タグ:市川染五郎 ( 15 ) タグの人気記事

市川染五郎による歌舞伎ラスベガス公演の模様を撮影した番組。
この放送の前に、メイキングに密着したドキュメンタリー番組もありました。

公演場所は、ラスベガスの有名ホテルの前の巨大な噴水池。
そして、最新のプロジェクションマッピングを使った、水と光のエンターテイメントです。

公演に至るまで、様々な苦労がありました。
当日も、機材トラブルで最初の15分間、プロジェクションマッピングが全く機能しなかったり。
黒子を使わない衣装早変わりも、染五郎と中村米吉のタイミングが合わず、うまくいかなかったり。

それでも、次の日に修正して、お客さんから拍手喝采を浴びていました。

無料の野外公演なので、全体的には細かいお芝居よりも、演出を楽しむような感じでしょうか。
だからといって、染五郎さんは手抜きしません。
水の上を歩いているように見せたいからと、照明を消して、スポットライトのみで、水の中にある渡り板を見せないようにしていました。

この放送を見て、私は何より歌舞伎の懐の深さと幅広さを感じました。

もちろん、日本人が大切にしてきた四季折々の風景や、迫力のある巨大な鯉の泳ぎを噴水のスクリーンに投影する演出も素晴らしかったです。
歌舞伎には、人の気持ちの動きを細やかに描いたストーリー性のある芝居はもちろん、初めての人や日本語がわからない人でも楽しめる舞踊劇もあります。
日本のホール以外の公演でも、場所や観に来る人に応じて、様々にアレンジして、お客さんを楽しませることができるのです。

歌舞伎がこれだけ多様になったのも、先人の歌舞伎役者達と、それを支えてきた人達が、その都度努力して、後世の人達に残して来たからなのですね。
洗濯物をたたみながら、この放送を見て、こんなことを思いました。
[PR]
by june_h | 2015-11-22 16:35 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)

観劇自粛中ですが、秀山祭だけは行かねばと、なんとか幕見で見ることにしました。
新しい歌舞伎座になってから、幕見席は初めてです。
以前は急な階段で4階まで上がりましたが、エレベーターになってました♪

■紀有常:中村吉右衛門
■絹売豆四郎・在原業平:市川染五郎
■娘信夫・井筒姫:尾上菊之助
■母 小由:中村東蔵


平安時代が舞台なのに、茶店があったり、裃姿の武士が出て来たり、あり得なくね?・・・・だなんて、歌舞伎なのでそんなことには突っ込みません(^^;

今回は、何かの団体の貸切公演でした。
そのためなのか、吉右衛門さん含め、名題の役者さんが花道から登場しても、全然、客席が湧かないのです。
拍手するのも憚られるほどの静けさでした(^^;

この演目、実に50年ぶりの上演だそうで。
その理由が、なんとなぁくわかるかも(^^;

主君のために実の子を犠牲にするという、歌舞伎では『熊谷陣屋』など、よくある筋です。
こうした演目は、播磨屋のお家芸。
ただ、クライマックスがトゥーマッチかも(笑)。

衝立を挟んで繰り広げられる、親子の別れと惨劇。
なんで、別れを惜しんでいる時に、わざわざ殺さなあかんねん(^^;
盛り上げるたいのはわかるけど、ここまでやると、アザとさが出て、引いてしまいます(笑)。

でも、吉右衛門さんは良かった!
金色の裃姿の堂々とした風格。
最後の見得も美しかった!
[PR]
by june_h | 2015-09-27 16:08 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)

ラストは黙阿弥でございます。

・御所五郎蔵:市川染五郎
・星影土右衛門:尾上松緑
・傾城逢州:市川高麗蔵
・傾城皐月:片岡秀太郎


ゴロゾウとドエモン。
どっちも悪そうな名前だ(笑)。
実際、どっちも悪い男だぞ。

五郎蔵は、妻の皐月を遊女にしちゃうし。
土右衛門は、借金を盾にして、皐月に五郎蔵と別れるように迫るし。

こんな行動に五郎蔵を追い詰めた主君も悪い。
しかも理由が廓通いだなんて!

