スティングのカバー曲)

<トリプルアンコール>
en4 Georgy Porgy(TOTOのカバー曲)


名渡山くんのウクレレは相変わらず「怒涛」。
ウクレレに対して形容する言葉じゃないですよね(^^;

今日、初めて名渡山くんの演奏に触れた友達が
「ウクレレじゃなくて違う楽器みたい!ウクレレの概念を超えてる!」
と、驚いていました(終演後に名渡山くんのCD買ってました(笑))。

名渡山くん曰く、
「森さんとだったら星の数ほどセッションできる!」

リハーサル中、自分たちのリハもそこそこに、ずっと二人でジャムっていたら、
「お楽しみのところ申し訳ありませんが、お時間が・・・・・」
と、スタッフさんが申し訳なさそうに止めたんだそうな(^^;

最初の曲は、ジャミロクワイの『Virtual insanity』。
この前のセッションで、森くんが突然ムチャ振りして、名渡山くんが上手くできなかったって悔しがっていたので、そのリベンジ。
今回は、いや、前回も良かったですよ!

次のマイケル・ジャクソンの曲では、二人ともムーンウォークしたりして(^^;

ダブルアンコールで、最後にお互いの名前をコールする時、名渡山くんが森くんのことを
「森広隆さんっ!」
ってコールしたので、礼儀正しい名渡山くんらしいなぁと、微笑ましかったです(笑)。

まだまだ拍手は鳴りやまず、トリプルアンコールに突入。
そして、今回も森くんがTOTOの曲をムチャ振り。
森くん、無邪気過ぎる(^^;

名渡山くんは前回の如く必死に食らいついていったけど、途中のフレーズが弾けず、悔しそうなジェスチャーを見せる場面も。
いやいやそもそも、あんなムチャ振りされても、弾けちゃう名渡山くんがスゴいですよ!

というわけで、この曲は「次回リベンジ」ということで(笑)。
こうやって、二人のセッションは、アラビアンナイトの如く続いていくんでしょうか。
名渡山くんには申し訳ないですが、ファンとしては嬉しい限りです(^^)

[PR]
by june_h | 2017-02-28 20:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

この日の森くん、「GROOVY」メガネで登場。
ワンマンライブの時に、よくかけているやつですが、対バンで、初めましてのお客さんには受け入れられたんでしょうか(^^;

<セットリスト>
1. Rainbow seeker
2. メガロポリタンズファンク
3. Lovely Days
4. Heaven
5. いいんです
6. 2D Star
7. コーラナッツウイルス
8. 愛のBeat

今回のセットリストは、いつもと違っていて、久しぶりに『Lovely Days』なんかもありました。
森くんも慣れていないので、この曲だけ譜面台付き(笑)。
まあ、間違えるよりイイですよね(^^;

先の出番だった名渡山くんが、ボン・ジョヴィの『livin' on a prayer』を演奏したことに触れ、森くんもよくボン・ジョヴィの歌い方を真似するらしい。
家で真似していると、ナスカちゃんが足に咬みついてくるんだそうな(笑)。
「似てない!って言いたいんですかね?」
と、森くん。
まさかのダメ出し!?

(セッション編につづく)

[PR]
by june_h | 2017-02-25 21:13 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

前回は間に合わなかったけど、今回はギリギリセーフ!
汗だくで着いたとたんに開場しました(^^;


<セットリスト>
森広隆groovecaster弾き語り
1 ただ時が経っただけで
2 愛のBeat
3 密室
4 愛に満ちあふれる島
5 ドラゴンクエスト序曲(withループマシン)
6 Cyclone
7 メガロポリタンズファンク
8 Rainbow seeker
9 Heaven

<アンコール>
森広隆G&Vo.
名渡山遼ukulele
1 Isn't she lovely(Stevie Wonderのカバー)
2 Smoky(Charのカバー)
3 I'm yours(Jason mrazのカバー)
4 Virtual Insanity(ジャミロクワイのカバー)



名渡山くんの圧倒的なパフォーマンスの後、客席は、すっかり熱気で包まれていました!

