タグ:森広隆 ( 152 ) タグの人気記事

この日のナスカちゃんは、お客さんからもらったお花でいっぱい♪
d0108969_22055864.jpg

<セットリスト>
1. いいんです
2. おいしいパン
3. 歌
4. screaming(V6提供曲のセルフカバー)
5. 黒い実
6. 2D Star(withルーパー)
7. コーラナッツウイルス(withルーパー)
8. 交差点

9. 民宿のおやじ(フルコーラス)
10. Overjoyed(スティヴィーワンダーのカバー)
11. モノクローム
12. 悪魔の提言
13. Avalanche
14. My☆Girl(withルーパー)
15. メガロポリタンズファンク(withルーパー)
16. Rabbit hole
17. Funk redemption
18. Pebama

en1. 雨はやまない
en2. 愛のBeat
en3. エレンディラ
en4. Rainbow seeker

1日目/2日目は、セトリほぼカブらず。
それで思い出したのか
「ハシグチカナデリヤ君が『好きなあの曲やってくれなかった問題完全解決全曲ワンマン』という全50曲ライブをやるそうで。スゴいですね!何時間やるのかな」
と、アンコールでMCしていてドキッとしました(^^;

皆さんからのリクエストが奏功したのか、ここ数年やっていないようなレアな曲が聴けました!
まずは提供曲のセルフカバーの『Screaming』。
これはバンドでぜひまたやって欲しい!
V6への提供曲候補は当初『悪魔の提言』だったらしい!ビックリ(^^;

両日やった『民宿のおやじ』は昔、浴衣で歌ってくれたことがあったなぁとか、『』は当日のマネージャーさんに詳しいこと訊いたなぁとか、いろいろ思い出したのでした(^^)

実は・・・・・森くんの曲をハッさんのリードギターで聴きたいのが何曲かありまして。
真っ先に浮かんだのが、この『』なのですよ。
メロディアスでバンドだとスケール感があるのでハッさんのギターに絶対合うはず!
とはいえ、これは私の単なるエゴで他に望む人はいなさそうだから妄想で終わりそうだけど・・・・・。

コーラナッツウイルス』は、ルーパーのテンポがちょっと早過ぎて、ギターがルーパーに必死でついていくみたいになってしまい、
「宮川剛さんなら(テンポ)下げてくれるんだけどなあ」
とボヤいてました(笑)。
宮川さんも昔「この曲があるから旅が疲れる」ってボヤいていたのを思い出しました(^^;

d0108969_22070452.jpg

森くんが転調を教わったのはスティヴィーからだと言ってた。
TMじゃなかったのね(^^;

とにかく、この二日間幸せでした!
7月はずっと妹の入院でバタバタしていて久しぶりのライブで、森くんのおかげでなんだか若返ったような気分です(^^)
ライブは、お金とヒマと健康と情熱、全部揃わないと行けないと日頃から思っていたけど、プラス家族も健康でないと行けないですね(^^;

d0108969_22062767.jpg

[PR]
by june_h | 2017-08-16 22:01 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

ナスカちゃんがいましたよ!

d0108969_23065478.jpg
<セットリスト>
1. 愛のBeat
2. ネオフィリア
3. ひとりじゃないさ
4. 不思議な模様
5. キラキラ
6. Waterdrops
7. イツモドオリ(withループマシン)
8. 夜行性
9. Cyclone

10. Pretty baby(withループマシン)
11. Present time(withループマシン)
12. やっぱり猫にお熱なんです
13. Lovely days
14. 碧
15. 愛が満ちあふれる島
16. 民宿のおやじ(一番と三番)
17. 風の卵と眠る太陽
18. ただ時が経っただけで
19. ゼロ地点
20. Rainbow seeker

en1. Heaven
en2. ユートピア


この日の少し前、ナスカちゃんが亡くなったことがブログで知らされました。


読んだ時、思い当たることがありました。
森くんは最近、Instagramを始めたので、ナスカちゃんの写真をいっぱいアップしてくれるんだろうと待っていたけど、ほとんど更新が無いのでおかしいと思っていたのです。
私も、ウチの文鳥が亡くなった時、ショックでいっぱい泣きましたし、何日も家の中が重苦しい雰囲気でした・・・・・だって、家族でしたから。

だから、この日は『愛のBeat』と『やっぱり猫にお熱なんです』は歌わないだろうと予想していたのです。
でも、しょっぱなから歌ってくれました(ちょっと声を詰まらせているようにも見えたのですが)。
「ナスカは僕の心の一部」になったのだと、ナスカちゃんのことをじっくり話してくれました。
ナスカちゃんの死に、きちんと向き合っていたんです。
私が森くんと同じ立場だったら、ここまでできるかしら・・・・・。

お客さんとの一体感も良かったな!
やっぱり猫にお熱なんです』の手拍子は、ナスカちゃんのこともあってか熱いものを感じました!

