西川美和監督作品ということで楽しみにしていましたが、期待を裏切らない映画。
今回も唸らされました。うー!

里子が、札束に火を点けて、貫也が入っている風呂の中に投げ入れて「釜茹での刑」にしているとき、ふと思いました。
似た話、確か落語にあったな・・・・・「蹴転(けころ)」だっけ。
金に困った男が、元遊女の妻に客引きさせるけど、結局、嫉妬しちゃってうまくいかないって話。この映画は、男女が逆だけど。

でも、もう少し見ていくと、完全に、三遊亭圓朝の世界。
恐妻が、頼りない旦那をけしかけて、エグいことをさせるという・・・・・。
圓朝物では、奥さんは、ただ「怖くて強くて残酷な」だけのキャラですが、西川監督は、女性目線で、妻 里子の人物像と内面を鋭く描いています。
この映画を見ていると、里子の独り言が、ずっと聞こえているようでした。

一見、貫也がダメダメで、里子がしっかり者のように見えるんですけど、結局は、貫也に依存しているんですよね。

「私には、人を惹き付ける力がなかった。だから、彼の人生に乗っかっただけだった」
「人生、自分の足で立たないと、卑怯なことになっちゃうわよ」

それで、里子は、自分のように、依存せずにはいられない女性達を、貫也を使ってハメていく。

貫也が女性と一緒にいる間、里子は、一人エッチして、手を拭いたティッシュで鼻をかんでる。なんたる孤独と寂しさ・・・・・。

重量挙げの巨漢の女性と寝る貫也に、「気の毒ね」と言う里子。
しかし、貫也は、言った。
「お前の目に映っている世界の方が、よっぽど気の毒だ」

横浜のクイーンズスクエア(みなとみらい駅)にある長い長いエスカレーターを、一人で降りていく里子。
惨めな気持ちで、どんどん落ちていっているのが、よくわかりましたが、このカットにゾッとしました。
私も正しく、暗い気持ちで、あのエスカレーターを降りていったことがありましたから・・・・・。

机で寝てしまった里子を担いで、寝床に寝かせる貫也。
このカットも、里子が貫也ナシには、一人で歩けないことを暗示しています。

最初は、店の開業資金のために結婚詐欺を始めたはずなのに、だんだん、何のために始めたかわからなくなってくる。

降りしきる雨の中、転んでしまい、差し出された子供の手を取る。
ああ、私は、こんな小さな子供の手にさえすがらなければ起き上がれないほど、惨めな存在なのだ・・・・・と。

そして、里子と同じように、男に依存せずにはいられなかった玲子が、自立して街中を歩いている姿を見て、眩しく思うのです。

「転機」は、やって来た。
貫也が、殺人未遂で逮捕され、服役する。
実際は、彼がやったことではないが、彼が使っていた包丁によって、犯人として追い込まれる。
これも、圓朝物によく出てくる「刃物のカルマ」ってやつ。

ラストシーンは、一人黙々とフォークリフトを操る里子の姿。
一見、惨めに見えるけど、ようやく里子は、これで「独り立ち」できたのかもしれません。

とにかく、一つ一つのカットに無駄が無い上に、セリフよりも雄弁です。

阿部サダヲも松たか子も頑張りました。

阿部サダヲのベッドシーンがいっぱい出てきましたが(笑)、妻とは一つもなかったですね(^^;
松たか子は、短いラストシーンのために、フォークリフトの免許を取ったんですよね。

松たか子が、里子役をやっているのも、とても納得。
今まで、松たか子は、太宰治の妻とか、金子みすゞとか「ダメ夫に仕える賢妻」役が多かったと思うんですが、今回の里子では、こうした「賢妻」の陰がよく描かれているように思います。

とにかく、いろいろ胸に突き刺さる映画でした。
男性が見たら、全然違った感想になるのではないでしょうか。
[PR]
by june_h | 2012-09-13 12:30 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)

なんでしょうね・・・・・この二人の間に流れる抜き差しならない緊張感は。

icon
icon
娘だからベタベタ甘えるとか、父だから猫可愛がりするとか、そういうのは無いですね。
お互い認めあいつつも「なかなかやりますね」「いえいえあなたこそ」的な、優等生同士が張り合ってる感をビシビシ感じてしまうのは、私だけ?
家族からも世間からも「優等生」であることを常に求められているせいかしら。

でも確かに、もし自分に、親子であり師弟でありライバルであり同士である、という濃ゆい関係の存在がいたとしたら、どう接したらいいのか想像がつきません・・・・・やっぱりこういう距離感になっちゃうのかしら。

