人気ブログランキング |


■4月13日@HMV渋谷インストアライブ
私、この日は参加できないはずだったのに、なぜだか行けてしまいました(^^;
それなりに人は集まっていて良かった\(^o^)/

何はともあれ、待望のアルバム発売おめでとう。
きっと裏でいろいろあって苦しかったよね。
ライブ後に帰宅して、ようやく新しいアルバムを手にできました!
未発表だった曲を中心に予習予習!
d0108969_23562590.jpeg

■4月14日@代官山LOOP
ハシグチカナデリヤの【遺言ロマンティック】リリースツアー 〜けっきょく名曲大冒険〜。代官山編
ハシグチカナデリヤ / サナダヒデト(BAND) / ダイナマイト☆ナオキ / オトループ / 小豆原一朗(ex.パンパンの塔)

ナオキさまトップバッターなので、この日は最初から行かねばと思いましたよ!
宵の口に大勢の女子の前で爽やかに下ネタを歌える人は、この人しかいないでしょう(笑)。個人的には小豆原くんの帽子が気になって、思わず本人に話しかけてしまった(^^;
ハッサンのセトリには、CDの未発表曲が無かった!
一生懸命、新曲覚えていったんだけどな(^^;
ドラムがマーシー君だったからかな?マーシー君のドラム良かった!ちゃんと重くて、他の皆の演奏をしっかり支えていましたよ!
d0108969_23554994.jpeg

■4月18日@浅草Gold sounds
松田栄作/ハシグチカナデリヤ/Goodies/将星/草川瞬/マラマラマ

この日はヒトリ演奏でしたけど、「ハイレゾ・ガール」が聴けて良かったです♪
間奏が変拍子なので、一生懸命拍を数えながら聴きます(^^;
Goodiesさんは2回目。
名前が普通名詞?だから、検索してもすぐに出て来ないのがもったいないんだよねー。
d0108969_23552871.jpeg

■4月22日@新宿September2号店
ココロコンニャクズワンマンライブ

2号店は初めて。やっぱり歌舞伎町のド真ん中(^^;
高近くんはヒサビサ!やっぱり歌ウマい。なのでいろいろ残念(^^;
Travisの「turn」をカバーしてたんですが、高近くんは耳が良いので、Travisを知らない私が、スコットランドのバンドだと分かるくらい、ボーカルの訛りを完コピしててビックリ!
私がイギリスでお世話になっていた地域の人たちが、スコットランドからの移住者が多かったので、ホストファミリーとか、老人ホームのおじいちゃんおばあちゃんたちのこととか思い出して懐かしくなっちゃった(^^)


■4月28日@新横浜LiT
タキザワユキヒト/ハシグチカナデリヤ/twichem/谷川正憲(UNCHAIN)

twichem久しぶり♪
高近くんのMCあざといわぁ(笑)。でも、これくらいやってもらわないと。
久しぶりに海保くん&豆ちゃんのスリーピース。
海保くん、社長業忙しくなっても、ちゃんとドラム叩いてくれて感謝!
ドラムなのにテンポが走るっていう(^^;
d0108969_23560767.jpeg

# by june_h | 2019-07-03 21:20 | Trackback | Comments(0)

新百合ヶ丘は遠いし、23時超えとかになってガチで終電になることが多いので、最近は優先度が低いのですが、この日は私の誕生日でしたから(^^)

<セットリスト>
1. 風の卵と眠る太陽
2. ネオフィリア
3. I Got My Passport
4. 並立概念
5. 愛に満ちあふれる島
6. So bright(with ルーパー)
7. 夜行性

(以下後半全てベースSimon Koperuと共に)
8. Dispel magic(with ルーパー)
9. Cyclone
10. groovecaster(with ルーパー)
11. Present time(with ルーパー)
12. Pebama
13. 密室
14. Pretty baby(with ルーパー)
15. Everything is for you(with ルーパー)
16. 僕という病(with ルーパー)
17. メガロポリタンズファンク(with ルーパー)
18. 愛のBeat
en1. My☆Girl(ルーパー)
en2. ゼロ地点

この日、午前中の仕事がなくなって、あまりにも時間が空き過ぎて、有楽町から梅が丘まで歩いちゃった(笑)。
有楽町から新宿は8kmくらいしかないので、2時間で踏破できちゃう。
山手線内は意外と狭い。
d0108969_00015009.png