アンコールは『Heaven』と『ユートピア』。
この日はセットリストを決めずに、思いついた曲をどんどんやってくれる形式でしたが、奇しくも天国つながりでした。

それから、目指していた目標についてもじっくり語ってくれました。

結果的には達成できなかったということだけれど、そのことにもちゃんと向き合ってケジメをつけたんですね。
正直、「3,000」という数のためなら、森くんもいろんな方にアドバイスもらっていたようですが、やり方はもっと他にあったかもしれない。
でも、森くんにとっての目標で大事だったのは数じゃなかったんですね。
自分の納得する方法で、自分の力で、ということだったんですね。

私自身は、もちろん応援していましたが、達成できてもできなくても、どちらでもよくて(笑)、とにかく、プロセスを楽しんで欲しいと思っていました。
目標を立ててからの森くんと、森くんの演奏は確実に変わったし、何より、今まで見てきた中で、音楽を一番楽しんでいるように思えます。
そうなっただけでも、素晴らしい収穫だったのではないでしょうか。
それから、お客さんも一体となって一緒に盛り上がっていたので、私自身も一緒に夢を追いかけているようで、楽しい3年間を過ごせました。

実は私自身にも、ずっと追いかけていた「夢」があって、去年の11月、それを実現させることができました。
仕事もキャリアも全て捨てて臨みましたが、最善の形で叶えることができて悔いはありません。
私の場合は3年ではなくて、5年かかったのですが、森くんも私と同じ時期に、一緒に頑張っていることが、すごく自分にとっては励みだったのです。
だから、本当に感謝しています。

森くんも区切りを付けて、新しいスタートを切ったのでしょう。
「ルーパー」もその一つだったり!?
明確な目標は無くなったとしても、森くんらしい音楽を追求していくことは、今までもこれからもずっと変わらないと思うので楽しみです。

そして、最後に。
民宿のおやじ』、いつぶり!?リクエストした方GJ!

d0108969_23072774.jpg

[PR]
by june_h | 2017-08-15 23:01 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

歌もギターもサポートメンバーもMCも、何もかも完璧!
こんな日があるから、ライブはヤメラレナイ!
15年、森くんのライブに通っていて、本当に良かったと思えた日でございました。

フィギュアスケートの鈴木明子さんが自分らしさを発揮して完璧な出来だったとき「very Akiko」ってコーチから言われたんですよね♪
だから、この日のライブでは、私の頭の中で密かに「very Hirotaka」って呟いていて、ニヤニヤが止まらなかった(*´▽`*)

いつものライブでは、ソロパートや曲終わりに「フーッ!」って叫ぶことが多いんですけど、今回は、「おおおーっ」って唸ることの方が多かったです。
森くん含め、バンドのメンバーさんに対しても、本気でスゴいと感じてた証拠(^^;

この日のライブ、DVDになったらイイのに・・・・・音源や映像は残っていないのでしょうか!?

[PR]
by june_h | 2017-08-14 22:10 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今回のお相手は、THEATRE BROOKの佐藤タイジさん!
対バンだと、それぞれの出番があって、アンコールで2~3曲セッションみたいなパターンが多いですが、今回は、二人共ほぼでずっぱりで、お互いの曲を弾くという。
ファンにとってはかなりオイシイですが、演者にとっては負担の重いライブです。
タイジさんは森くんからリクエストされた実現させるために、ギターを6本も持ってきたんだとか(^^;


<セットリスト>
※タイジさん側のセトリを教えてくださったファンの方、ありがとうございました!
 ご挨拶したかったのですが、電車の時間が迫っていてご挨拶できず(><)
 この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

森広隆Gt.&Vo.
佐藤タイジGt.&Vo.
岡雄三B.
高田真Drs.

