タグ:大泉洋 ( 22 ) タグの人気記事

「水曜どうでしょう EXPO 2014 渋谷PARCO小祭」に続いて、妹夫婦と行って来ました!
d0108969_14404796.jpg

チケットを取ってくれた妹の旦那さんには、いつも感謝です(^^)
d0108969_14350883.jpg

藤やんのラテアート。
ただのオッサンの顔なのに、もったいなくて、なかなかストローが刺せなかったわ(^^;
d0108969_14343524.jpg

これは、『北極圏突入 ~アラスカ半島620マイル~』で大泉さんが作ったパスタをイメージしたメニュー。
知らない人が見たら、こんなマズそうなパスタを、高いお金を払って有り難がって食べているなんて、宗教だよね(^^;
d0108969_14354632.jpg

ふと思いました。
『水曜どうでしょう』と宗教の違いって何!?
d0108969_14381532.jpg

店内ディスプレイの「バレンチノ」の革ジャン。
d0108969_14371083.jpg

これは、単にクレープに「オーロラ」と書いてあるだけですが、食べたかったので(笑)。
d0108969_14362653.jpg
安田さんがリバースした牛乳!?
d0108969_14394105.jpg


[PR]
by june_h | 2014-11-19 12:32 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

いよいよ、祭の最終日の夜。
祭もクライマックスとなりました。

「ありがとう」

普段、めったにこんなことを言わない藤やんが、客席に向かって深々と頭を下げました。
本当に驚きました。

大泉さんが
「藤村君にここまでさせたのは、君たちの力だ」
と続けて言いました。

藤やんは、「面白いもの」を作ろうとして、一生懸命『水曜どうでしょう』を作り続けてきたのでしょうけど、視聴者達は、藤やんが期待するより、はるかに大きなものを、この番組から受け取っていたのですね。

ただ、笑うだけでなく。
ツラい時に励まされたり。絶望のどん底から生きる勇気をもらったり。


樋口了一さんは、こんなエピソードを話してくれました。
震災で被災した人達が、体育館の避難所に集まった時。

「ここをキャンプ地とする!」

誰かがこう言うと、黙りこんでいた人達の間に笑いが起こった。
その日の夜、iPodに入っている『1/6の夢旅人2002』を皆で回し聴きして過ごしたらしい。

心が折れそうな時。
フッと浮かんでくる歌のフレーズ。
『水曜どうでしょう』の名セリフ。

仕事で疲れた時。
心が傷ついた時。
「どうでしょう班」の4人は、私をそっと傍に置いて、一緒に旅に連れていってくれる。

この場所に集った人達は、縁あって、それぞれ「どうでしょう班」の5人目のメンバーとして、深夜バスに乗ってしまった同士達。

前回の どうでしょう祭から8年。
この間、どうでしょう班の4人は、肉親が亡くなったり、老いを実感したり、震災があったり、いろいろなことを経験して、いろいろ考えることがあったのでしょう。

嬉野さんが
「どうでしょう祭で昔のVTRを見て、同窓会をしているような気分になる」
ように、私達も『水曜どうでしょう』を見て、「ウイリーしたね」とか「牛乳吐いたね」とか、昔の思い出を語り合うように、何度も同じエピソードで笑っているのです。

そして、『水曜どうでしょう』の作り手達も、この番組に支えられていることが伝わってきました。

どうでしょう祭のステージで喋っている4人を見ていると、良い年齢の重ね方をしているなと、つくづく思います。
きっと、帰るべき場所、守り守られる家族がいるからですね。

気付けば1万8千人は総立ち。
『水曜どうでしょう』といえば、この歌『1/6の夢旅人2002』を皆で熱唱します。
世界じゅうを僕らの 涙で埋め尽くして
やりきれない こんな思いが 今日の雨を降らせても
新しいこの朝が いつものように始まる
そんな風に そんな風に 僕は生きたいんだ
生きていきたいんだ

最後に、大泉さんと客席の皆で叫んだのは、当然、この名セリフ。

一生どうでしょうします!


