タグ:紺野光広 ( 15 ) タグの人気記事

ライブカフェでスリーピースの演奏が聴けるなんて贅沢だわ♪ってことで、高崎まで足を運んでみれば、やはり、ほぼほぼ満員♪

前日の長野も評判良かったみたいで、この日も期待大!
長野も行きたかったんですけどね。
d0108969_16485476.jpg


<セットリスト>
森広隆:Gt.&Vo.
宮川剛:Drs.
紺野光広:B

1 おいしいパン(以下森、宮川、紺野)
2 Rabbit hole
3 ゼロ地点
4 Invisible chain
5 ネオフィリア
6 Freaky Boogie
7 憂鬱
8 早すぎるクリスマスソング
9 愛のBeat(森エレガット弾き語り)
10 不思議な模様(森、宮川、紺野)
11 Pebama(森キーボード弾き語り、宮川、紺野)
(Herbie HancockのHead Huntersの曲を3人で軽くセッション)
12 Waterdrops(以下森、宮川、紺野)
13 Avalanche
14 メガロポリタンズファンク
15 2D Star
16 My☆Girl
17 Funk redemption
18 RAINBOW SEEKER

en1-1 Cyclone
en1-2 ユートピア

en2-1 Heaven


オープニングは『おいしいパン』。
宮川さんのドラムはMellow tonesで見慣れているけど、今回は紺ちゃんのベースも身近で見られて楽しい(≧∇≦)

予定では、ここで間髪入れずに2曲目の『Rabbit hole』に行くはずだったらしいんですが、ふいに幼児の声が聞こえて皆、気を取られちゃった(^^;

「和んじゃったね」と、紺ちゃん。
3人とも、父性の強いお年頃ですからね(^^;;;

んで、『おいしいパン』のアウトロからやり直す3人。
お客さん爆笑(^^;
なんとなく、これでこの日のライブの雰囲気が、和み系で決まりました(笑)。

この日の森くん、歌のリズムの取り方が本当に良かった!
いつもは、リズムが時々前のめりになったりするのが気になるんですが、この日は、それがほとんどなかった。
フェイクもピンポイントで気持ちイイ場所に入って来て、森くんとバンドの音が、スーっと身体に入ってくる感じ。

特に、『早すぎるクリスマスソング』の宮川さんのドラムと森くんのフェイクが良かったです♪この曲は本当に難しそうですけどね。
宮川さんはいつもドラムを変えてきてますよね。今回はシンバルの音が印象的でした。

Waterdrops』の前に森くん、お店に飾ってあったアルバムジャケットに目が止まり、

「(Herbie Hancockの)Head Huntersだ!」
と、呟きました。

すると、紺ちゃんがすかさず、そのアルバムの曲?のベースを弾き始め、森くんもギターで乗っかりました。
紺ちゃんと森くんが宮川さんに目配せすると、宮川さんは、
「オレもやるの!?」というような顔をして、慌てて叩き始めました(笑)。

しばらくセッションしていて、これから盛り上がるぞっ!というところで、紺ちゃんと森くんがパッと止めて、宮川さんのドラムだけ取り残されるという事態に(^^;;;

お客さんは面白がってたけど、宮川さんは
「本番中に仕返ししてやるから覚えとけよっ!」
と、呟いていました(笑)。

宮川さん、すっかり紺ちゃんのいじられキャラになってますね(^^;
ライブの前後に宮川さんの面白い写真アップしてくださったので、楽しめました♪
結局、仕返しできたのかなあ(^^;;;

その写真の中に、「トリオ」という店の前で撮った写真があって、
「トリオは老舗の靴屋です!」
と、お客さんから教えてもらっていました。

そういえば、今回の宮川さんのドラム、pearlじゃないなーと思ったら、自前じゃなくてお店のだったんだそうです。
d0108969_16475549.jpg


森くんのファズくん、相変わらずカワイイ♪
d0108969_16482264.jpg


Pebama』を弾き語ったキーボード。
ウッドベースがあったんで、「紺ちゃん弾かないかなー」って一瞬期待したんですけど、これはお店のだったみたい。
d0108969_16505396.jpg


