高松での森広隆のライブが終了!
この日は、高松で泊まりだったので、夜は、まだ時間がある♪
ということで、もう一軒行きます!

う・ど・ん・屋。

森君のライブ常連のぶんさんと、行こうとしていたうどん屋さんが、偶然一緒だったんです!
そんなわけで、ご一緒させていただくことになりました(^^)
・・・・・とはいえ、私は超方向音痴なので、ぶんさんが連れてってくれました(^^;

うどん屋「鶴丸」。
ライブ後に行こうと思っていたのは、夜8時オープンの店だから。
d0108969_1218393.jpg

私達が入った時も、お客さんでいっぱい!
店内では、うどんを切る音が響いています。
d0108969_1219010.jpg

オーダーは、もちろん!この店の人気メニュー「カレーうどん」
d0108969_12194649.jpg

食べた時、マクロビカレーを連想したから、植物系の材料が中心なんですよね。きっと。
けど、それよりコクがあって美味しい!
確かに、このカレーうどんなら、深夜に食べても胃もたれしない!
この店、夜しかやってないですからね。

ぶんさんは、カレーうどんと合わせて豆腐をオーダー。
私にもお裾分けしてくださいました(*^_^*)
カラシ味噌の味が、優しいのにピリ辛。
絶妙でした♪
d0108969_1221426.jpg

[PR]
by june_h | 2014-06-04 12:22 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

藩の政務&藩主の住居の「披雲閣(ひうんかく)」。
d0108969_1284817.jpg

かなり大きいですが、昔は今の2倍もあったんですって!
d0108969_1294053.jpg

庭園。
d0108969_12101434.jpg

日本庭園にソテツって、初めて見たかも!
d0108969_12111310.jpg

敷石が印象的でした。
d0108969_12132016.jpg

こちらも。
d0108969_12134842.jpg

ソテツも。
d0108969_12141768.jpg

雨が強くなってきてしまったので、ゆっくり見られなくて残念!
[PR]
by june_h | 2014-05-31 12:15 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

天守閣跡は、石垣が残っています。
d0108969_12225574.jpg

登ることができます。
d0108969_12232439.jpg

頂上?は、こんな感じです。
d0108969_122403.jpg

瀬戸内海を臨むことができます(夕方で天気が悪いので暗いですが・・・・・)。
天守閣があったら、もっと見晴しが良かったでしょう。
そして、瀬戸内海を行き交う船からも、天守閣が見えたら「高松に来た!」と思ったことでしょう。
d0108969_12251190.jpg

続いて、月見櫓。
d0108969_12302729.jpg

こっちはちゃんと残っています。
d0108969_1232495.jpg


(つづく)
[PR]
by june_h | 2014-05-29 12:33 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

ことでん(琴平電鉄)は、「高松築港」駅が終点。
d0108969_2045202.jpg

この駅のそばにあるのが
「高松城跡 玉藻公園」です。
d0108969_20491878.jpg

文字通り、高松城跡ですが、天守閣以外は、わりと残っているんじゃないでしょうか。
d0108969_20501935.jpg

石垣が素晴らしい♪
d0108969_20495526.jpg

城の敷地内には、水路があります。
城内と瀬戸内海を、船で行き来できたんですって!
ヴェネチアみたいですね(^^)
d0108969_20503730.jpg

「鞘橋」。
d0108969_20514831.jpg

天守閣には、この橋でしか行き来できません。
防衛的な観点からでしょう。
d0108969_20563014.jpg


(つづく)
[PR]
by june_h | 2014-05-26 20:59 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

さぁさぁ、時間が無いので、どんどん次に行きますよぉ。

片原町駅から商店街の中を歩いて10分弱。
商店街の一角にある「川福 本店」
d0108969_1213074.jpg

ここでは、シンプルに、ざるうどん!
d0108969_12143717.jpg

コシのある麺は多いですが、ここのうどんみたいに、箸の引っ掛かりが良い麺って、なかなか無いんですよね。

お土産に、ここのうどんセットを購入しました(*^ ^*)
[PR]
by june_h | 2014-05-24 12:15 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

温泉に入った後、ことでん(琴平電鉄)に乗って高松へ。
ゴトゴト、小一時間ほど揺られてウトウト。

香川で観光するにあたり、

寺orうどん、どっちにしよう・・・・・。

普通なら迷わず寺!ですが、香川では、迷わず、うどんです!即決です(笑)。

お遍路さんも、めちゃめちゃ興味あるけど、次の機会にね(^^)

それから、『水曜どうでしょう』に出てくるような有名うどん店は、車でないと行けないような場所にある場合が多いので、今回は、電車と徒歩で行ける店のみです。

ホテルに荷物を置いた後、調べておいた、うどん屋へ。
ことでん瓦町駅から徒歩10分くらいの場所にあります。

「手打十段 うどんバカ一代」
d0108969_11594396.jpg

芸能人のサインがいっぱい!
d0108969_120679.jpg

私が頼んだのは、これ!