以下森
1. コーラナッツウイルス(withルーパー)
2. Present time(withルーパー)
3. 密室
4. Rainbow seeker

以下佐藤
5. まばたき
6. 朝焼けのHumanity
7. 踊らにゃそんそん
8. Purple rain(プリンスのカバー)

以下森、佐藤、岡、高田
9. ドレッドライダー
10. Rabbit hole
11. ドリームキャッチャー
12. モノクローム
13. 夢とトラウマ
14. Kiss From a Rose(Sealのカバー)
 (CharのSmokyをワンコーラス)
15. 心臓の目覚めるとき
16. ゼロ地点
17. Heaven
18. もう一度世界を変えるのさ


以下森、佐藤、岡、高田
en1. メガロポリタンズファンク
en2. ありったけの愛

以下森、佐藤
en3. 愛のBeat


森くんの『Rabbit hole』では、タイジさんがリードギターで、シビレた!
ゼイタクなセッションでしたね\(^o^)/

タイジさんが森くんにチョーキングする時の演出について指導。
何度も繰り返していたら、Groovecasterの2弦が切れてしまいました(^^;

代えのギターを用意していなかったので、タイジさんが「俺のレスポール貸そうか?」と言ってくれたものの、結局、森くんは弦を張り替えに退場。
ゲストのタイジさんとサポートメンバーが取り残された状態に。

タイジさんは、場をつなぐために、自身の活動について、いろいろお話ししていました。

弦の張り替えなどもあり、終演はなんと23時過ぎ!
電車が気になって、夜の六本木をひたすら走ったのでした(^^;
森くんの六本木でのライブは、小室みつ子さんの時といい、23時を超えるのがジンクスになったりして。
家に帰ったら、脚が痛くてお腹が空いてたまらなかったのでした(^^;

P.S.
シアター・ブルックのドラマーが沼澤タカさんだったと、このライブの終了後に初めて知りました(←いくらなんでも遅過ぎ)。

[PR]
by june_h | 2017-07-19 21:27 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

前回の横浜LOOPは到着ギリギリだったんですけど、今回は、並んでオープンを待つほどの余裕&気合で参りました♪

d0108969_21320677.jpg


<セットリスト>
※BunさんのRainy dayを参考にいたしました。
1 いいんです
2 Present Time(withループマシン)
3 Waterdrops
4 Lovely Days
5 ゼロ地点
6 Rainbow Seeker
7 My☆Girl(withループマシン)
8 メガロポリタンズファンク(withループマシン)
9 Heaven

<アンコール>
10 愛のBeat
11 Last Step(山下達郎のカバー:指田フミヤくんと)


今までのループマシンが扱いにくいということで、今回、新たにシンプルなループマシンを購入したそうで。
ループマシンを扱いやすくする付属機器も同時購入するほどの念の入れよう(^^;
前回の柏のライブでも演奏した新曲『Present Time』と、前回うまくいかなかった『メガロポリタンズファンク』、そして新たに『My☆Girl』も!
ループマシンは、四つ打ちの曲と相性が良いのでしょうか?

対バンの指田くんが面白い人でした!
森くんとは初対バンですが、かなり前からお互い知っていて、指田くんのライブを森くんが観に行ったこともあるみたい。

指田くんは、どうやら「テツ」らしく、同じ「テツ」のお客さんを探したり。
電車の車両同士をつなぐ渡り板が、いかに官能的かということを延々語っていました。
マイペースでライブを進行して、自分の好きなことを喋るのは、森くんと同じものを感じました(^^;

私は基本的に、誰かが自分の知らないことを延々、楽しそうに喋っているのを聞くのが好きなので(笑)、こういう方、キライじゃないです(^^)

[PR]
by june_h | 2017-07-18 21:28 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

3月9日のバースデーアコースティックワンマン以来。
2か月ライブがなくて、森くん不足で飢えてました(^^;

<セットリスト:リハーサル>
Present Time(withループマシン)
Overjoyed(Stevie Wonderのカバー)
Georgy Porgy(TOTOのカバー)

<セットリスト>
1 Rainbow Seeker
2 ゼロ地点
3 密室
4 Present Time(withループマシン)
5 2D Star(withループマシン)
6 メガロポリタンズファンク(withoutループマシン)
7 愛のbeat

en1 ただ時が経っただけで


フェスなので、出番前にリハーサル開始。
森くん登場で、なんだかお久しぶり(^^)

リハーサルからループマシンにボイパやコーラスを録音。
お!ドラクエ以外もやるのか!?と、見守っていると、新曲ではないかっ!!皆ワクワク(^^)

本編始まって、本編でももちろん、ループマシンを使用。
ループが完成するまでに時間がかかるので、待っているこちらは手に汗握っちゃいます(^^;

2D Star』もwithループマシン!
使っているコードが少ない四つ打ちの曲なので、これもループマシンと相性がイイ曲ですよね♪

ただ、次の『メガロポリタンズファンク』で、森くんが余計なボタンを踏んでしまったらしく、関係無いドラム音がドタドタ鳴り出して、収集がつかなくなってしまい、ループ無しで演奏することに(^^;
ループ無しでも、森くんはギターだけでループが作れるので、全然オッケーです♪

森くんは、出演ライブ会場で最後の出番だったので、アンコール!
拍手に押されて舞台に再登場した森くんは、
「フェスってアンコールありなんですか?」
と、戸惑いつつも、『ただ時が経っただけで』をプレイ。
キラキラした音と声で、この日一番の歌でした!