カフェでライブする時は、途中で休憩することが多いのですが、この日は一気に駆け抜けました。
Avalanche』は、ベースをずーっと前のめり気味で弾かなきゃならないらしく、「大変だねこりゃ」と、紺ちゃんが呟いておりました(^^;

アンコールの『ユートピア』、最後のラララをお客さん達で大合唱!
これで一旦終わったのですが、お客さんは気が済まず、拍手が鳴りやまず。

ダブルアンコールは、森くんが「こっちにしようか」ということで決まった『Heaven』。

高崎まで来て、本当に良かった!

宇都宮でやった時は、終演が遅かったのですが、今回は早くに始まったので、ゆっくり楽しめて良かったです♪
なんたって、アンコール後は、(自分にとっての)終電発車10分前だったので、土砂降りの雨の中を必死で走ったんですよね(^^;


d0108969_1652525.jpg

[PR]
by june_h | 2016-09-29 16:55 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

ここで、バンドメンバーが引っ込んで、森くんの弾き語りコーナー。

雨はやまない』エレキギター弾き語りバージョン。

いいんです』は、エレガット弾き語り。

2年前にブログで語った気持ち、今でも変わっていない、という話をしました。
森広隆38歳、目標を持ちました

森くんは、元々、そんなにブレないアーティストですが、「良い音楽を作る」という点では、本当にブレないですね。
森くんの繊細な感受性で、それを維持していくのは、本当に大変だったと思います。


ここで再びKiyoくん以外のメンバーが入って、森くんはキーボードの前に着席。
Pebama』の弾き語り。
ギター弾き語り、キーボード弾き語り、いろいろ盛りだくさんですね♪

そうそう、もうすぐアルバム『A Day in Dystopia』の配信が始まるそうですよ!


Waterdrops』は、骨太な音のギターソロと森くんの笑顔がステキでした♪

Avalanche』は、肇ちゃんがいないのに、肇ちゃんの切ないキーボードが聴こえてくる・・・・・。

ここでKiyoくんが入って再びフルメンバー。
Cyclone』の前に、森くんが立つように促してくれて、ここからやっと立てた!
身体動かしたかったよー!

Kiyoくんのコーラスは今回、森くんの声にスゴく合ってるように聞こえたんですよね。
コーラスの場数を踏んで、合わせたor慣れたのかしら。
それとも、聴いている私が慣れたのか!?

2D Star』は、紺ちゃんのベースで聴きたかったんです。
紺ちゃんの痒いところに手が届く、ちゃんと気持ちイイ、ゴソゴソっとしたベースに合っていると思うの。

なので、この曲の時は、紺ちゃんのベースしか見てなかった(^^;
紺ちゃんの顔すら見てなかった(^^;
私の小さい頭の中に紺ちゃんのベースを刻みこんで音源化するくらいの勢いで(笑)。

MY☆GIRL』は、イントロで何の曲だか一瞬、分からなかった(^^;
アレンジが違うとかではなく、やるって思ってなかったから。

Funk Redemption』は、公開セクハラコーナー盛り上がりますね!

RAINBOW SEEKER』で、また盛り上がった!
踊れるってサイコー♪
さあ、次の曲は!?と思ったら
「すいません。これが最後の曲でした」

客席から「ええーっ( ̄□||||!!」の声。
そりゃそうだよね。みんなビックリ(^^;

こうして、いつのまにか本編は終わったのでございました。


(つづく)
[PR]
by june_h | 2016-05-17 14:52 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

客電が落ちて、『メガロポリタンズファンク』のベース音とクラップ音が流れ始めました。
それに合わせて客席から自然と手拍子が起こって、気分は最高潮!
いよいよバンドメンバーと森くん登場!・・・・・と思ったら、譜面を忘れて取りに戻ってしまいました(^^;

・・・・・おーい!大丈夫か!?

