【フランス映画】オーケストラ!【罵倒して泣きながら拍手!】

なんかわかんないけど感動させられちゃった!

ラスト12分のコンチェルトの演出で、すべて持っていかれた感じ。
それまでの三流ドタバタ喜劇とはうって変わって、ヤラれた!監督ズルい!卑怯だっ!!と叫びながら、エンディングロールで涙流してスタンディングオベーションする、みたいな、よくわからない状態に(←確かに涙は止まらなかったけど、実際にやったわけではありません(笑))。

この映画は、ロシアのある劇場から始まります。
ボリショイ交響楽団のリハーサルをこっそり覗いていた清掃係の男アンドレイ。実は彼、30年前に、ソビエトのブレジネフ政権下、ユダヤ人演奏家を擁護したことが原因で、ボリショイ交響楽団から解任された天才指揮者でした。
劇場に届いた1枚のファックスで、パリのシャトレ劇場が、演奏する楽団を探していることを知ったアンドレイは、昔の楽団員を集めてボリショイ交響楽団になりすまして、パリに行くことを計画。ここから、彼のドタバタが始まります。
実は、パリに行ってコンサートをする裏には、ある大きな「目的」があったのです。

やたらテンションが高い元KGBの共産党員をマネージャーに仕立てあげ、ロシア各地に散らばっていた昔の仲間達を探して東奔西走。

パリに行くのに、空港で堂々と偽造旅券を作ったり、ジプシー出身の楽団員の一人が仲間を集めて劇場でドンチャン騒ぎをしたり、ユダヤ系ロシア人の楽団員が、練習そっちのけで怪しげな商売を始めたり・・・・・ありえねー!と、突っ込み所満載(^^;
しかも、楽団員達は、すぐに激昂して怒鳴るし、約束破るし、遅刻するし、言うこときかないし・・・・・ここまでやると、なんかロシア人をバカにしてませんか?みたいな(^^;;;

でも、劇中で使っているオーケストラの「音」がとにかく良かったです。
ジプシーの楽団員が奏でる、メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」の音とか、荒っぽいけど味があって。いちいち琴線に触れて涙腺が弛むのよねー。フランス国立管弦楽団の音を使っているそうですね。
もちろん、最後のチャイコフスキーのコンチェルトも、言うまでもありません。

コンチェルトの演奏中、回想シーンで、彼の本当の「目的」の秘密と真実が明かされます。
ラストの演出は、あざといっちゃ、あざといんだけど、それ以上に、何か強く心動かすものがありました。

うまく説明できないけど、きっと、それは、チャイコフスキーの音楽の魂の力なのかも(^^)
パッパーッパパパ パッパーッパパパ・・・・・っていう木管楽器のリズムを聞くと、ああ、チャイコだなって思います。

映画館は連日満員!私が観た回も、最前列までギッシリ!でした!!


<関連リンク>
オーケストラ!(公式サイト)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/11028807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chabo at 2010-05-05 17:18 x
はじめまして! お邪魔いたします。
面白そうな映画ですね。
最近にわかクラッシックファンになったので、是非観に行きたいと思います。
あら、でも隣県に遠征が必要そうだわ^^;
Commented by june_h at 2010-05-06 17:41
chaboさん初めまして!
この映画は、クラシックの知識は関係なく、どなたでも泣き笑いできますよ!オススメです♪
Commented by かすた at 2010-05-07 11:57 x
こんにちは^^
これ、私も見たいです~♪ でも広島ではやっていない・・・(涙)
Commented by june_h at 2010-05-07 21:33
この映画はオススメですよ!
そのうちDVDにもなると思いますし、衛星チャンネルでも放映しそうですよ♪
Commented by chabo at 2010-06-01 22:16 x
観てきました^^
途中何度も「いくらなんでもロシア人に失礼だろう~!」
「でも主演のロシア人が容認しているのなら、真実の姿なんだろうか?」
と自問自答しながら(^^ゞ
そして最後は胸に染み入るバイオリンの音に泣かされてしまいました・・・(涙)

ひとつ疑問なのは今でも以前の圧政の影響で自由がない人ってまだまだいらっしゃるのかしら?
冒頭、今は何時代??? と、一瞬悩んでしまいました。

また、面白い作品をご紹介ください!
そういえば書棚から『シュナの旅』読ませていただきました。こちらも(ToT)
Commented by june_h at 2010-06-02 18:20
chaboさん、コメントありがとうございます♪

そうそう、「終わりよければすべて良し」みたいな映画です(笑)。

今は、ソ連が崩壊したので、別の意味でいろいろ大変みたいですね。「シベリア送り」が今も行われているのかは知りませんが・・・・・。

またお時間のありますときにいらしてくださいね♪
Commented by かすた at 2010-07-21 10:24 x
お久しぶりです^^ 昔の記事にコメントしちゃってすみません~
オーケストラ!、やっと見てきました。
見終わってから↑の感想を再度読むと、うんうんその通りって。
ラストは号泣でした。
いや~、映画って本当にいいもんですね♪
Commented by june_h at 2010-07-22 18:40
かすたさんありがとうございます♪でしょでしょ、面白いでしょう!?
単館上映なんてもったいないくらい。
こういう映画にめぐり逢えると、とってもトクした気分になりますよね♪
by june_h | 2010-04-29 19:08 | 映画 感想 | Trackback | Comments(8)