私も、これからもずっと、どうでしょうします(^^)
[PR]
by june_h | 2013-10-14 12:16 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

日曜日の午前中、「どうでしょう祭」開場まで時間があったので、少し早起きして電車に乗りました。
行き先は、どうでしょうマニアの間で「聖地」と呼ばれる場所。

南平岸駅を降りると、駅前のローソンも水曜どうでしょう一色。
d0108969_1262554.jpg

店内もスゴい!
d0108969_127255.jpg

しっかりがっちりコラボ商品も!!
d0108969_1274616.jpg

大勢のどうでしょうマニアが、次々写真をバシバシ撮っていました(^^;
d0108969_1281136.jpg

そしてそしてそして。
駅から2分ほどで、あの場所に!

そう!

聖地!平岸高台公園!!

なんの変哲もない小さな公園ですが、 「水曜どうでしょう」の前枠・後枠の多くが撮影されている場所です。
私達と同じヴァカどもがこんなにいますよぉ。
d0108969_1291683.jpg

私と妹は「ムンクさん」のポーズをしたり。
妹の旦那は、「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇[編」のハイジの如く駆け降りたりして、おおはしゃぎ(^^;

中には、「トリオ・ザ・タイツ」の前枠を完コピして、動画撮影している一団も(笑)。

左端に見えるマンションは改装中。
妹の旦那は、このマンションの売値を調べて、ローンが組めるかシミュレーションしたほど(←何のために!?)
d0108969_1213272.jpg

高台公園の隣に、HTBがあります。
d0108969_1215133.jpg

東京のキー局に比べると、こじんまりしていますが、ここで藤村さんと嬉野さんが働いているかと思うと感慨深いです!
d0108969_1216385.jpg

その隣には、駐車場。
ここで「シェフ大泉 車内でクリスマス・パーティー」が撮影され、安田さんonちゃんや局員さん達がヒドい目に遭ったんですよね(笑)・・・・・と書いたら、このエントリーをご覧になった親切な方が、この駐車場ではないとのご指摘。残念!
もう一回行かねばっ!
d0108969_12174994.jpg

ずっとずっと来たかった場所に来られて嬉しいです(T_T)
d0108969_121882.jpg

[PR]
by june_h | 2013-10-09 12:22 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(4)

ありそうでなかった、大泉さんと鈴井さんの料理対決!?
d0108969_2059059.jpg

鈴井さんは、自家製のトマトを持参。
鈴井さんは、どうでしょう祭の前日、ハチに後頭部を刺されたんですよね。
この料理対決のために、自分の畑からトマトをとっていたからだったとか。

大泉さんは、「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」で何度も腐らせた?パイ生地持参で登場。
そして、大泉さんのパイ生地を作ってくれたイタリアンのシェフも登場しました。

ここで、14年目の衝撃の真実が。
大泉さんに作ったのは「パイ生地」ではなく「ピザ生地」だったことが判明!

もし、ピザ生地だとわかっていたら
「おい、パイ食わねぇか?」
の名セリフは生まれなかったわけで(^^;

大泉さんは、いきなりリンゴまるごと1個をパイ生地で包みこんでオープンに投入。

そして、パスタを大量に茹で、パスタソースをフランべ。
審査した嬉野さんに
「味が無い」
と言われていました(笑)。

「シェフ大泉夏野菜スペシャル」と「北極圏突入 〜アラスカ半島620マイル〜 」を彷彿とさせる対決となりました(^^;

ちなみに、「簡易onちゃん」をかぶって「観戦」していた妹のバックショット。
d0108969_212579.jpg

[PR]
by june_h | 2013-10-06 21:06 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

タイミング的に絶対あると予測していたのですよ。
新作の上映が。

案の定ありましたね!
しかも、1日1話ずつ。
合計3話も、テレビ放送に先駆けて見られたわけです♪

今回のどうでしょう祭は、ネットでも中継されていましたが、新作関連のイベントは、その場にいないと見られないので、かなり得した気分です(^^)
新作を見ながら、1万5千人のオーディエンスが同じ場面で笑い、盛り上がる一体感に、鳥肌が立ちました。

さらに、前枠・後枠の撮影までありました!