客席中が森くんを気遣うオトン&オカンで溢れた瞬間(^^;


<セットリスト>
森広隆:G&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
Kiyo:Cho
1. メガロポリタンズファンク
2. おいしいパン
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

森広隆:エレキ弾き語り
9. 雨は止まない

森広隆:エレガット弾き語り
10. いいんです

森広隆:Key&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
11. Pebama
12. Waterdrops
13. Avalanche

森広隆:G&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
Kiyo:Cho
14. Cyclone
15. 2D Star
16. MY☆GIRL
17. Funk redemption
18. RAINBOW SEEKER

<アンコール1>
森広隆:ボイストランペットwithループマシン
19. ドラゴンクエスト序曲(三重奏)

<アンコール2>
森広隆:G&Vo
紺野:B
宮川:Drs
Kiyo:Cho
20. ゼロ地点
21. ユートピア


もとい、オープニングはもちろん、『メガロポリタンズファンク』。
これで別の曲だったらウケるけど(笑)。

次の『おいしいパン』では、紺ちゃんが「あーーーーっ!」っと、雄叫びみたいな声を上げました。
スッゴく気持ち良くて、思わず声が出ちゃったんだろうな・・・・・そんな声でした。

次の『愛のBeat』では、森くんお得意のロングトーン。
お客さんの手拍子も、今日はイイ感じ♪

Invisible Chain』と続いて、私としては、こんなグルーヴで座って聴いているのはもったいなくて、もっと身体で感じたくてウズウズしていました。
森くんがMCで言うように、「初日は一日しかない」んだからもったいない!

最後列なら間違いなく立っていたと思います(^^)

Rabbit Hole』まで来て、宮川さんのグルーヴが、いつもと違うような気がしました。

森くんのバンドワンマンは初参加なんですよね!
なので、バンドの宮川さんが楽しみでした(^^)

森くんと何度も一緒にやっているmellow tonesでは、二人だけなので、わりと自由にやってらっしゃる印象なんですが、バンドだと、しっかり気遣いが見えるドラム。
宮川さんの父性?みたいなものが十分発揮されていました(^^;

ネオフィリア』は、紺ちゃんのソロが良かった!
紺ちゃんのベースも久しぶりで嬉しい(≧∇≦)
A Day in Dystopia』のアルバムを紺ちゃんのベースで全部聴きたかったのよん♪

アゲアゲのまま、MCに入って、森くんが更に煽るようなことを言ったけど、次の曲が『憂鬱』で、全員、拍子抜け(笑)。

早すぎるクリスマスソング』は、実は、いつも聴きながら、こんなことを考えてました(^^;

「歌詞に全く共感できないんだよねー(爆)。
好きだった人のことを思い出してヒタってる曲って、どうして男性アーティストに多いんだろう!?
こういうオトコって、背中蹴飛ばして崖から突き落としたくなっちゃうんだよね(^^;
いつまでも過去のことほじくって丸めてたら、未来に出会えるはずの、もっとステキな人に出会えなくなっちゃうぢゃん!
・・・・・まあでも、付き合っていた人のことを何年か後に思い出して、その人の名前をキレイサッパリ忘れちゃってることに気づく私もかなり問題だけどねー」


でもね。
この日は、歌が沁みてきました。
ライブの前に、友達のお墓参りに行って来たから。

・・・・・たまには、思い出してもイイよね。


(つづく)
[PR]
by june_h | 2016-05-13 18:40 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

最近、森くんのライブが無いうえに、あまりに根を詰め過ぎて、不眠ぎみになってきましたので、紺ちゃんの力を借りに行きました。

歌舞伎町の雑居ビルの最上階。
1階エレベーター近くでは、ナースさんや制服姿のコスプレ女子がウロウロしていてドキドキ(笑)。

15人も入ればいっぱいになるようなバーで、立ち見含め20人以上いて満員御礼!
ギッシリな店内でしたが、3人の音楽は、ゆったりと、アットホームに楽しめました♪


<セットリスト>
こちらを参考にしました。当日の様子をアップしてくださってます♪
Ba:紺野光広
Per Dr:金武功
P G Vo:Marie

-1st-
1. Just A Little Bit(Marieオリジナル)
2. Louise(Marieオリジナル)
3. Must be in love(Marieオリジナル)
4. Time After Time(Cyndi Lauperカバー)
5. Desperado(Eaglesカバー)
6. Bad Day(Daniel Powterカバー)

