「大名と領地 お殿様のお引っ越し」@明治大学博物館

銀杏爆弾と銀杏地雷を避けながら、職場から御茶ノ水駅に向かう「近道」をテクテク登っていくと、ちょうど明治大学博物館の入っている建物のウラに出ます。
前から行ってみたいな~と思っていたんですが、「常設展」が私の趣味でなく、ずっと行かずじまい。やっと、興味のありそうな特別展が始まったので、入ってみました。

「お殿様のお引っ越し」っていうから、私はてっきり参勤交代のことだと思ったら、転封、つまり「国替え」のことだったんですね(^^;

大阪の陣で豊臣家が滅んだ後、幕府は、諸大名の転封を頻繁に命じます。
引っ越しでバタバタさせて、幕府に反抗する余裕を無くそうとしたんですね。

外様大名だけでなく、譜代大名も少なからずあったようで、今回の展示は、譜代大名の一つ、内藤家の転封の記録が中心でした。

まあ、お殿様は、引っ越しっつっても「よきにはからえ」って言ってりゃ済むんだから、いいですよ。でも、実務にあたる家臣達は大変!

引っ越し準備から、引っ越し先の環境の整備、お祝いパーティーの準備、前任者との行政資料の引き続きなどなど、バタバタしっぱなし。
領地って言っても、私領の中に点在してたりして、境目が複雑。かっちり色分けできるようなもんでもないらしい。
新しい領民とのコミュニケーションに失敗すれば、「前の殿様に戻せ!」と百姓一揆がおこったり、逃散が起こったりしてしまう。なかなかシビア。
そんなこんなで、行政資料が中心の、地味ぃな展覧会ではありましたが、昼休みにフラッと行ったにしては、なかなか勉強になって良かったっす。

この特別展は、地下1階でやってたのですが、そばにある下り階段には「常設展」の看板が。
新しくてキレイな建物なんだけど、照明が薄暗くて不気味。見る気はあんまりなかったけど、一応、恐る恐る降りてみる。

そう・・・・・常設展は、国内外から集めた拷問道具コレクションなのだ(^^;

ギロチンとか、アイアンメイデンとか、拷問図とか、本で見るならいいけどさぁ、実物には何か「オマケ」がついてそうじゃないですか(^。^;;;
・・・・・入口から遠目で見るだけで帰りました(笑)。

今度は、日本大学カザルスホールに行きたい!


P.S.
明大の学生!入場料がタダだからって、美術館の中で騒がないでよっっ(- -メ)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/10402700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oomimi_usako at 2009-10-31 21:36
またしてもマニアックな!
でも何だか面白そうで、惹かれました。
我が家の殿は、もっと好きそうです。
Commented by june_h at 2009-10-31 23:17
思ったよりマニアックな展覧会でした(笑)。豪華な屏風が映っているポスターに騙されました(^^;
でもまあ、会社から近いし、昼休みに行けちゃうし、半分は、明治大学博物館に行くための口実みたいなもんです(^^;;;
Commented by つんこ at 2009-11-02 21:15 x
実は昨日、すっごく長いコメント書いたら、どうも長すぎた様で、
「何文字以内で・・・」みたいになっちゃって、頑張って削ったりしたんだけど削り切れなくて、そうこうしてるうちに、なんか消えちゃいました、、、

トホホです。
私の大好きなお寺の紹介とか書いたのですけど・・・

Commented by june_h at 2009-11-02 21:42
つんこさん、いらっしゃいませ!
あああ、それは残念!ぜひぜひこれに懲りず、遊びにきてくださいませ。長いコメントは、何回かに分けるとよいですよ♪
by june_h | 2009-10-31 20:06 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(4)