100年インタビュー 塩野七生@NHK BSプレミアム

『ローマ人の物語』でお馴染みの塩野七生さんのインタビュー番組。年末にあったので、録画して見ました!
インタビュアーは『歴史秘話ヒストリア』のアナウンサー渡邊あゆみさん。
インタビュー内容を聞いていると、もしかして、渡邊さんも七生さんファン!?

塩野さんが書く動機って、常に一貫していて。
「アナタを知りたい!」・・・・・好きな人なら、どんな人なのか気になります。
カエサルも、チェーザレ・ボルジアも、マキアヴェッリも、興味があるからトコトン調べてガンガン書いていたんですね!
日比谷高校に進学したのも、好きな人と同じ高校に行きたかったからなんだとか(^^;

面白かったのは、息子さんとのエピソード。

離婚している塩野さんが、ふと
「私が死んでも、あの世で待ってくれている男は、いないわねぇ・・・・・」
と呟くと、息子さんは、
「何言ってるんだよ母さん。母さんが本に書いた男達が待っているじゃないか!」
その言葉を聞いて、塩野さんは、
「あの世で会いたいと思っている男は、生きているウチに全員書いておかないと!」
と、思ったらしい(^^;
少なくとも、あと二人は、書きたいらしい(^^;;;

経済的に元気が無い今の日本に対して
「例えば、日本のお菓子や料理は、ムダに多くの種類がある。でも、このムダからしか、新しいものは生まれない」
とのこと。
今の日本で生まれて、100年先まで残るもの、あったら良いですね!
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/15289035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-01-18 12:21 | テレビ ドラマ ドキュメンタリー | Trackback | Comments(0)