-2nd-
7. Just The Way You Are(Billy Joelカバー)
8. Time of Destiny(Marieオリジナル)
9. You Gotta Be(Des'reeカバー)
11. Black Or White(Michael Jacksonカバー)
12. Take my hand(Marieオリジナル)
13. How Crazy Are You?(Mejaのカバー)

<アンコール>
14. I can't make you love me(Bonnie Raittカバー)

まだ、このバンドとしてのオリジナル曲は無いそうで。
Marieさんのオリジナル曲と、洋楽のカバーによるセットリストでした。

最初の曲から、裏拍がカッコ良くて。
紺ちゃんのベースは10年以上聴き慣れてるから、やっぱ気持ちイイ!

Marieさんオリジナル曲は、切ないメロディーが多いので、このテの曲が好きな人は、きっとハマるでしょう!

金武さんのパーカッション、タップダンスみたいに軽やかで、紺ちゃんのベースと、Marieさんの歌の感じと合ってました♪

今回、特筆すべきは、紺ちゃんの8ビート!
森くんのサポートをしている時は、ベベベベベベベベっていうベースは聴けませんから、貴重な体験(笑)。
思わず、身を乗り出して、紺ちゃんのベースをガン見してしまいました(^^;
紺ちゃんは、座りながらベースを弾いていると、左脚がフワっと浮くのですね。

このバンドでは、わりと紺ちゃんが仕切っているみたい。
ガンガン飲みながらやってるけど、酔うヒマもなく、(オンマイクじゃないのに)曲名を紹介したり、MCしたり、他のメンバーに話をふったり。
紺ちゃんと金武さんが、二人してガンガン飲みながらやってて、空いたグラスがステージに溜まる溜まる(笑)。
酔っ払いながらMCやって、ベースをガンガン弾いてる紺ちゃんを身近で楽しみたい方は是非♪

私、調子に乗ってラムとかウィスキーとかロックで飲んじゃって、久しぶりに酔っ払って、おかげで、とってもリフレッシュできました!
たまには生身の音楽のバイヴレーション浴びないと、身体も精神も保たないよね(^^;

この日は、投げ銭ライブだったんですけど、ホントに帽子に投げ銭するんですね(笑)。
左下に帽子が写ってます。
d0108969_13013709.jpg

[PR]
by june_h | 2015-09-12 13:04 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<当時のメモ>
シカオちゃんの『ストーリー』を弾いてくれてラッキー。
紺ちゃんは一番後ろの客席から盛り上げていた。
終わった後にお手洗いから出たら森君がちょうど楽屋から出てきた。
上機嫌でY子と帰る。帰り道夜空に流れ星を見た。



この日は、七夕ということで、森くんに笹飾りをプレゼントしようということで、ファンの方が七夕飾りを作ってくれていました。
みんなで短冊に願い事を書いたのですが、私もコッソリ参加させていただいきました(^^;

私もいろいろ取り纏めやったりしているのでわかりますが、こういうイベントを準備したりまとめたりするのって、ホント大変なんですよね(^^;
なので、まとめてくださった方には、本当に感謝です。

森くんは、スガシカオのラジオで紹介されたこともあって、シカオファンとカブっているんですよね(私もその中の一人です)。
なので、シカオちゃんの『ストーリー』をカバーしてくれた時、盛り上がりましたね(^^)

この時、ベースの紺ちゃん(紺野光広)が、後ろの立席にいて(たぶん飲みながら)、拍手したり叫んだりして、盛り上げていたのでした。
森くんも
「紺ちゃんだなっ!」
って、突っ込んだりして(笑)。

下北沢440は、お手洗いと楽屋のドアが近いので、お手洗いの列に並んでいると、楽屋のドアが開いた時に、なんとなく気まずくなったりして(^^;

