【映画】インビクタス 負けざるものたち【マンデラさんそっくり!?】

1995年のラグビーのワールドカップで、南アフリカが優勝した実話を基に描いた映画。
ストレートに感動しました!
インビクタス 負けざるものたちインビクタス 負けざるものたち
当時の南アフリカは、ネルソン・マンデラが大統領になって、アパルトヘイト(人種隔離政策)が解除された直後。
ラグビーは、南アフリカでは、白人が行うスポーツだったので、国民の大多数を占める黒人達は、ラグビーに関心が無く、南アフリカ代表チームも惨敗続きでした。

マンデラ大統領は、ラグビーのワールドカップが南アフリカで開催されることに注目。国内の白人と黒人を融和させ、世界にそのことをアピールできる良いチャンスだと考え、ワールドカップで優勝するための大作戦が始まったのです。

この映画で描かれているマンデラ大統領は、ズバリ「コミュニケーションの達人」ですね!
部下でもなんでも、いつも声をかけ、会話するときは必ず褒める。どんなに忙しくても、直接話をした方が良い時は、時間を割いて会いに行く。常に、穏やかで礼儀正しい態度を取る・・・・・などなど、リーダーシップの勉強になります。

ラグビーに対しても、彼のアイデアは、発揮されました。
まず、代表メンバーの主将のフランソワを二人きりの茶会に招いて、じっくり話をしました。フランソワは、それまでは「黒人の大統領なんて・・・・・」と思っていましたか、これを境に大統領に心酔。勝つために、メンバーに檄を飛ばします。
続いて、南アフリカ各地の黒人の学校にメンバー達を訪問させ、ラグビーを教えるようにさせました。黒人の子供達に、ラグビーに親しんでもらうためです。
そして、大統領は、練習中のメンバーの顔と名前を全部覚えて、一人一人激励しました。
大統領とメンバーによる、一つ一つの努力が積み重なって、国内外の関心が高まり、チームの成績も上向いていきます。

迎えたワールドカップ。あれよあれよと決勝に進み、最強のニュージーランドチームに勝ったとき。
チームのメンバーと、スタジアムのお客さんと、南アフリカ国民全員と、そして、映画を観ていた人の一体感を感じました!
これは是非、サッカーのワールドカップを見る前に観ておいた方が良いです(^^)


P.S.
ニュージーランド代表が試合前にやるマオリの踊り。やっぱり
「キアイイレテ ガンバッテ ガンバッテ イコウ」
に聞こえる(^^;


<関連リンク>
インビクタス 負けざるものたち(公式サイト)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/10889473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2010-03-22 21:38
タイトル : 「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカで、アパルトヘイト政策が廃止された1990年。ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、27年にも及ぶ獄中生活から解放される。そして1994年に行われた、南ア史上初の全人種参加選挙により、マンデラは大統領に選出される。これまで人種差別...... more
Tracked from ゆめ芝居 それがしの申し.. at 2010-03-24 18:54
タイトル : 「インビクタス~負けざる者たち」 見てきました
「インビクタス~負けざる者たち」 見てきました。 ラグビーファンなら、絶対見なくちゃね。 南アフリカでのワールドカップ、これはジャパンがニュージーランド(オールブラックス)に国際試合の最多得点記録を作られた大会なので、記憶の彼方に押し込めていたのですが。 そうです。色々印象的な大会でもあったのです。 実際のネルソン・マンデラ大統領自身が、どれだけ劇中のような動きをしたのか、それはわかりませんが、映画ではモーガン・フリーマン扮する大統領の政治的、人間的なすばらしさが光ります。 私などは...... more
Commented by 50TEMPEST at 2010-03-24 18:58
こんにちは。50TEMPESTです。
ホントにマンデラ大統領、すばらしいです。

さて、トラックバックの操作をミスったので、へんなのが送られてると思います。
ごめんなさい。削除お願いします。
Commented by june_h at 2010-03-24 19:04
50TEMPESTさま、コメントありがとうございます!
マンデラさんの描き方が良かったです!でも、ちゃんと、奥さんや娘さんとの不仲とか、人間らしい部分もちゃんと描いているんですよね。さすが、クリント・イーストウッド!と思いました~。
by june_h | 2010-03-22 18:16 | 映画 感想 | Trackback(2) | Comments(2)