作家の村上龍さんと、エネルギーを研究している山岸隆さんとの対談。

「超能力」から「能力」へ―宇宙的な未知の力を身近なソフトウェアに (講談社文庫)

村上 龍 / 講談社


山岸さんは、エネルギーを感じたり、見たりできて、そのエネルギーを利用して人を治療しできたりする、いわゆる「超能力者」です。
でも、一人一人の患者を治療するということには、あまり興味が無いみたい。

薬科大卒の薬剤師で、製薬会社に勤めていただけあって、こうした能力を科学的に研究。
自分が直接、相手にエネルギーを送るのではなく、CDのような媒体にエネルギーを転写して、聞いた人に同じような反応を起こす、というようなことをなさっていたようです。

ちなみに、私も山岸さんが開発した「パパベル」のCDを聞きました。
次の日、なんとなーく体がダルくなりましたね。

いろいろ、エネルギーについて面白い話があって、
「東大寺のある仏像は本体からエネルギーが出ているが、それを写真に撮ると写真から同じエネルギーが出る。しかし、エネルギーがないものを写真に撮ってエネルギーを入れてもダビングできない。」
のだそうです。

病気に関する話も興味深かったです。
「緊張した筋肉にガン細胞を植えつけるとよく繁殖する」
とか。
交感神経優位な状態がずっと続くと、病気になるので納得です。

それから「母性略奪性体重増加不良」。
孤児に見られる体重増加不良らしいのですが、人間に必要なのは食べ物だけではなく、作ってくれる人のエネルギーもなのかもしれません。

その他、治癒する過程で一時的に症状の出る「瞑眩(めんげん)反応」とか、「クラスターが小さい水の方がエネルギーが入りやすい」とか、ホメオパシーを勉強している身として納得できる話がありました。

目に見えない世界を研究している山岸さんは言います。

「科学でも最先端にいる人は分からないことのほうが多い、ということを知っている。最先端にいる人々は、意外と我々に対して理解がある。それよりもセカンドの人たちが駄目。」

本当の科学者なら、頭ごなしに否定しないで「わからないけど何かある」と思うのが、あるべき姿勢ですよね。
[PR]
by june_h | 2016-02-22 21:15 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)