この時は、シカオファンの会社の友達と一緒に来てました。
帰り道で、夜空に流れ星を見たりして、良い夜でした(^^)
[PR]
by june_h | 2015-08-06 12:26 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより
1 Fuzz Master
2 黒い実
3 ただ時が経っただけで
4 エレンディラ
5 ゼロ地点
6 Pebama


<当時のメモ>
初めて見たバンドスタイルのライブ。
紺ちゃんを女性だと勘違いした私。
森君と親しげに話しているのを見て嫉妬する。
「(MCで森君が)なんで僕、今日、こんなヘンなテンションなんでしょう」
・・・・・何がヘンなのかは私にはよくわからなかったけど。
『エレンディラ』の「このドレスもピアスもブレスもこのメルセデスも・・・・・」のところでトチる。
ベンツがスポンサーのライブだったのに、ベンツを否定的に歌っている歌詞に森君は気づいたのだろう。



当時の紺ちゃんは、色白でほっそりしてて、髪も長かったので、一瞬、女性に見えました(笑)。
この日の森君は、確かに、どこかフワフワしていた印象。
ライブ前のリハーサルで、紺ちゃんと談笑していて、モニターに寄りかかって倒しそうになったり。
何かあったんでしょうか。

『エレンディラ』のイントロ聴いた瞬間、
「え!イイの!?歌詞にベンツ出てくるのに大丈夫なの??」
って、私は思っちゃった(^^;
でも、歌詞にベンツが出てくるから、このイベントに呼ばれたのかもしれませんが。
[PR]
by june_h | 2015-05-31 08:42 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

さて、後半です。


<セットリスト>
1. ひとりじゃないさ(森 弾き語り)
2. Freaky Boogie(以下 森、高田、紺野)
3. 悪魔の提言
4. ゼロ地点
5. Invisible Chain(仮)
6. Neophilia
7. Waterdrops
8. Funk Redemption(以下 森、高田、紺野、河内)
9. Lovely Days
10. 憂鬱
11. Avalanche
12. 密室
13. 2D STAR
14. やっぱり猫にお熱なんです
15. おいしいパン
16. MY☆GIRL
17. CYCLONE
18. 愛のBeat

<アンコール>
19. 英雄の誕生(森、町田、紺野、河内)
20. 交差点(森 弾き語り)

森広隆:Gt.&Vo.
高田真:Drs.
紺野光広:B.
河内肇:Key.



後半は、『Avalanche』が良かったですねぇ♪
帰りもずーっと頭の中で鳴っていましたから。
切ない疾走感がたまりません!

それから『密室』。
イントロがなんだか「濡れている」ように色っぽかったです(*^^*)
肇ちゃんの鍵盤が、いつも以上にステキ♪

この日のドラムは高田真さん。
曲が始まる前に、高田さんは、カウントを取るのですが、このカウントを聞くと、あー、高田さんのドラムだなぁ、と思います♪

あと久しぶりに『MY☆GIRL』が聞けました!
ミラーボールも久しぶり(笑)。

いつもは、肇ちゃんがキーボードを持って客席を回ります。
今回は、森くんがギターをヨシナオくんに渡し、森くん自らがキーボードを持ってステージを降りてきました!
この時ばかりは、前方で見ていなかったことを後悔しましたな(^^;

その間、ヨシナオくんは、ずっとリフを弾いていてくれたのですよね。
ヨシナオくんは、いつも森くんのライブの物販を手伝っている人。
元は「Love A sense(ラブエッセンスとかラブエスとか呼ぶ)」というバンドのギタリストさん。
この日も、物販はもちろん、ギターのチューニングなどで大活躍!
ステージでも『MY☆GIRL』のリフを披露してくださったというわけです♪

CYCLONE』でのMCで、衣装を合わせたわけではなかったのだけれど、実は全員、チェック柄なんですよ!という話。
でも、紺ちゃんだけチェック柄がないじゃん、と思ったら、
「トランクスがチェック柄なんです」
と、紺ちゃん(^^;
ご希望の方は後でお見せしますよ!とのことでしたが、ご覧になった方は、いらっしゃったのでしょうか(笑)。

