ナビカフェは2度目。
そして、今回も昼夜とも参加してしまった(^^;


<昼の部 セットリスト>
1、恋はsalt。
2、マッコー。
3、ブルーバードマーチ。
4、ローファイブルーライト。
5、ゲッダンジェラシーラブラブユー。
6、ハローとバイバイ。
7、踊ろうよ今日は世界がディスコ。
8、weekendが終わる前に。
9、オトナノオンナトオトナノオトコ。
10、タイサナイ。
11、NANDEpart0。
12、さよならマイナーセブンス。
13、ハイスピード(仮)
14、夕暮れマドモアゼル。
15、ラブドリームユートピア。

以下おまけ。
16、オトナノオンナトオトナノオトコもう一回。
17、毎日がbrandnewday。
18、アンコールは永遠に。


昼は新曲中心。
バンドでも早く聴きたいですが、弾き語りだと、コードと歌詞とメロディと、その曲の骨組みがよく分かります。
YANAKIKUとのコラボ曲『オトナノオンナトオトナノオトコ』は、なるほど、こういう歌詞だったのかと。


<夜の部 セットリスト>
1、超goodtime。
2、カメレオマン。
3、アカラサマLOVE。
4、Rin!Rin!Hi!Hi!
~タカチカ登場~
5、ダンサー。(twichem)
6、恋に落ちて。(小林明子)
7、ニュートリノシンドローム(タカのリードギターとハモリで)
8、CNK(twichem)
9、like a 花鳥風月(タカの歌唱で)
10、悲しくて泣いてるんじゃない(仮)(高近政義)
11、starman(davidbowie)
12、ラブラボイス(SECADE)
13、トワイライト(twichem)
14、ハローアゲイン(my little lover)
15、ニュートリノシンドロームもう一回
16、アンソロジーソング(twichem)
17、wow war tonight(H Jungle with t)


夜はタカチカくんの声をナマで聴いてみたかったので、とても楽しみにしていました(^^)

最初はハッさんが、盛り上がるような曲をいくつかやって会場を温めてくれて、その後、タカチカ登場・・・・・かと思いきや、タカチカくんがいない。
慌てて呼びに行くハッさん(^^;

タカチカくんは地声も歌声とそれほど変わらなかった。
やっぱり、ナマで聴くとウットリするような色気のある声!
B'zの稲葉浩志と椎名林檎の要素が両方入っているような不思議な声。
アンニュイな歌だと最高にハマります。

ギターのハッさんとボーカルのタカチカくんが若い頃やっていた「SECADE」というバンド、どんだけ若い音なのかなーとドキドキしながら音源を初めて聴いた時、メッチャ上手くて
「ええーーっ!?」
って思わず叫んじゃったもんね(^^;
SECADE時代の曲も歌ってくれて嬉しかったな♪

ちなみに私はSECADEだと、特に『』が好きです。
twichemの『ダンサー』もカッコイイので、CD購入させていただきました♪

ハッさんとタカチカくんの声は全然、声質が違うのですが、二人でハモると息ピッタリ!
ハッさん、よく合わせられるなあと感心。
長年、タカチカくんの声を聴いているからですね。

小林明子の『恋に落ちて』をカバーしていましたが、この曲、不倫の曲だったんですね!知らなかった(^^;
タカチカくんが、友達の結婚式でこの曲を歌ったことがネタになっているみたいですが、私も知らずに高校の合唱部で歌っていましたよ(笑)。
だから、ラストの英語の歌詞とか懐かしくて、私も口パクで、二人と一緒に歌っていました。

それにしても、二人の関係性が面白くて。
タカチカくんは、ハッさんより年上だけど、ハッさんがリードしながら(お尻を叩きながら?)ライブを進めていってました(^^;
休憩中もハッさんがタカチカくんの世話を甲斐甲斐しく焼いていて。

二人がフォークデュオ「ココロコンニャクズ」を結成するようです。
略すると「コココン」でしょうか(笑)。
この二人なら、MCはハッさんに任せて、タカチカくんは「ミステリアスなボーカリスト」として、歌うことに徹して欲しいです(^^;

[PR]
by june_h | 2017-04-06 20:31 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)