私達は、カメラに収まる場所にはいなかったのですが、歴史的な瞬間に立ち合えたという喜びでいっぱいです!

大泉さんと鈴井さんは、その場で台本を見て、覚えて、すぐにリハーサル&本番に臨みます。さすがプロ!

撮影された前枠・後枠が、実際のテレビ放送でどうなっているのか、早く観たいですね(^^)
[PR]
by june_h | 2013-10-01 12:09 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

第二次世界対戦下のイギリス。
ナチスドイツによる空爆と空襲警報が止まぬ中、『リア王』の芝居の開演を直前に控える座長と彼の付き人。
「舞台に立たない!」とワガママを言う気難しい座長を、付き人は、おだてて、なだめすかして、脅して、なんとか舞台に立たせようとするが・・・・・。

俳優と付き人の「主従関係」って、独特ですよね。
夫婦よりも濃密っていうか。
とにかく、この芝居は、付き人役の大泉洋が肝心要。
座長の橋爪功とのコントのようなやりとりでは、二枚目と三枚目を行ったり来たり。
物真似やら、ジェスチャーやら、あらゆる表現を繰り出してくる。
まさに「大泉劇場」です。

ただ、最初、あんまり集中できなかったです。
私がいろいろ考え事をしていたせいでしょうか。
ちょっと気がかりなことがあって、寝不足だったこともあり、眠気に勝てず(^^;

でも、ラストの方で、事態は急展開。
ラストシーンを見ながら、
「愛の形って、いろいろなんだな」
って、考えてしまいました。

最愛の人を失った時。
口から出て来るのは、感謝や愛やキレイな言葉ばかりじゃない。
罵倒して、貶して。憎しみにも似た言葉かもしれない。
感情をストレートにぶつけるのは、それだけ甘えていたってことかもしれない。

失ってみて初めて、わかることもある。

安っぽい言葉より、ずっとずっとリアルだな・・・・・と。

今の自分が置かれている状況とか、過去の問題とか、自分の中にあるいろいろなものとリンクして、感慨深い作品でした・・・・・途中で寝ちゃったけど(^^;
[PR]
by june_h | 2013-07-19 12:43 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

いろいろ縁あって、3回も見てしまった「ベッジ・パードン」。

1回目は、舞台に近い席だったので、屋根裏?のベッジの部屋がよく見えませんでしたが、2、3回目はバッチリ!
しかも、ちゃんと、部屋の暖炉の煙が、屋根の煙突から出ていたのですね!そんでもって、キンノスケがひきこもって暖炉を使っていないときは、煙が出ていない・・・・・細かい。

パンフレットの売上がすべて震災募金になるということで、ガラにもなく、パンフを買いました。
そんなわけで、今回は、ちょっと深く語ります。


■キンノスケ:野村萬斎
遠くから見て、つくづく思ってしまいました。
・・・・・萬斎さんって、日本人体型だなぁ(^^;

今回の舞台は、もっとシリアスなものになるハズだったのですが、震災との兼ね合いで、ラブストーリーも含めた少々ライトなものに落ち着いたんだそうです。
シリアスな舞台、それはそれで、見てみたいですね!
なんたって、ドロドロにシリアスな芝居ばかりやってきた萬斎さんだもの。絶対それでも良かったと思うの。
・・・・・でも、私には、今回の芝居は、十分シリアスでしたけど(^^;;;


■ベッジ(アニー・ペリン):深津絵里
私が注目したのは、ソータローがキンノスケの手紙を隠していたことがバレるシーン。

1回目は、ソータローがキンノスケに自分のコンプレックスをぶつける、二人のやりとりしか見ていませんでした。

2回目は、二人がやりあっている最中に、キンノスケの妻からの手紙をベッジが集めて、キンノスケのテーブルにそっと置くのが見えました。
私は、ちょっとムカつきました。
いくらなんでも、イイオンナ過ぎるだろ!男に都合が良すぎるだろ!奥さんからの手紙を破り捨てることもできたのに、って。