この日は、既に出番を終えたUEBO君とハッさん(ハシグチカナデリヤ)が森くんのステージを観に来ていました。
二人ともルーパーなので、森くんにループマシンの使い方を教えてあげてください(笑)。

7月9日(日)も、この日と同じ会場の柏04で対バンライブがあるんですよね♪
私は諸事情あって行けませんが、楽しいライブになりますように!

[PR]
by june_h | 2017-07-01 17:23 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

この日は森くん誕生日♪
セットリストを決めずに、譜面を見ながらドンドコ曲をやっていきましたが、気づけば全24曲!
自分の誕生日なのに、サービスがスゴい!


<セットリスト>
1 愛のBeat
2 蜃気楼の街
3 愛に満ちあふれる島
4 雨は止まない
5 Lovely Days
6 キラキラ×2←途中でやり直した
7 Avalanche
8 Invisible chain
9 ひとりじゃないさ

10 不思議な模様
11 英雄の誕生
12 碧
13 風の卵と眠る太陽
14 イツモドオリ
15 ネオフィリア
16 おいしいパン
17 並立概念
18 CYCLONE
19 Funk Redemption
20 ユートピア

en1 メガロポリタンズファンク
en2 2D Star
en3 ゼロ地点
en4 Rainbow Seeker


アンコールはサプライズケーキもあったりして、
「去年、サプライズは禁止って言ったのに」
と、ブツブツ呟きつつも、まんざらでもなさそう(笑)。
やっぱり、みんな、ハッピーバースデーを歌いたいもん♪

では、森語録、行ってみよう!


■花粉症、全然無いって方、います?
森くんは結構な花粉症なんですよね。
森くんが問いかけて、手を挙げていた方、結構いましたよ!


■コードがマイナーからメジャーに移行する所がイイ!
Invisible chain』の解説での言葉。森くんが自画自賛するなんて珍しい!
この日は他の曲でも「イイ曲書いてるじゃん!ワシ」って言ってたり。
・・・・・ハッさんみたいだ(笑)。


■右のおっぱい左のおっぱい
この前、森くんは「スガフェス EXTRA」でオープニングアクトを務めたわけですが、以前、その出演者の一人だった斉藤和義さんのコンサートに行った時、
「右のおっぱい左のおっぱい♪」
と、客席とコール&レスポンスをしていたらしい(^^;
森くんからこういう言葉を聞くとドキドキしますが、もう40歳(この日で41歳)なんだし(笑)。


■エレキの音のふくよかさ
この日はギター職人の川畑完之さんもいらっしゃっていて、休憩中やアンコール前に、Groovecasterのチューニングをされていました。
ギターの生みの親がチューニングしているんですもの。間違いないですよね!
カンジさんのチューニングとアンプで、エレキの音に温かみが生まれ、森くんは
「エレキギターって、ロックバンドで平面的に使うものだと思っていたけど、カンジさんのアンプでふくよか」
だとご満悦♪


これから、森くん、制作に入るということで、ライブがしばらく無いんですよね(T_T)
とにかく、新曲楽しみです!

[PR]
by june_h | 2017-04-08 15:50 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

まさか、こんな日が来るとは。
シカオちゃんのイベントのオープニングアクトとして、2,000人の観衆の前で森くんが歌うなんて!

今まで、RIP SLYMEのサポートなんかで大きなステージに立ったことはあったかもしれないけど、自分の持ち歌を、こんな大きなステージで歌うのは初めてじゃないでしょうか!?

私は元々、シカオちゃんファンだし、このイベントに行かない理由は見つかりません(笑)。
・・・・・っていうか、シカオちゃんのライブは最近サボってます(^^;
でも、チケットが当たらなくて、森くんのファン仲間から譲っていただきました♪
感謝です!

久しぶりに指定席のライブですが、森くんは開演前の出演ということで、見逃してはイカンと、開場よりかなり前から並びました。

ホール内はとにかく広い!見やすい!!

