【ドイツ映画:あらすじ・ネタばれあり】善き人のためのソナタ【冷戦時代の東ドイツ密告&盗聴事情】

舞台は1984年、東西冷戦下の東ベルリン。
劇作家のドライマンは、大人気で、共産党幹部からもウケが良かったが、過酷な言論統制下で、芸能活動は、大きく制限されていた。
当局に睨まれ、仕事を干された劇作家仲間の復帰を、ドライマンは、共産党幹部に嘆願。しかし、受け入れられず、ドライマンは当局にマークされ、監視と盗聴の日々が始まる。
ドライマン盗聴するヴィースラー大尉は、尋問のプロフェッショナルで、当局からも絶大な信頼を得ていたが、盗聴していくにつれ、だんだんドライマンをかばい始める。ドライマンが、東ドイツにとって都合の悪い情報を西ドイツに流したことがわかっても、知らないフリをした。
しかし、ドライマンの恋人のクリスタが裏切り、西ドイツのジャーナリストと接触していた証拠品の隠し場所を、当局にバラしてしまう。ヴィースラーが先回りして証拠品を持ち出したので、ことなきを得たが、良心の呵責に苦しんだクリスタは自殺する。

数年後、ベルリンの壁が崩壊し、ドイツは統一。
ドライマンは、自宅が盗聴されていた事実を知り、盗聴記録を閲覧する。
膨大な記録を追いながら、彼は疑問に思った。
「どうして恋人とのセックスまで記録されているのに、西側と接触していたことが記録されていないのか?」
彼は、盗聴者のコードネーム「HGW XX/7」が、自分をかばっていたことに気付いたのだった。

ヴィースラーは、閑職で孤独な日々を送っていたが、書店で、ドライマンの書いた『善き人のためのソナタ』という本を手に取る。
そこには、こう書いてあった。
「HGW XX/7に捧ぐ」
善き人のためのソナタ善き人のためのソナタ
人の生活を覗き見るって、自分の中にあるイヤなものが、どんどん引き出されてしまう行為なんだなあ。
アイツはイイ思いしてやがるっていう嫉妬とか。
コイツバカだなあっていう優越感とか。
ヴィースラーが、どうしてドライマンをかばうようになったのか、気持ちの変化がよく分からなかったけど、自分にも嫌気がさしたからかなって思ったの。
それにしても、盗聴って、お金も時間も人も膨大にかかるよね。こんなことするんだったら、もっと別のことをすればいいのにって思う。

ドイツが統一されたとき、東ドイツ時代の盗聴&密告記録を求めて、多くの市民が押し掛けたというニュースを見たことがある。
自分を密告したのは、一体誰だったのか?実は、隣の奥さんだったり、自分の家族だったりしたのだ。

ヴィースラーは、尋問のプロフェッショナルなので、何があっても全く表情が変わらない。
「HGW XX/7に捧ぐ」を見ても、やはり表情はいつも通りだったが、私と同様、ジーンとしていたに違いない。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/13793529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2011-06-15 12:34 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)