本編終わってアンコール。
今回の限定グッズ「悪魔さんイヤフォンケース」の話。
このイヤフォンケースには、ライブアルバム『LIVE ON PLANET EARTH』の『悪魔の提言』の挿し絵の悪魔が。

森くん曰く、
「アスモデウスもベルゼバブも、キリスト教が入る以前は、土着の神様だったんですよね。ルシファーは・・・・・あ、ちょっと違うか」

そうそう。
魔王のサターンも、元々は、ギリシャ神話の農業神サトゥルヌスのことで。
ルシファーは元々、光の天使だったんですよね・・・・・って、そんなことはどうでもイイか(笑)。

「だから、正解は一つじゃないって、背中を押してくれるアイテムです♪」

おおっ!森くんらしい自分の言葉でのセールストークに感動しました!!
やればできるじゃん(←上から目線)。
このためか、イヤフォンケースは完売した模様。
良かった良かった♪

[PR]
by june_h | 2015-04-29 20:53 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今回、特に楽しみにしていたのは、新曲のバンドアレンジ。特に、紺ちゃんのベース。

<セットリスト>
1. ひとりじゃないさ(森 弾き語り)
2. Freaky Boogie(以下 森、高田、紺野)
3. 悪魔の提言
4. ゼロ地点
5. Invisible Chain(仮)
6. Neophilia
7. Waterdrops
8. Funk Redemption(以下 森、高田、紺野、河内)
9. Lovely Days
10. 憂鬱
11. Avalanche
12. 密室
13. 2D STAR
14. やっぱり猫にお熱なんです
15. おいしいパン
16. MY☆GIRL
17. CYCLONE
18. 愛のBeat

<アンコール>
19. 英雄の誕生(森、町田、紺野、河内)
20. 交差点(森 弾き語り)

森広隆:Gt.&Vo.
高田真:Drs.
紺野光広:B.
河内肇:Key.



Invisible Chain(仮)』は、ワーッと曲の隙間を埋めるようなベース。
しっかりベースで支えてくれるので、曲に厚みが出る印象でした。

2D STAR』は、森くんがエレガットで弾き語る時、間奏でベースソロのフレーズを弾いていたので、ずーっと気になっていました。
紺ちゃんのベースで聴いたらば予想以上!
いつも森くんが弾いていたフレーズの後は、スラップなんですね!へー。
とにかく、やっと聴けて良かった♪
早く次聴きたい!アルバム早く欲しい!

今回のライブでは、入場者全員に、『MOTTAINAI ANTHOLOGY Vol.2』のCDが配られました。
やっぱり猫にお熱なんです』と『Lovely Days』のデモ音源ですが、森くんのデモ音源は、ほぼほぼ完成形なので、「これがデモ!?」っていうくらい驚いちゃうんですよね。
Lovely Days』の終わりの終わりには、よくよく聞くと、鈴虫の鳴き声が入っているのだと森くん。
当時、住んでいた家が公園の近くだったからだそう♪

で、このCDには一枚一枚、森くん自らが押した「MOTTAINAI ANTHOLOGY」のスタンプが。

d0108969_11054383.jpg

ところが、このインクは水溶性だったためか乾いておらず、聴く時にプレーヤーでぐるぐる回ると、インクが飛び散るわけで。
この状態が、森くん曰く
「(アメリカのヘビメタバンドの)メタリカ(Metallica)のロゴみたい」
だと。
こんなふうに失敗してしまった3枚のCDには、お詫びにサインしたそうな。

で、私もウチで回したら、しっかり「メタリ化」したんですよ!
なんかイイ感じでしょ。
インクが赤いのがポイントですよね♪
プレーヤーの遠心力がよくわかりますよね(笑)。

d0108969_11060664.jpg

Funk Redemption』から、肇ちゃん登場!
相変わらず、アグレッシブなヘアー(^^;
森くんにも
「河内くん相変わらずだねぇ」
なんて突っ込まれていて(^^;