ベースが違うと全然違いますね!4ビートの愛のBeatを初めて聴きました(^^;
difficultなベースだとつくづく思いますが、サイモンさんに弾いてくださって感謝です。
先日、ベースの岡雄三さんが亡くなって、岡さんのベースを思い出しながら聴いていたのでした。

森くんが言ってたように、打ち込みの音って平面で奥行きがないように感じますね。ナマ音だと「情報量が多い」というのは、なるほどです。やっぱり、ライブはカラオケとかじゃなくて生音が一番イイ♪
d0108969_00012333.jpeg

# by june_h | 2019-07-03 20:50 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今回のアルバムを聴いてまず思ったのは
「激しく引き裂かれている」
夢と金、白と黒、左と右。。。。。対義語の歌詞が多くて。
何をそんなに悩んで迷っているのか??というくらい(^^;

彼の歌は大抵
「頑張る頑張る」か「悲しい悲しい」
の二択なんですが、今回は
「頑張る頑張る」と「苦しい苦しい」
の二択でした。

「遺言ロマンティック」のタイトルも、実は対義語。
「遺言」がタナトス、「ロマンティック」がエロスですもん。


◆イメイジ
この曲は、アルバムの最後だと思ったら、最初だったので意外でした。
来世に持っていきたいくらい好きな曲です。
影を描くことで光を際立たせる歌詞。
後ろへ下へ引きずり込まれそうになる中で、
前へ上へ向かうベクトルを感じます。

ライブでは、ラスサビ前の間奏で、
人生を愛おしむようなギターソロが入るのですが、
(ホントはストリングスでもイイなあ)
アルバムでは無かった。

でも、ここでギターをいれちゃうと、
前後の盛り上がりが強調されなくなるから、
これはこれで正解なんだと思う。
ギターソロはライブで聴けばイイんですから。


◆恋はsalt
私だったらこの曲を最初にするかなー。
音数が少なくてカッコイイ!
ザクザクしているギターリフを聴くとゾクゾクします。
同じく音数が少ない「マッコー」が収録されてなくて、
ちょっと残念!


◆ビビッドワールド
このアルバムの中では歌詞が最高!
言葉選びが絶妙なバランス。
「君をもっと知りたくて少し深呼吸した」
のフレーズ気に入ってます。
「はにかみ屋さん」な雰囲気が上手く表現されています。


◆オトナノオンナトオトナノオトコ
YANAKIKU提供曲のセルフカバー。
短期間でできた曲だそうですが、
この歌詞まで短期間でできたんだったら天才だと思う。
アレンジはYANAKIKUのも好きです。
「僕のレーザービーム」に照れが入っててカワイイ♪
「Super crazy love」も収録して欲しかったんですが、
この曲とコンセプトがカブってしまいますね。


◆ハイレゾ・ガール
ハイレゾという言葉が一般的ではないので、
知らない人には「ハイレグ」に聞こえないか心配です(^^;
サビの後ろで鳴っているアルペジオが、
ファイナルファンタジーのオープニングみたいだ。
そして、変拍子からの大サビは、
稲葉浩志が乗り移ってます。

これ、未収録の「Basement lover」と
コンセプトが同じかな??


◆悩んで病んでyoung days
これは彼の「頑張る頑張るソング」の最高峰だと思います。
彼が歌っている時の、何をも突き破るようなキラキラしたエネルギーは、
迷いの中から生まれているんだってよく分かるし、
こんな曲が書けるなんてホントいつまでも若い!
私の年齢の時の自分は、こんな若くなかったな。。。。。と、ふと思います。


◆これだと思ったけど違った件
この曲は前アルバムの「dandy man」と出だしが同じで、
「イイワケナイ」のコンセプトを引っ張っている感じです。
この曲と合わせて「Weekendが終わる前に」も入れて欲しかったなー。


◆踊ろうよ世界が今日はディスコ
このイントロは、十六分音符で
ギターが鳴っているように聞こえますが、
ライブだと、八分音符で弾いて、
リバーブかけて十六分音符で聞こえるようにしているそうです。
CDの音源はどうなっいるのかは
分かりませんが。

ライブでいつも思うのは、
ギターはルーパーがあるけど、
ベースやドラムはルーパーがないので、
リフを延々と漕ぎ続けなければいけません。
ギターはズルい?いやいや、
ボーカルもあるので、
結構忙しいですよね。