でも、3回目に見たときは、ベッジが手紙を集めた後、暖炉に近づいてうろたえているのが見えました。
・・・・・もしかして、奥さんからの手紙を燃やそうとしたのかな?
頭がタリナイとバカにされても「気にしない」と、いつも答えるベッジだけど、ちゃんと傷ついているし、嫉妬もしているの。
ベッジも普通の女性だったんだって、ちょっと安心しました。

・・・・・まぁでも、キンノスケには、彼女の気持ちは、一生分からないと思うけど(^^;


■ソータロー:大泉洋
大泉さんは、三谷さんにとって、「ジャック・レモン→西田敏行→西村雅彦」ラインなんだそうです!
それってスゴいじゃん!陰陽どっちもできて、三谷さんの芝居にとって、なくてはならないキャラってコトじゃない!?
でも、この芝居では、浅野さんに、オイシイ所をかなり持っていかれていると気づいたのでしょうか。
見るたびに、浅野さんに負けないとばかりに、大泉さんの細かいリアクションが増えていっていたような気がします(^^;;;


■グリムズビー:浦井健治
「エリザベート」のルドルフ皇太子役だったのですね!
どうりで、お歌がお上手なハズです。

グリムズビーとキンノスケとの会話
「おめぇは、アイツ(ソータロー)が好きか?」
「ソータローさんは、良い人です」
「良いヤツって、なんだ?」
「世話を焼いてくれるからです」
「世話を焼くのが、良い人か?」
というやりとりは、キンノスケとベッジの関係を暗示していたのですね。

今回の芝居では、「H」音が脱落するコックニー訛りが、重要なキーポイントですが、「H」が脱落するのは、フランス語や韓国語もなんですよね。
韓国人の友達が「ニオンジン(日本人)」と言っていたことを思い出しました。


■その他11役:浅野和之
パンフレットで経歴を見ていたところ、「夢の遊民社」にいらしたこともあるし、『恐れを知らぬ川上音二郎一座』で、麻薬中毒で死ぬ女形を演じた方だったんですね!自分の記憶を巻き戻したところ、確かに声が同じでした(笑)。
ネットで調べてみると、ドラマ『Jin』にも出演なさっていたし、名バイプレイヤーなんですねー。
今回は、そりゃもう大活躍でして。


■脚本&演出:三谷幸喜
三谷さんは、パンフレットで語っていました。
「星の王子さま」の有名な一節「大切なものは目に見えない」という言葉が嫌いで。今回台詞にも書いたけれど、大切なら、見えないまでも言葉にはすべきだと思うんです。言わなければ人には分からない、言葉にしなければ本当の気持ちは伝わらない。僕が49年間生きて来て学んだ、そんなこともこの作品には反映されています。

セリフでは、旦那に逃げられた大家さんが、
「不満があるなら口にすればいいのに」
と言っておきながら、ベッジを褒めたことがないとキンノスケに指摘され
「大事なことは、口に出さなくとも伝わります!」
と逆ギレ。
でも、キンノスケが更に
「大事だからこそ、口に出して伝えなければならないのではないですか?」
というところですね。

三谷さんの言葉と、この芝居を見ていて気づいたことがありました。

私は思えば「大切なことは、黙っていても伝わる」って「思想」に、結構、今まで傷ついてきたのですよね。
裏返せば「黙ってても伝わらないということは、本当の関係ではない」って、相手も私も思っていたこと。

だから、私は、一生懸命になって、相手の顔色を伺って理解しようと頑張ったけど、うまくできなくて、相手も私を責めるし、私も私を責めた。
それで、疲れて終わりにしてしまう。そんなことの繰り返しでした。

でも、お互いに、口と耳と言葉があるのだから、言えば良かったんだよね。
「あなたの考えていることが分からないから教えて」って。だって、超能力者じゃないんだもん。

でもね、裏返せば私も相手に「説明しなくても、私のことを分かって欲しい」と望んでいたのですよね。甘えてたなあ。

・・・・・この年になるまで、こんな簡単なことが解らなかったなんて(^^;
そもそも、人の顔色を読むなんて、「空気読まない」私には無理だったんだよ(笑)。

今度、誰かと付き合うなら、上手にケンカして上手に仲直りできる人がイイな・・・・・なんて、芝いの感想から、エラいところに話が逸れてしまったなぁ。
[PR]
by june_h | 2011-06-29 12:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