最初は、珍しく『ただ時が経っただけで』。久しぶりに聴いたな。

その次は『愛のBeat』だったのですが、お得意のロングトーンがいつもより異常なほど長い!
最初の名渡山くんのウクレレとお客さんの盛り上がりがスゴ過ぎて、森くんの本気スイッチ入ったらしい(^^;

私、『密室』で森くんがフェイク入れるの初めて聴きましたよ!
めちゃめちゃ頑張っているのが伝わってきました。

そして『愛に満ちあふれる島』。
良い選曲と思います(^^)
名渡山くんが弾いていたウクレレは、暖かい国の楽器だから、暖かい空気を連れてくるんですよね。
この日の空気にぴったり♪

次のループマシンを使った『ドラクエ序曲』は、すっかり最近の定番ですね。
今回は、余計なスイッチを押してしまったのか、声が多重になってしまって、元に戻せなくて困ってました。
「すいません。説明書読んでないからわからなくて・・・・・」
と、謝りつつ、音声を変えたインタビューのマネとかして、時間をつないでいました(笑)。
その後、なんとか無事に声が戻って、ちゃんと終了したから良かったね(^^;

森くんのループマシンのレパートリーがなかなか増えないの、分かるような気がします。
ループマシンを使うと、ペダルを踏むタイミングやらなんやらで遅れてしまい、リズムの悪いループになりがち。
何ミリ秒とか、ほとんど分からない遅れでも、体感を重視する森くんには耐えられないんじゃないだろうか。
満足なループを生み出すためには、マシンを使いこなす訓練が要りそうですが、歌とギターだけで十分グルーヴさせられるなら、ループマシンの訓練より、ギターを練習すればイイ。だったら、マシン使わなくてもイイじゃん、ってことにもなったりして(^^;

ラストの『Heaven』まで終わって、ものすごい拍手の嵐。
森くんがステージを降りた後も、客席は騒然。

「ギタースゴいっ!」
「ロングトーンやばかった!!」
いつも観に来ている森くんファンも、初めて森くんを観た名渡山くんファンも、一様にざわめいておりました。

アンコールは、名渡山くんとのセッション。
名渡山くんは、開演前に森くんから6連符のカッティングテクニックを伝授してもらい、その後、自分のステージで即プレイ。
短時間で自分のモノにしていた名渡山くんに、森くんは驚いていました。

名渡山くんの超絶技巧を駆使した演奏は、ウクレレの概念を超えています。

「ウクレレって言うと、高木ブーがのんびり弾いているようなイメージだけど・・・・・」
と森くんがのたまうように(←私も同年代だから分かるけど)、全く別モノです(^^;

アンコールは当初2曲だったんですが、お客さん達が、これで終わることを全く許さず(笑)。
拍手が鳴りやまず、二人はお客さん達のエネルギーに押されて、強引にステージに引っ張り出されたのです。

二人とも曲を全然用意していなくて、ガチで困っていました(^^;
でも、森くんが曲とコードを指示すると、即興で合わせてアレンジしてくる名渡山くん。
対応力含め、お客さんは、すっかりメロメロ(≧∇≦)

またぜひ二人で、ギターvsウクレレのカッティングセッションやってほしいです!!

私がこの日印象的だったのは、名渡山くんのファン層の広さ。
小学生から60代くらいまで、男性も女性も、いろんな方が小さなライブカフェに集まっていました。
長く活躍する演奏家だと確信しました(^^)

終演後、森くんの物販には長い列ができていました。
CDが足りなくなって、慌てて在庫を取りに行っていたりして。
良かったね(^^)

・・・・・ふと思ったんですが、この日の森くん、ライブ告知を忘れていたんでは(笑)!?
[PR]
by june_h | 2016-09-19 09:30 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)