っていうか、二人とも似てるんですよね。文章から受ける印象が。真っ直ぐで、真面目で、上品で、誇り高くて。
松たか子が三谷幸喜に「ミニ幸四郎」って言われてムッとしたエピソードが出てきたけど、私もきっと同じこと言っちゃう(笑)。
そして、華のある二人だからこそ、ガチガチのの主役がよく似合うのでしょう。
そしてもし、松たか子が男で、歌舞伎役者になっていたなら、それこそ二人の関係は、のっぴきならないものになっていたでしょう。

私が松たか子を知ったのは、大河ドラマ「花の乱」。若いときの日野富子役で、毒を飲まされて狂ったように舞うシーンがあったんですけど「なんて舞が上手いんだろう」って見とれた覚えがあります。
あの時の真っ直ぐさは、蜷川幸雄の「ひばり」で演じたジャンヌ・ダルクでも、この前観た野田秀樹の「パイパー」の妹の役でも、変わっていません。

松本幸四郎、歌舞伎では、実はあまり印象に残っていなくて(^^;
この方で一番印象的だったのは「ラ・マンチャの男」。私が観たとき、松たか子はアルドンサじゃなくて、ドン・キホーテの姪のアントニアでした。
幸四郎さんは、やっぱり「お兄ちゃん」だと思いました。いろいろ大変だと思うけど、あんまり余計なこと言わないのよね(笑)。それに比べてグチグチしている吉右衛門さんは、甘えん坊の末っ子だよね、と、改めて思った次第です。

私が自分の父親と往復書簡を交わすとしたら、どんなことを書くか・・・・・全く想像できないし、したくないかも(-_-;;;

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-04-14 20:56 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

客席が、ほぼ満員だったのでびっくり!まぁ、生で観るより全然安いですからね。
やっぱり、3時間以上あったけど、超楽しかったぁ!!

シェイクスピア原作、クドカン脚色のお芝居。2006年公演の録画上映です。みんなキャラ濃ゆいです。当たり前か(^^;

■ランダムスター/マクベス内野:内野聖陽
■ランダムスター夫人/ローズ/林B:松たか子
■レスポールJr/元きよし:森山未來
■グレコ/クダフ北村:北村有起哉
■マパール王/ナンプラー:粟根まこと
■伝令係・吉田:吉田メタル


一番びっくりなのが松たか子。いわゆるレディマクベス役ですが、クドカンの芝居に出てくる阿部サダヲばりにテンション高くて、「バーカバーカバーカ!」と、マクベス役の内野聖陽を汚い言葉で罵倒しまくり。でもさすがに、マクベスとキスしまくるところは、若干照れが見えましたが(^^;;;

マクベスと共謀して王を殺したことで、「自分の眠り」も殺してしまい、不眠症になってから、恐怖と猜疑心に苛まれ、破滅と狂気に向かっていく様、見ていて本当に恐ろしかったです。私、ただの観客で良かったなと思いました(^^;;;;;

いわゆるマクベス役の内野聖陽のクライマックスにも鳥肌立ちまくり!核ミサイルと稲妻をバックに、エレキギターをかき鳴らし、「まだまだ足りない」とつぶやきながら光と轟音の中で見えなくなっていく・・・・・。
クドカンのすごいところは、キメるべきところでちゃんとキメられるってとこだと思っています。

脇を固める俳優さん達も素晴らしかった。
とにかく、北村有起哉が色っぽかった!・・・・・たぶんこれは、演出のいのうえひでのりさんの力ですね。男の色気を引き出すのが、上手なんだと思います。
それから、新感線の役者さん達。岩崎ひろみの旦那の吉田メタルは、イイ味出してたし、パール王役の粟根まことは声が良かった。冠徹弥さんは、いつも歌担当なんですね。

残念だったのは森山未來。(半分は、彼目当てで観に来た私ですが)いや、歌もダンスも演技も完璧だったけど、だって、三枚目の役なんですもの~。二枚目の彼が見たかったです!

このお芝居を観ていて、ふと思いました。

「マクベスって、圓朝の落語に似てる・・・・・」

奥さんにけしかけられて、悪事に手を染めるとことか、欲望が絡まり合って人間関係がドロドロしたあげく、悲劇が連鎖するとことか。
圓朝は、シェイクスピアを読んだこと、あるのかしらん。

機会があったら、過去にあった新感線のほかの舞台も観てみたい!です♪

<関連リンク>
ゲキ×シネ(公式サイト)

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2008-09-26 21:30 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)