【日本映画】黒蜥蜴【美輪明宏と三島由紀夫共演の怪作】

よく美輪明宏が出演するバラエティー番組で、チラッと映像が流れていた映画。
美輪明宏出演の舞台版も観たことがあったので、映画もちゃんと通しで見たい!と、ずっと思っていました。
そんな時、友達がこの映画のDVDを持っていたのです!
【映画】黒蜥蜴【映画】黒蜥蜴
オープニングは、ビアズリーの絵画がふんだんに飾られた部屋で、男女が絡まり合う秘密パーティー。想像通りの怪しさにワクワク(^^)
なんたって、美輪明宏+三島由紀夫+江戸川乱歩+深作欣二なんです。耽美じゃないわけないもんっ♪

そして、美輪明宏の美しいこと!
次から次へと、きらびやかな衣装で登場!
美輪明宏でなければ、あの妖艶で現実感の無い存在感は出ませんね!!

そして、松岡きっこの若々しいこと!
あの肉体なら、黒蜥蜴も欲しがるわけです(^^;

つくづく思うのは、三島由紀夫の、肉体に対する執着。
この映画にも、三島由紀夫は「美しい肉体を持つ男性の剥製」として登場。美輪明宏とのキスシーンもあります。
最も肉体が美しい時を永遠にするために剥製を作り、明智小五郎への愛を永遠にするために自ら命を絶った、黒蜥蜴の精神と、重なるものを感じます。

調べてみると、深作欣二監督作品は、私が小さい時に影響を受けた?ものが多いです。
『魔界転生』とか『里見八犬伝』とか。
沢田研二の天草四郎に、夏木マリの玉梓!

共通するのは、強烈な存在感を持つ「色悪」ですね(^^;
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/15402988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-02-09 13:03 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)