席に着いてからは、気が気じゃない。
もしかしたら私、本人より緊張しているんじゃないかしらってくらい興奮(笑)。

そして、広いステージに森くんがギター一本で登場した時、感無量。

ライブ前に

「明日はKanji Guitar"Groovecaster"と、
カンジさんが新しく制作してくれたばかりのアンプで臨みます。」

と、森くんがツイートしていて、並々ならぬ気合いを感じていました。
(『アコギ侍の宴』なのにアコギじゃないんかい!と突っ込んだのは私だけじゃなかったはず(笑))。

美しい照明の中で歌う森くんに、肩ガチガチに緊張しながら、必死に拍手とエールを送りました!

1曲目は、『ただ時が経っただけで』。
シカオちゃんのラジオで、この曲がかかって、森くんを知った人も多かったので、良い選曲♪
森くんのことを思い出してくれた人も多かったみたい。
そのあと、『ゼロ地点』『2D Star』・・・・・とにかく、間違えないでぇー!と祈るような気持ちで見ておりました。

愛のBeat』で、お得意のロングトーンをかまし、全4曲で終了。

一瞬だったような、メチャメチャ長かったような、不思議な感覚。
でも、開演前なのにドッと疲れたのは確か(笑)。
森ファンの友達と、本編が始まる前から、
「今日の仕事は終わったね」
って、和んでました(^^;

本編終わって(←本編のこと書かないのか(笑))アンコールでシカオちゃんが、森くんの名前も言ってくれたので嬉しかったな(^^)

とにかく、森くんを思い出して呼んでくれたシカオちゃんに感謝!!
そして、森くん、記念すべき日に立ち会えて良かった!!

[PR]
by june_h | 2017-03-27 17:49 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

アンコールは、もちろん、3人で再び登場してセッション!
ハッさん真ん中(笑)。

この3人の対バンは、いつも順番が同じなので、次にやる時は、最初に3人全員でステージに出てきて、小話しながらアミダくじで順番を決めようということに(笑)。
急きょ順番が決まっても、3人ともセッティングに時間がかからなさそうだからイイけどね(^^;


<アンコール>
en1. Superstition(スティービーワンダーのカバー曲)
en2. Spain(チック・コリアのカバー曲)
en3. Nowhere Man(ビートルズのカバー曲)


真藤さんの出番で、真藤さんが寝坊してライブのリハーサルに大遅刻してしまったことを話していましたが、こういう話を聞くとドキドキしてしまいます(^^;

スティーヴィー・ワンダーの『Superstition』は大好き♪
これは、真藤さん&森くんラインの曲ですね。

Spain』が終わったところで、終演予定だったようですが、お客さん許さず、拍手鳴り止まず(笑)。

再登場したハッさんは「もっと上手く弾けたはずだ!」と、『Spain』のギターフレーズを引き直し。
悔しかったんだねぇ。負けず嫌いだからなぁ(笑)。

何も決めていなかったので、3人で何をやろうかと話し合いが始まり、『Nowhere Man』でまとまったものの、最初から歌おうよ、いや、サビからにしようよ、ユニゾンにしよう、いや、ハモろう、と、意見がバラバラでなかなかまとまらず(笑)。
結局、ワンコーラス、ハモりで締め!
前回もやりましたからね。即興でもさすが、ちゃんとまとまりました♪




[PR]
by june_h | 2017-03-21 17:43 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森くんは、いつものGroovecaster♪


<セットリスト>
※5以外Groovecaster弾き語り
1 ただ時が経っただけで
2 2D Star
3 愛のBeat
4 密室
5 Pebama(グランドピアノ)
6 Rabbit Hole
7 メガロポリタンズファンク
8 ゼロ地点
9 いいんです

森くんがMCで、ギター職人の川畑完之さんが、ギターアンプを持って来てくれたことを話していました。

で、私は気づいた。

・・・・・エレベーターで一緒だったのはカンジさんだったんだ!

少し早めに現地に向かったのですが、四谷天窓の入口は奥まっていて分かりにくいので、毎度、迷いそうになります。
例によって
「ここでいいんだよね?」
と入口近くで呟くと、
「僕も迷ってて・・・・・」
と、大きな機材を持ってスマホをいじっている男性が。
今日のスタッフさんかな?と思いつつ、一緒にエレベーターに乗って上がったのですが、いま思えば、その男性はカンジさんで、あの機材はギターアンプだったんですね。

おかげで、今回のライブは、とても音が良かったです♪
エレキとは思えないくらいの温もりのある柔らかい音でした(^^)

[PR]
by june_h | 2017-03-19 13:35 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)