この曲のベースは、ライブでは
遠藤君は全部1弦だけで弾いているので、
(最近はアレンジが進んで、1弦だけじゃなかったりするけど)
見てると面白いです。


◆タイサナイ
彼は器用なので、その気になれば、
ジャズでも演歌でも童謡でもなんでも
作れると思うのですが、
不思議なことに、この曲は、
ファンクの文法に従って作っているはずなのに、
全然、ファンクっぽく聞こえないんです。
けなしているわけじゃなくて、
それが彼の曲の個性なんだと思う。
彼はあんまりブラックミュージック通ってなくて、
どちらかと言うと、ブリティッシュロック好きだしねー。


◆弱くてもNEWGAME
最初に聴いた時、
ゲームのラスボス戦みたいな曲だと思ったら、
やっぱりそういうコンセプトなのかしら??

ベースリフもギターリフも結構好きな曲ですが、
聴いていて、とにかく苦しみが伝わってくるので、
私も苦しくなります(^^;
未収録の「宇宙ダンス」もこの曲に似ていて、
ベースのリフがカッコイイんだけど
やっぱり苦しみが伝わってくるので、
苦しい(^^;;;


◆跳ねる球体の軌道の記録
彼は、スケール感だったり浮遊感だったりを
表現するのがのが上手くて、
この曲も聴いていて、別世界に連れて行ってくれます。

彼の曲は、途中でテンポが変わったり、変拍子になったり、
一つの曲の中にいろんな世界観が詰め込まれていて、
最初は馴染めなかったんですが、
慣れてくると、これはこれで
いろんな世界が体験できて楽しいです。


◆ユートピアリ
この曲の後ろで鳴っているリフが
キラキラしていて好きです♩

ユートピアって、探し求めてたら
いつまでもたどり着けなくて、
今が、ここが、最高最善のユートピアなんだと、
決めた時から、世界はきっと変わるのだと、
私自身は勝手に思っています。だから、
探し求める限りは
ずっと苦しみは続いてしまうのではないかと、
見ていて辛くなったりするけど、
この苦しみこそが生きている実感であって、
それを味わえることこそがユートピアなんだという発想も
あるのかな。。。。。と、この曲を聴きながら
考えた次第です。

# by june_h | 2019-06-29 11:12 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

不動産投資に全く興味は無いのですが、テレビでこの方を見て、どんな論理で動いている方なのかしらと興味を持ちました。
不動産王とか、大企業とか、儲かる不動産投資術とかとは全然違う価値観で動いているような気がしたのです。
実際に読んで、大切なことに気づかされました。


この方の根底には、不動産に対するプリミティブな愛情があるんです。
元々、不動産が好きで、小さい時から毎日毎日、その情報に触れていたんですね!
だから、一日中不動産のことばかりやってても、全然苦じゃない。
仕事でイヤイヤやってる人とは、全然違います。

お金儲けが一番の目的ではなくて、愛情をかけられる物件しか買わないし、それが出るまで辛抱強く待つのです。
しかも、好きっていう気持ちや勘だけで動いているわけではなく、買うまでに維持費やリスクや利回りをキッチリ計算して、総合的に吟味して購入してします。

購入した後は、大好きな物件が、より魅力的になるように改装したりメンテナンスしたりするわけです。
これなら、テナントに困ることはないでしょう。

私、気づきました。よく占い師に
「私はこの仕事をすれば成功しますか?」
って聞く人いますけど、それは無意味な質問だと。

成功するかどうかは、自分が打ち込めるかどうか、心をこめられるかどうかで決まるということです。
どんなに手堅い仕事でも、興味がなければおろそかになって成功しないでしょうし、リスクが高い仕事でも、大好きで一日中取り組んでいても苦にならなければ、成功する可能性は高くなるでしょう。
プリミティブな愛情って大事なんだと思いました。

# by june_h | 2019-06-25 22:20 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら読みました。

私にとってシカオちゃんは特別なアーティスト。
私の20代はシカオちゃんと共にありました。
私が社会人になる少し前にデビューしたので、ラジオで忌憚なく喋るシカオちゃんは、仕事のできる会社の先輩のようでした。
楽曲のオリジナリティもさることながら、特に歌詞はシンガーソングライターというより、もはや文学者の域。
そして、ライブで歌えばシャーマンのように人を惹き付ける…多面的な方です。


# by june_h | 2019-06-24 21:58 | スガシカオ | Trackback | Comments(0)