男の勝手で、女性が振り回されたり殺されたりで、ムカムカしながら観ていました(^^;

黙阿弥って、ドSだよねー。
登場人物を苦しめまくって、話を面白くするっていう(^^;
そんでもって、大体バッドエンドだよねー。
性格ひん曲がってたんじゃないかしら。

輪廻転生や因果応報を多用するのも、やり過ぎ感があるし・・・・・。

今回は、観ながら黙阿弥に文句タラタラでございました(笑)。

あと、大詰で、土右衛門が実は「妖術使い」で、妖術を使って姿を消すって設定、要る?
別に、妖術使いじゃなくても、茂みに隠れるとかじゃダメなの??

この芝居の詳しい所が、もっと知りたくなりました。
イヤホンガイドが、小山観翁さんだったら・・・・・そういえば、観翁さんのお名前が、イヤホンガイドのラインナップにありませんでしたね。
どうされたのでしょうか。
[PR]
by june_h | 2014-09-21 12:22 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの歌舞伎観劇でリフレッシュ♪

・武智光秀:中村吉右衛門
・武智十次郎:市川染五郎
・初菊:中村米吉
・真柴久吉:中村歌六
・皐月:中村東蔵
・操:中村魁春


不思議な芝居ですね。
地味ぃな背景なのに、登場人物の衣装が派手だったり。
真柴さんが乱入したりして、何もかもが光秀さんちで展開していくという・・・・・。

人形浄瑠璃がベースだからでしょうか?

十次郎と初菊の衣装が、とにかく派手に思えてしまって。
初菊ちゃん、非力だから、兜をズリズリ引きずったりして。
十次郎が出陣を覚悟するシリアスなシーンなのに、なんだかコントみたいに見えてしまいました(^^;

やっと、吉右衛門さんが登場してきたというのに、ウトウトしてしまい(^^;;;
気づいた時には、十次郎が、血の付いた刀を突いてヨロヨロしていたという・・・・・。

全然、ダメダメな観劇でした(笑)。
私が悪いです。
ごめんなさい。

とにかく、衣装が気になってしょうがなかった芝居でした。

光秀の黒。
十次郎の黄。
初菊の赤。
皐月の白。
操の青。

こういう衣装構成、デジャヴだな・・・・・と、思い出したら、『仮名手本忠臣蔵九段目 山科閑居の場』!
その時も、主役?の加古川本蔵が黄色い衣装で、この芝居の十次郎みたいに、瀕死の重症だったわ。
同じ「閑居」だし(笑)。

成立は、忠臣蔵の方が早いようですね。
真似したのでしょうか!?
[PR]
by june_h | 2014-09-17 12:13 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

わかりやすくて面白かったです(^^)

■石川五右衛門:市川染五郎
■呉羽中納言:大谷桂三
■此下久吉:尾上松緑


冒頭の天皇勅使の呉羽中納言が、五右衛門の手下達に勅書を奪われた上に、身ぐるみ剥がされるシーン。
それだけでも恥ずかしいのに、長いフンドシをズルズル引きずって花道をトボトボと・・・・・面白いけどカワイソウ(^^;
お公家さんのフンドシって、本当にあんなに長いの!?

私は、3階下手の席。
五右衛門の宙乗りは、花道に沿って、3階に消えていく演出だったので、五右衛門役の染五郎さんが、空中で六方を踏みながら、どんどん近づいて来る!私も、私の周囲のお客さんも大興奮!拍手でお迎えしました(^^)
3階下手の染五郎さんのファンは、かなりお得ですね!

私の席のすぐ側に、黒い幕で仕切られたスペースがあって、舞台が見にくいなあ・・・・・とずっと思っていたのですけど、宙乗りが終わった染五郎さんが葛籠を脱ぐ場所だったのですね(^^;

五右衛門というと、劇団☆新感線を思い出してしまう私でした(笑)。
[PR]
by june_h | 2011-09-19 18:04 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎座で観たかったんですが、どうせチケット争奪戦が激しいだろうと思って、ハナっから諦めていました(笑)。テレビでやんないかなって思っていたら、シネマ歌舞伎になったんですね。

・半助:市川染五郎
・お葉:中村七之助
・新吉:中村勘三郎


私、欲求不満でしょうか。染五郎の半助に、キュンキュンしっ放しでした(←死語?)。同じ染五郎が演じた、『阿修羅城の瞳』の病葉出門のキャラクターを思い出してしまいました。色気があったんです。そして、なぜだか涙が止まらず(^^;

愛するお葉の夫を殺し、ゾンビになってでも彼女を守ろうとした。口は出任せばかりかもしれないけど、気持ちはピュアだった、ということで。見ていて苦しくてならなかったのです。

最初は、美しい歌舞伎座をゾンビで埋めちゃって良いのかしら、年配のお客はひっくり返ったんじゃなかろうか、と思いましたが、劇団☆新感線のいのうえひでのりが言うように「歌舞伎のセオリーをきっちり押さえている」んですよね!
ドタバタの現代劇っぽいですが、「実は~だった」みたいなどんでん返しあり、愛憎劇あり、歌舞伎の要素もちゃんと入っています。さすがクドカン!