前作のエッセイ「ダメ人間」では、芸能事務所OFFICE CUEを設立するまでを描いていましたが、本作品「ダメダメ人間」では、その後から現在までを書いています。

大泉洋を事務所に迎え、バラエティ番組『水曜どうでしょう』が全国的に大ブレイク。鈴井さんも「ミスター(どうでしょう)」と呼ばれる人気者に。
でも、鈴井さん自身は、常に自己嫌悪と共にあり、焦っていました。
クリエイターとして、自分には何かできないのだろうかと。

私が鈴井さんを知った数年前、鈴井さんの発言は「中央には無いものを」とか「中央に負けない」とか、やたら「中央(東京)」を意識していて、「あんまり中央中央って連呼していると、なんだかいかにも田舎者っぽいから言わない方が良いのに」って思っていました(^^;

でも、当時は、北海道を拠点に芸能活動する人なんて、誰もいなかったし、上を目指す人は、みんな上京するのが常識。あくまで「北海道が中心」を目指していた鈴井さんは、いっぱい批判とか軽蔑とかされて、大変だったと、この本でよくわかったのです。それらをはねのけて成功するまで、本当に孤独な戦いだったわけで。そんな中、鈴井さんを支えていた奥様は、いつも的確にサポートしているのですよね!

映画製作の勉強のため、韓国映画界に「留学」したものの、待っていたのは言葉の壁ではなく・・・・・。
最初は、友好的だった現地スタッフが、「竹島問題」が勃発して、鈴井さんを一斉に無視。レストランに入っても、日本人だからと追い出される始末。
映画のロケ地で訪れたロシアでも、明らかに未成年の売春婦に誘われてショックを受けたり。いろんな意味でカルチャーショックだったようです。

先日は、劇団「OOPARTS」の復活公演も果たし、社長業とタレントの、2足のわらじをはき続けています。
次は絶対、奥様作の、鈴井さんの暴露本を希望します(^^)
[PR]
by june_h | 2011-02-19 10:02 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

大泉洋が所属する北海道の芸能事務所「OFFICE CUE」の社長であり、『水曜どうでしょう』でお馴染みの「ミスターどうでしょう」こと鈴井貴之さんのエッセイ。
『水曜どうでしょう』の『サイコロの旅』で、鈴井さんがサイコロを振ると、いつも出しちゃいけない目を出してしまうことから、皆に「ダメ人間」と罵倒されちゃうんですよね(笑)。
ダメ人間 溜め息ばかりの青春記ダメ人間 溜め息ばかりの青春記
彼の文章とか映画とかって、カッコつけてたり、背伸びしてたりする感じで、見ていて気恥ずかしくなっちゃうようなのが多かったんですが(爆)、この本は、今までので一番良かったです。自分のカッコ悪さをさらけ出した姿勢が(^^;
ちょっと「恥の多い人生を送ってきました」の太宰治ばりに自意識過剰ぎみなんだけど(笑)。でも、これが、彼の芸風ですね。
「自己嫌悪の意識を持たないと、人は成長しない」っていうのもわかるし。

この本で書かれているのは、鈴井さんが高校を卒業してから、芸能事務所を設立するまでの、暗中模索の日々。
この後、大泉洋や『水曜どうでしょう』という番組に出会って、上昇気流に乗るのです。

境遇が大泉さんとよく似ているなぁと思いました。
両親が教師であること。大学受験でうまくいかなくて2浪したこと。東京の大学に落ちて、地元北海道の大学に泣く泣く入学したこと。大学で演劇と出会い、のめり込んだこと・・・・・。

思い出と共に、その時流行っていたヒット曲や重大ニュースが書かれているので、私も読みながら、
「このとき私は、学生だったなぁ」とか、一緒に思い出していました。

生活がイケてなくても、誰かしらいつも彼女がいた鈴井さん(笑)。
「どの女性が、今の奥様・・・・・?」
などと思いながら読み進めた私(^^;;;

