脳科学者中野信子さんの本。


運のいい人は、利他精神があるとか、他者のために祈るとか、敵のために祈るとか、スピリチュアル系で言われている話にも通じます。

私も、中学生の頃から寝る前の祈りは欠かしたことがありません(特定の宗教というわけではありません)。
最初は自分の願いが叶うように祈っていましたが、大病してからは、その日無事に過ごせたことへの感謝をするようになりました。
今は、他人のためにも祈るようになり、私を傷つけた人への感謝、決して想いが届くことのない人の幸せも祈っています(笑)。

脳内物質のセロトニンが多い人は幸福感が高いけど、多すぎると不安感が無いので、先のことを考えず、援助交際のような反社会的行動を取りやすい、という話が、興味深かったです。

スピリチュアル系のヒーリングは不安感を無くすようなアプローチをするものがあるけど、やり過ぎたり誤った方向に行き過ぎたりして、自我が肥大して反社会的な行動も許されると思っちゃうのに、メカニズムが似ていると感じました。

[PR]
# by june_h | 2018-02-11 22:12 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

日本の歴史には、天皇家や将軍家などの家系図が出てきますが、これらはあくまで男系の家系図。
女系の家系図にしてみると、全く違った日本史が見えてくる。そんな本です。


壇之浦で滅んだはずの平氏は、女系では全く滅んでいなくて、むしろ源氏より繁栄していたとか!

この本の著者同様、私も小さい時から家系図が好きで、架空の家系図を書いて遊んでいました。
特に、古代の家系図は、近親相姦が激しくて入り組んでいて面白いなあと(笑)。
一夫多妻だったので、権力者の家系図なんて、タコ足みたいになるんですよね(^^;

平安時代は女性の地位が高くて、摂関家のような名門に生まれても、母親の実家の力によって、その後の人生が決まってしまったそうです。
確かに、藤原道長を例に見ると、母が源倫子の子供達の方が、源明子の子供達より、地位も嫁ぎ先も格段に良いのが分かります(^^;

あと、権力者は周囲の女性とヤリたい放題ですね。
紫式部なんかの女官は常に、宮中に出入りする貴族の男性からレイプされる危険と隣合わせでもあったわけで。
封建社会において、身分の低い者の人格は無いのですね。

摂関期から院政期にかけて女性の地位が低下していったという話も納得しました。

[PR]
# by june_h | 2018-02-10 13:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

■1月11日(木)新宿Marble
ハシグチカナデリヤ/しなまゆ/littleneem/奮酉/アイラヴミー
新年一発目はヒトリ演奏。ハッさんのスケジュールの都合で、リハ無しブッツケ本番だったらしく、音の調整に苦労していた。
littleneemは、キーボードの子がスゴかった!


■1月16日(火)吉祥寺SHUFFLE
ハシグチカナデリヤ/ulma sound junction/EMPTY KRAFT/URBANSKY/GET BILL MONKEYS
d0108969_21023747.jpg

私の一番好きなスリーピース。この日は珍しくベース側で聴いていたので、遠藤くんの「ニュートリノシンドローム」のベースが実はとてもカッコいいことに今さら気づきました(^^;
あと、隊長のおかげ?か、アンコールで「アカラサマLOVE」が聴けたので嬉しかった\(^^)/
対バンで度肝を抜かれたのは、ulma sound junction。
このバンドだけ別次元。プログレ?ヘヴィメタ??ジャンルレス。デスボイスな部分もメロディアスな部分もパーフェクト。しかもヴォーカルは五弦ベース弾き語り!もうワケワカラン(;゚д゚)日本人に媚びてなくてワールドワイドに人気出そう。
この手の音楽は苦手な部類に入るけど聴いてて全然イヤじゃなかった。ヴォーカルの力量とアレンジの巧さのナセルワザ。



■1月22日(月)渋谷DESEO
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ/藤田恵名/オトループ/はらあやの
この日はライブハウスに足を運んだものの、大雪で電車が止まりそうだったので、3月のライブチケット購入後、泣く泣くトンボ返り。なかなかの好カードだっただけに悔やまれるけど、無事に家に帰れれば、ライブはまた行けるのですから。
d0108969_21025733.jpg

■1月27日(土)新宿ナビカフェ
杉本ラララ/ハシグチカナデリヤ
杉本ラララくんとハッさんでナビカフェ。開場前、寒い外で並んで待っているお客さんに、杉本くんがカイロを配ってくれた!
二人がカバーしていた松任谷由実の『春よ、来い』、私、大好きなのよね♪杉本くんが、「松任谷由実の、春よ来いという曲」と、紹介したら、ハッさんが「誰もが知ってる名曲を「という曲」と紹介するとは何だ!?」と、突っ込んでいた。
私は言われなきゃ気づかなかったし、若い人は知らないかもね(^^;
二人でセッションした『イメイジ』、杉本くんがコーラスすると別モノ!曲の世界観が変わる!!
私、『イメイジ』がとても好き♪
どれくらい好きかっていうと、来世、生まれ変わる時のテーマソングにしたいくらい!
d0108969_21031252.jpg

[PR]
# by june_h | 2018-02-09 20:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

久しぶりに内田老師の本読んだな。
自著を解説した本。いわばセルフライナーノーツ集ですけど、こんな本まで出版社が出すなんて、先生の本は、よっぽど売れるんでしょうね。
ちゃんと読んでない本もあるので、要点が分かって得した?気分です。

先生を講演会に呼ぶ人や団体は、先生とか医師とか自衛隊とか「現場」の人が多いんだとか。
限られた有り合わせのもので、日々の出来事を乗り越えている人達に必要とされる言葉なんです。
頭だけの空論ではなく、身体的な実感も、こもっているからですね。

私が内田先生から教わったことで一番大きいのは、長期的な視野を持つことでしょうか。
それがために、仕事で道を踏み誤ることを防いでいられるのかも。
レヴィナスは難しくてよく分からないけど(^^;

[PR]
# by june_h | 2018-01-28 20:54 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

豊臣秀吉さんから教えてもらったという、運を上げる方法。
秀吉さんは生前、他の人の運が強くなったら困るので、誰にも教えず、亡くなるちょっと前に、秀頼くんにだけ伝えたらしい。

私も少しやってみたのですが、忘れちゃうのよね(^^;
方法自体は難しくないのだけど、忘れないようにするのが難しいわ(^^;;;

確かに、願いを強めるのではなく、感謝するというアプローチなので、納得できる方法です。

識子さんが語る秀吉さんは、よく動く働き者で、ルックスにコンプレックスがあったとのこと。
なんか想像できます。

[PR]
# by june_h | 2018-01-26 09:55 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)