釜バターうどん

大粒の黒コショウがポイントです♪
生卵を割り入れて、だし醤油を加えて混ぜ混ぜしていただきます。
(ちくわ天をトッピングしました)
d0108969_126463.jpg

食すと、和風カルボナーラの雰囲気。
バターが好きな私には、嬉しい味♪

家に帰ってから、バターと卵とだし醤油で、真似して作ってみましたが、だし醤油が真似できないですね(^^;

おまけ。
帰りに瓦町駅で、ことでんのキャラクター「ことちゃん」発見!
あまり大きくないから、中の人は女性かしら子供も怖がらなくてイイと思います♪
d0108969_1264368.jpg

[PR]
by june_h | 2014-05-22 12:09 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

観光して、うどんも食べて。
この後は、ちょっとゆっくりしたいなあ・・・・・と、向かったのは温泉です♪

「ことひら温泉 琴参閣」
表通りにドンとある有名旅館(店構えを取り忘れました(^^;)。
d0108969_11595424.jpg

泊まるのは、それなりのお値段ですが、日帰り温泉なら900円で楽しむことができます(^^)
※11時から16時の間です。
d0108969_11591427.jpg

夜行バスで移動した私は、お風呂に入っていないので、とてもありがたかったです!

大浴場に露天風呂、サウナ。
宿泊客の利用が少ない時間帯なので、広いお風呂をのびのび楽しみました!

温泉に行くと、いつも思います。

写真でお見せできないのが残念です(^^;

ゆっくり温泉に浸かって、ゆっくりお化粧して。
なんて贅沢なんでしょう(*^^*)
[PR]
by june_h | 2014-05-21 12:02 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

早朝から、ほぼ飲まず食わずで、こんぴらさん&こんぴら歌舞伎を見て回って、すでに11時近く。
おなかが空かないはずがない!
というわけで、香川と言えば「うどん」!
名前はズバリ「こんぴらうどん」!
d0108969_23104782.jpg

琴平駅から歩いて5分くらいの場所にありますが、少々わかりにくい場所にあります。
表通りから、「こんぴら温泉 琴参閣」の裏を回るように進むと、見えてきます。

お昼近くでしたが、空いていてラッキーでした♪

製麺工場の併設店なので、注文を受けてくれたおばちゃんの後ろで、機械がガシャガシャ動いています。
d0108969_23125896.jpg

かけうどん170円。
鳥天110円。
レンコン天110円。
合わせて390円也。
安い!ですけど、これでも、4月から、消費税増税と材料費高騰で、20円値上げしたそうです。
d0108969_23132092.jpg

麺は、ほど良い軟らかさで、疲れたおなかに優しい感じ。
美味しくいただきました♪

・・・・・香川で、マク○ナ○ドがはびこらない理由がわかりましたよ(^^;
[PR]
by june_h | 2014-05-19 12:09 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

奈落は、暗くて、ひんやり。
d0108969_12191743.jpg

さすがに暗すぎるので、フラッシュをたきました・・・・・何かいそうだし(^^;
d0108969_12205366.jpg

回り舞台の真下。
昔は、奈落の人足が、人力で動かしていたんですよね。
ワケありで、顔を出せない人が働いていたというウワサも(小山観翁さんの本より)。
役者さんたちは、奈落の人達に親切にしないと、嫌がらせをされたらしい。
悪い遊びは、奈落の人達に教わったという話もあったり。
d0108969_12222994.jpg

奈落も、天井が低いです。
早変わりなんかで、役者さんが奈落を全速力で走ったりしますが、私の身長(165cm)でも危ないと思います。
d0108969_12242972.jpg

芝居小屋を出ると、修学旅行生がいっぱいで、注目浴びちゃいました(^^;
[PR]
by june_h | 2014-05-17 12:25 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

舞台裏も見学できます。
d0108969_12183637.jpg

舞台裏は、役者さんや裏方さんの楽屋になっています。
こちらは大部屋役者さん用。
d0108969_12192594.jpg

とにかく、天井が低い(^^;
d0108969_1220567.jpg

江戸時代の成人男性の平均身長を基準に作っているのでしょう。
海老蔵さんや吉右衛門さんは、始終気をつけていないと、頭を打ちまくりますよ(^^;

次は奈落です。

(つづく)
[PR]
by june_h | 2014-05-16 12:24 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)