歯の詰め物(アマルガム)を除去する前、私の手のひらは、こんな状態でした。
これは、2010年10月の写真です。
d0108969_12243436.jpg

手のひらの湿疹と痒みがひどく、顔を洗うのも痛みを伴うほどでした。
こんな状態が、歯の詰め物を除去した時も、ずっと続いていました。
d0108969_12245562.jpg

歯の詰め物を除去してから数週間後、変化が起こりました。

湿疹が急激に悪化したのです。

湿疹が手の甲にも広がり、皮が剥けて鱗のようになりました。
せっかく高いお金を出したのに、こんなことになってしまうなんて・・・・・。
かなり後悔しました。

しかし。
数週間後、今度は急激に湿疹が消えていきました。
数か月後には、手の湿疹がほぼ消えたのです!

今は、こんな状態です。
d0108969_12253173.jpg

時々、痒みはありますが、湿疹は、ほぼなくなりました。
当然、痛みもありませんし、料理をするにも、ちゃんと素手でできるわけです。
こんなに嬉しいことはありません♪
d0108969_12254458.jpg

ホメオパシーのレメディも、助けてくれました。
特に使ったのは、次のレメディです。
・シイピア(Sep.)200C
・ヘパソーファー(Hep.)200Cとアーセニカム(Ars.)200Cを交互に
・ソーファー(Sulph.)30C

これらのレメディに共通するのは、「水銀の害に良い」と言われている点ですね(^^;

私個人の経験なので、他の人に当てはまるかは、わかりませんが、金属アレルギーがあって、皮膚などにしつこい持病を抱えている人は、歯の詰め物を疑っても良いかもしれません。

メタルフリー治療大作戦1:歯医者でアマルガム発見!
メタルフリー治療大作戦2:私は金属アレルギーだった!?
メタルフリー治療大作戦4:体内ミネラル年齢が若返った!
[PR]
by june_h | 2012-08-06 12:28 | 健康 | Trackback | Comments(4)

先日、身体に溜まった重金属の値を調べるために、毛髪ミネラル検査をしました。


<毛髪ミネラル検査とは>
体内の不要なミネラルは、便、尿、汗から主に排出されますが、爪や毛髪からも排出されます。
血液や便でも、ミネラルの含有量を調べることができますが、日ごとの変動が多いし、体内のホメオスタシスが働いて、結果がうまく出ないんだそうです。その点、毛髪なら、長期間かけてゆっくり排出されるので、体内に蓄積されているミネラルを正確に計ることができるそうです。


<毛髪ミネラル検査の方法>
自分の毛髪をいくらか切り取って、簡単な問診票を書いて、研究機関に送るだけです。
私は、ら・べるびぃ研究所の検査キットをネットで注文しました。私が毛髪を送って2週間くらいで、レポートが送られてきます。


<毛髪ミネラル検査結果>
検査は、1.有害ミネラル(6種類)、2.必須ミネラル(13種類)、3.参考ミネラル(7種類)の項目から成っています。結果を次に示します。
基準値と比較して、ヤバそうな数値は赤で、よさそうな数値は青で示しています。


■有害ミネラル
ちょっとショックでしたね。水銀がこんなに高い数値なんて。日ごろからデトックスには励んでいるつもりでしたが。
マグロやサーモンも好きだけど、一番の問題は、やっぱ歯の詰め物かなぁ。でも、水銀の基準値って、ずいぶん高いんですね・・・・・。
砒素の数値も結構高いですね。農薬や排気ガスなんかに含まれているそうですが。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
カドミウム:Cd/3.20~25.0/2.81
水銀:Hg/1355~5324/6303
鉛:Pb/153~1392/24.3
砒素:As/13~71/51.9
ベリリウム:Be/0.12~0.94/0.42
アルミニウム:Al/1929~8478/1744


■必須ミネラル
カルシウム不足は、なんとなく予想していました。ホメオパシー的にも、元々「カルカーブ」と言って、カルシウム不足の体質なんです。
鉄はギリギリですね。あとは銅か。貧血気味だったのは、鉄分不足じゃなくて銅不足だったのか!
ナトリウムとカリウムの数値が両方高いのは、ストレスが高まっている可能性があるそうです。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
ナトリウム:Na/3047~22892/58290
カリウム:K/1971~23584/26570
マグネシウム:Mg/29689~156019/38170
カルシウム:Ca/313640~1581932/263200
リン:P/95855~141777/138400
セレン:Se/405~784/676
ヨウ素:I/71.0~626/123
クロム:Cr/12.0~106/18.3
モリブデン:Mo/14.0~37.0/30.3
マンガン:Mn/53.0~248/55.4
鉄:Fe/4414~8734/4713
銅:Cu/13387~60209/8709
亜鉛:Zn/107488~184470/127300


■参考ミネラル
コバルト、ほとんどないじゃん・・・・・。
コバルト、どうやったら摂れるの!?・・・・・ひえ、さやいんげん、ブラジルナッツ、あさり!?
あさりは好きだけど、ナッツは嫌い。ううっ。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
バナジウム:V/4.50~66.0/12.3
コバルト:Co/2.40~17.0/1.98以下
ニッケル:Ni/82.0~902/100
ゲルマニウム:Ge/44.0~144/65.2
リチウム:Li/0.44~11.0/0.68
ホウ素:B/109~487/232
臭素:Br/976~19034/2281


これらのデータと共に、ミネラルバランスに対するアドバイスや、お勧めの食材もレポートとして送られてきます。

<ミネラルバランスの崩れから考えられる症状>
むくみ、アレルギー、抜け毛、ストレス、イライラ、肌荒れ、疲労、冷え性

<私に必要なミネラル>
マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルト、カルシウム、鉄、セレン、ヨウ素、クロム、銅、リチウム


とりあえず、次の目標を立てました。
・歯の詰め物を取る(歯医者を予約しました)
・あさり、ごま、小魚を食べる
・ナッツ嫌いを克服する(笑)
・不足ミネラルを中心としたレメディを摂取する

半年後か1年後くらいに、再検査して、結果を比較したいと思います。
[PR]
by june_h | 2011-01-24 15:49 | 健康 | Trackback | Comments(8)