結局「自分の生涯の中で、ただ一人、イエスマンではなかった女性」が、今の副社長である奥様なんですが、この本で、彼女の偉大さがよくわかります。
奥様がいなければ、事務所なんか設立しなかっただろうし、今の鈴井さんもいなかったでしょう。

お金がなかったとき、当時彼女だった奥様に支えてもらっていて、他の女性にも、お金をもらっていた鈴井さん(^^;
奥様には、ハワイ旅行の旅費まで出してもらっていたんですね!
『水曜どうでしょう』の『四国八十八ヵ所II 』の前枠で、大泉さんに
「オレが四国行ってる時 何してた?」
と聞かれ、
「ハワイで家族サービス!」
と鈴井さんが答えたのですが、実は、それがすごく重たい言葉だったんだってことがよくわかりました(^^;;;

今度は是非、奥様にダンナの暴露本を出してもらわないとね。うふふ。
[PR]
by june_h | 2009-11-09 20:35 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

TEAM NACSの5人がそれぞれ監督・演出をしたオムニバス映画。

うーん・・・・・どれがいいとか悪いとかじゃなくて、5人の持ち味を楽しむ感じですね。それ以上のものではないです(爆)。
メイキング映像とか、DVDで出すつもりかしら。
久々にナックスワールドにひたれて良かったっす。


■「AFTER」:森崎博之
オフィスキューのタレント総出演!・・・・・鈴井さんまで出てるし(^^;
モリの願望をそのまま映画にしたって感じ?


■「ヤスダッタ3D」:安田顕
ヤスダッタがキモいです(^^;
ヤスダッタの体の動きは絶対、安田さんしかできないと思うけど・・・・・そしてやっぱり安田さん、裸なんですね(笑)。
出演者が全員「安田」姓というコダワリは、安田さんらしい。
この作品、どうやって見ていいのか、途中でよくわからなくなって・・・・・最初は怪奇物?とか思っていたら、いきなり「ドラバラ鈴井の巣」の「なんてったってアイドル!」の轟二郎さんが出てきて、ギャグだったの?とか思ったけど、あれ?もしかして泣かせようとしてる?・・・・・ん?でも、やっぱり最後は・・・・・?????

「ドラバラ鈴井の巣」の「マッスルボディは傷つかない」を彷彿とさせるような「怪作」っぷりでございました。


■「部屋クリーン」:戸次重幸
HPでこの映画の画像を見たとき「んもう、シゲさんったら、自分の好きなことヤり過ぎ!」とか思ったんですが、意外に音尾くんの演技が良かったです。
ヘンな体の動きとか、悩んだときの表情とか。しかし、あの「扮装」だと、音尾くん、さらに年齢不詳ですね(笑)。
アニメーションにハメこむ感じだったから、全部ブルーバックで撮ったのかしら。この作品は、メイキングが見てみたいです。


■「頑張れ!鹿子ブルブルズ」:大泉洋
見ていて「ドラバラ鈴井の巣」の「さよなら朝日荘」を思い出しました。
だって、安田さんのヅラとメガネは、「さよなら朝日荘」の安田先輩が使ったやつだし。ゴルフ教室の生徒役だったおばさんは、朝日荘の大家さんだし。
ナックス全員が本人役で登場。それぞれのキャラに合った、期待どおりのキャラでした。


■「神居のじいちゃん」:音尾琢真
夏八木勲さんと、子役の女の子の演技に感謝すべきですね~音尾くん!特に子役の女の子、「色気」が出てました。びっくり!
あの演技を音尾くんが引き出していたんだとしたら、音尾くん、監督としての才能アリ!?
唯一、今回「映画」っぽい作品だったかな。
北海道の美しい景色を、ゆっくりと楽しめました。あんな歩道があったら歩いてみたいですね♪


<関連リンク>
N43°(TEAM NACS)
[PR]
by june_h | 2009-03-15 16:53 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)