ラストも良かったですが、私だったら、半助がゾンビだってことをお葉にバラして、半助には消えてもらいます(笑)。
[PR]
by june_h | 2010-10-18 12:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(2)

今回の吉右衛門さんは「勝海舟二本立て」でしたね!

■勝小吉:中村吉右衛門
■松坂庄之助:市川染五郎


初日観劇。
だって、この日しか空いてなかったのだ(^^;
歌舞伎の初日は、プロンプターさんの存在感が大きいので、できれば避けたいのですが・・・・・セリフのテンポが悪くって、何度私は沈んだことか(-_-)zz
ウトウトしながら「あ、また教えてもらってる」みたいな(笑)。

主人公の小吉は勝海舟のパパ。
貧乏御家人の養子に出され、就職もままならない。旗本を接待して、職を世話してもらおうとするが、横柄な旗本の態度にブチ切れて、せっかくのお膳立てが台無し。
結局、大奥で出世した義理の姉に、その場をとりなしてもらったが、息子の麟太郎(海舟)を大奥に奉公に出すことに。
小吉はイヤがるが、家柄で差別される惨めさを知った麟太郎は、家族のために出世を誓って大奥行きの籠に乗るのだった!チャンチャン。

小吉の甥っ子の庄之助は、染五郎。吉右衛門の本当の甥です。小吉&庄之助ドタバタコンビで接待場がメチャクチャになってしまって面白かったです(笑)。庄之助のメイクも、わざとヘンにしていて、思わずじっくり見てしまいました。

吉右衛門さんの
「もらえる禄が人間の値打ちを決めるもんじゃねぇ!」
というタンカも良かったです。

ほんと、大事な所は、起きていて良かったです(^^;;;
[PR]
by june_h | 2010-10-11 19:55 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

最後に六人揃ったとき
「お!これはなかなかの豪華キャストだぞ!」と思いました。
やっぱり幸四郎と吉右衛門は兄弟だけあって似ていますね。声の絞り出し方なんてソックリです。
菊之助の声は本当に美しい!小浪が泣き叫ぶ場面は、なんだかオペラを観ているようでした。

・戸無瀬:中村芝翫
・大星由良之助:中村吉右衛門
・大星力弥:市川染五郎
・小浪:尾上菊之助
・お石:中村魁春
・加古川本蔵:松本幸四郎


<以下、ウケウリのウンチク>
「忠義ゆえには捨てぬ命 子ゆえに捨つる親心 推量あれやぁ」

そう言って、娘のために力弥の槍にかかって命を落とそうとした加古川本蔵は、「心ならずも赤穂浪士の仇討ちのお膳立てをしてしまった」、二人の実在の人物が託されています。

一人は、梶川与惣兵衛。この人物は、浅野内匠守が吉良上野介に切りつけたとき、浅野内匠守を制した人物。もし、与惣兵衛がいなかったら、浅野内匠守は、吉良を殺してしまったかもしれません。
加古川本蔵は、『三段目 足利館殿中松の廊下刃傷の場』で、塩冶判官を抱き止めて制します。

そしてもう一人は、多胡主水(たこもんど)。津和野藩主、亀井茲親の家老です。実は、亀井茲親も、浅野内匠守と同様、吉良にいぢめられ、恨みを持っていました。
「アイツちょームカつく!叩き切ってやる!」
亀井茲親のストレスいっぱいの叫びを聞いたご家老のタコさんは、「殿がご乱心めされては一大事!」と思ったのか、吉良上野介に会いに行き「うちの殿をいぢめないでください」と金銀財宝を差し出してお願いしたのです。大喜びした吉良は、その後、亀井茲親に意地悪をしなくなったとか。そんなわけで、もしタコさんが機転を利かせていなければ、亀井茲親が吉良を手にかけていたかもしれないし、そうなったら、赤穂浪士の討ち入りの話はできていなかったかもしれません。
(ちなみに、亀井茲親のご子孫は、国会議員の亀井久興さんと亀井亜紀子さんです)

