没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった@国立新美術館

友達に誘われて、足を運びました。
私、美術展は、基本的に好きなのですが、印象派は苦手なのです。
だから、ゴッホが偉大だということは、わかっているのですが、友達に誘われなければ、来ようとは思いませんでした(東京都庭園美術館の「香水瓶の世界」にしようと友達に提案するつもりでした)。
でも。

来て良かった!!

私は、ゴッホについて何も知らなかったんだなぁと、来てよくわかったんです。

ゴッホは、絵画について正式な教育を受けていませんでした。すべて独学です。色彩理論は本で学び、デッサンを何度も重ね、自分が良いと思う画家の作風を真似ることで、良いものを取り入れ、オリジナリティを確立していったのです。
若いときから晩年までの作風の変遷を見ていると、そのことがよくわかります。

最初の方の絵は
「これがゴッホ!?」
と思うような絵ばかり。
なんだかミレーみたいな、暗い色彩の絵が多いのです。
それからも、あるときはドラクロワに、あるときは浮世絵に、あるときはゴーギャンに、と、その時によって影響を受けた画家がよくわかるのです。

また、普通に教育を受けた人なら考えつかないようなこともしています。

絵と一緒に、ゴッホが弟やゴーギャンに宛てた手紙も展示されていましたが、そこには
「完全な静寂を表現するために、私は全ての色を使おうとした」(←うろ覚えだからちょっと違うかも)
とありました。
普通なら、使う色を少なくしようとするかもしれないのに。
私は、度肝を抜かれました(^^;

描き方に晩年まで試行錯誤を繰り返し、画家として認められず辛酸を舐め、精神を病んだ末にたどり着いた、療養所。「サン=レミの療養院の庭」の、なんと美しいことでしょう!

彼の作風は、時代と共にどんどん変わっていったけど、生き方とか、彼が目指したものについては、全然ブレなかった。むしろ、ブレなかったから苦しかったんだろうし、歴史に名を残す偉大な作品を生み出していったのだろうと思います。

P.S.
休日昼間ということで、美術館は大混雑!しかも、隣で日展もやってた。
帰りに、友達とミッドタウンのリッツカールトンで優雅にお茶。なぁんて贅沢な休日♪♪
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/12373612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2010-11-28 12:01 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)