この前、新幹線移動中の肇ちゃんがツイッターにアップされていましたが、やっぱりステージと同じようなヘアーで、なんだかスーパーサイヤ人のようでございました(笑)。
こうなると、肇ちゃんの寝起きの頭も気になりますねぇ(^^;


(その3につづく)

[PR]
by june_h | 2015-04-27 11:04 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今回のライブ会場の最寄りは鶯谷駅。
山手線と京浜東北線のダイヤが乱れていて、遅れそうになった方々もいらっしゃったようですが、開場も開演も15分押しだったので、なんとか間に合ったのではないでしょうか(^^;

私は、元々、日比谷線入谷駅から向かう予定だったので、影響ありませんでしたが、思いのほか早く着いてしまったので、入谷鬼子母神に立ち寄らせていただきました。
そう、あの「恐れ入谷の鬼子母神」の語源でございます。
d0108969_00493856.jpg
客電が落ちて、ステージ下手の階段から降りて来たのは、もちろん、今日の主役の森くん!
キネマ倶楽部は元キャバレーなので、珍しい造りになっているのです。


<セットリスト>
1. ひとりじゃないさ(森 弾き語り)
2. Freaky Boogie(以下 森、高田、紺野)
3. 悪魔の提言
4. ゼロ地点
5. Invisible Chain(仮)
6. Neophilia
7. Waterdrops
8. Funk Redemption(以下 森、高田、紺野、河内)
9. Lovely Days
10. 憂鬱
11. Avalanche
12. 密室
13. 2D STAR
14. やっぱり猫にお熱なんです
15. おいしいパン
16. MY☆GIRL
17. CYCLONE
18. 愛のBeat

<アンコール>
19. 英雄の誕生(森、町田、紺野、河内)
20. 交差点(森 弾き語り)

森広隆:Gt.&Vo.
高田真:Drs.
紺野光広:B.
河内肇:Key.



まずは、弾き語りで『ひとりじゃないさ』。
最初の弾き語りは『愛のBeat』か『いいんです』のパターンが多かったので珍しい!

この後、バンドメンバーが登場。
森くんの後ろに立っているのは、見慣れないベーシスト・・・・・紺ちゃん!?
いつもは、ニット帽をかぶっているのだけど、サラサラショートヘア。
後で、森くんに突っ込まれて、
春物です
って答えてましたけど(^^;
紺ちゃんは、モトがイイのでステキです♪
ショートヘアになったらなったで、今度は、ニット帽だった時の中身も気になりました(^^;

いきなり序盤で『ゼロ地点』。
客席はアゲアゲ!

やっぱり、森くんの曲は、スリーピースでないと、全貌がわからないわけで。
バンドで聴けるってだけでニマニマしてしまって楽しい(≧∇≦)
そして、森くんのエレキギターもどんどんレベルアップしています。

いつもは私、欲張って、なるべく前の方に行くのです。
でも、この日は初めて、後ろの方で聴きました。
気づいちゃいました。

こんなに音がイイんだ!

前の方だと、間近で見られるのは嬉しいのですが、アンプが近すぎて耳がおかしくなったり、ボーカルがあまり聞こえなかったりすることもありました(^^;

でも、後ろは、音のバランスがイイ!
当たり前のことですが、今まで知らなかったなんて、もったいなかったかも。
そして、男性が多いことにも気付きました。
森くんの音楽のファンは、プロアマ問わず、音楽やってる人が多いですよね!
これからは、整理番号が悪くても、落ち込むことは全然ないってことですね(^^;

バンドで3曲、終わったところでMCタイム。
森くんが
「この前、サミットに行って・・・・・」
と、話し始めたので、何のサミット!?とか思ったら、スーパーの「サミット」でした(^^;
で、深夜のサミットに行ってバナナを買おうとしたら、プリキュアのシールが貼ってあるバナナしかなくて、40歳にもなろうという男性が、レジに持っていくのが恥ずかしかったという。