この吉良に賄賂を贈る場面は『三段目 足利館城外の場』で出てきます。桃井若狭之助の家老、加古川本蔵が、高師直の家臣に賄賂を贈ります。そんなわけで、桃井若狭之助のモデルは亀井の殿様というわけだそうです。


<ここからは私の独り言>
由良之助以外の5人の人物の衣装が、ちょうど五行の色と同じ!
d0108969_13341191.gif

確かこんな風に最後並んでたと思うのだけど「小浪と戸無瀬が入れ替わったら、春夏秋冬、東西南北、ぐるっと回って完璧なのになぁ」と、一人で考えておりました。でもまぁ、親達が上座ってことになってるみたいだから、しょうがないと思うけど。どうでもいい話でしたね。オソマツサマでした(笑)。


<関連リンク>
吉例顔見世大歌舞伎(歌舞伎美人)
[PR]
by june_h | 2007-11-29 13:36 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback(2) | Comments(6)

勘三郎が、高校の体育館で演じたことでも話題になった人気演目。
そんなわけで、あらすじは知っていたので、とても楽しみにしていました。
今回、奥さんのシリに敷かれているダンナ役は、團十郎さんです。

・山蔭右京:市川團十郎
・太郎冠者:市川染五郎
・奥方玉の井:市川左團次


どうして男って、浮気がバレたとき、デキの悪い見えすいたウソをつくのでしょう。
正直に白状したほうが、奥さんの怒りも早く収ま・・・・・うーん、そんなわけないか(^^;

奥さんも奥さんで、ダンナに騙されたとわかったとき「正直にあの女の所へ行くとおっしゃれば、1日くらい許してやったのに」と地団駄踏みますが・・・・・うーん、そんなわけないでしょう(^^;;;

微笑ましかったのは、奥さんにバレて修羅場になったとき、ダンナは腰を抜かし、奥さんは怒りのあまり癪を起こして目を回すところ。
血ミドロになるかと思いきや、二人ともぶっ倒れちゃうんですもの。

夫婦ゲンカは、ハタから見ると面白い・・・・・。

左團次の奥さんは本当にコワいけど、座禅をくんでいる(はずの)夫のために、お菓子を持って行くんだもの。いい奥さんだよね。こんな奥さんだから、だらしない夫でも、ちゃんと生活できているのかもしれない。こんな二人なら、絶対別れないと思います(笑)。

吉右衛門さんは、この演目、やったことあるのかな。やるとしたら、ダンナと奥さん、どっちだろ・・・・・?


<関連リンク>
秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎美人)
[PR]
by june_h | 2007-09-27 20:20 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)

「秀山」とは、初代 中村吉右衛門の俳号です。9月は、彼の命日なのですね。
そんなわけで、我が愛する二代目 中村吉右衛門さんが大活躍する九月大歌舞伎。
私が行かないわけないじゃないですかぁ。あははのは。

歌舞伎座のロビーには、初代播磨屋のゆかりの品々や写真が展示されていました。白髪の初代と、幼い二代目が仲良く並ぶ写真もありました。
この頃の二代目は、世間からは「中村萬之助」とか「若旦那」、初代からは「坊(ぼう)」と呼ばれていたんですよね。かぁいいでつ。
初代が清正、二代目が豊臣秀頼を演じている写真もありました。秀頼のカワイらしいことといったら!


さてさて、昼の部の最初の演目、『竜馬がゆく』は、司馬遼太郎原作。主役の竜馬は、三年前、テレビドラマで竜馬を演じた市川染五郎。

一幕目は、桂小五郎と竜馬との出会いの場面。
二幕目は、土佐の上士と郷士の差別から起こった悲劇と、竜馬脱藩の決意の場面。
三幕目は、勝海州との出会いから世界の海へ大望を抱く場面。

ドラマで演じた時から、竜馬の大ファンになった染五郎は、今回の歌舞伎化にあたり、自分で脚本に手を入れたというほどの熱の入れようだったとか。
やっぱカッコいいもんねー。坂本竜馬。染五郎も演じてて、すっごく楽しそうでした。

私も見ていて、舞台の竜馬と一緒に、気分が高揚しました!


<関連リンク>
秀山祭九月大歌舞伎
[PR]
by june_h | 2007-09-04 21:14 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)