私には、全然、恥ずかしいと思えなかったので、後で、妹の旦那(森くんと同じ年頃)に訊いてみたけど、やっぱり恥ずかしくないとのこと。

結論。
もし、本当のプリキュアマニアだったら、まとめ買いするから大丈夫だと思います(笑)。

ここで森くんが、サミットで流れているBGMをギターで弾き始めました。
すると、ドラムの高田さんもベースの紺ちゃんも森くんに追随。
BGMを知っている人によると、完コピだったようですね!森くんバンド恐るべし!!
ちなみに、サミットのテーマソングは、こちらです。


(その2につづく)
[PR]
by june_h | 2015-04-24 12:24 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森くんのサポートメンバー、毎度ながらカッコいいし、何より安心感があります。

まずは、ベースの紺野光広さん。

森くんが、
「今日のライブで『酔いどれおじさん』から『ベースの弾ける酔いどれおじさん』に昇格する!?」
って言ってたけど、私の中では、ずっと前から「縁の下のベース侍」。

Twitterでの紺ちゃんは、飲んでるか、カレー食べてるか、偏頭痛をボヤいてるかのどれかのように見えるのは、きっと私の気のせいでしょう(^^;

特に、『Rabbit hole(仮)』のベース、カッコ良かったな!

森くんのベースは、ずっと紺ちゃんだから、当たり前のように聴いていたけど、紺ちゃんの存在の大切さを、最近、改めて実感します。

紺ちゃんのお友達が、いっぱい見に来ていたようで。
終わった後、イチ早く客席に来て、お友達とワイワイ楽しそうでした♪


それから、ドラムの村石雅行さん。

今回のライブでは、村石さんの周囲に、カメラがいっぱい仕掛けられていたらしく。
マルチアングルから、村石さんのドラムさばきを激写するという、マニア垂涎の映像を撮るんだそうな。

森くんは
「よりによって僕のライブで・・・・・」
なんて、卑下していましたが、森くんの曲だからこそ、村石さんの魅力が存分に引き出されるのでしょう!
今回の『コーラナッツウイルス』のドラムも素晴らしかったです♪
村石さんのドラムは、シンバルが好きだな♪


それから、キーボードの河内肇さん!

肇ちゃんと森くんとのセッション、本当は、もっと見たいんです。
バンドのライブなどでしか見られないのが、ひたすら残念!

今回良かったのは、二人がセッションした『雨は止まない』。
1番は、キーボードの伴奏。2番から、森くんのギターも入って。
こういうアプローチ、初めてかな?
新曲の『Waterdrops』もですけど、森くんの恋心って、雨のように降り注ぐイメージなんですね。



今回のライブで、バンドのアレンジで初めて披露されたのが『憂鬱』。

森くんの曲の醍醐味は、ファンクの要素と、ギターのカッティング。
それに加えて、複雑なシンコペーション?リズム?で作るグルーヴってのがあると思います。
この『憂鬱』もそう。
Trash』と同じくらい、リズムが難しそう。
バンドの一人でもリズムがズレたら、全然違うものになっちゃう。

退屈病』なんて、その最たる曲で、変拍子な上にリズムが複雑。
作った森くん本人が、演奏している時に、手で拍子を取らなきゃいけないくらい(^^;
なんで、こんなに複雑なリズムなのに、頭で作った感じじゃなくて、グルーヴ感が出るんだ!?みたいな。

『退屈病』を初めてCDで聴いた時、
「やっぱ、この人、天才だぁ!」
って、笑いが止まらなかったの、よく覚えています(笑)。

シカオちゃん(スガシカオ)が昔、自分のラジオに森君をゲストで呼んだ時、
「(『並立概念』のアルバムについて)スリーピースで、なんか、ワーって勢いで作った感じだよねー」
って言ってたけど、それは違うな。
めっちゃ緻密に計算しないと、こうはならないってば(^^;


最近、森君が『コーラナッツウイルス』のライブ版を動画でアップしてくれました♪
去年の大阪でのワンマンライブ。
メンバーは、今回のライブと同じ。
メンバーそれぞれのテクニックをご堪能あれ♪

[PR]
by june_h | 2014-10-16 12:27 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)