【フランス映画】皇帝ペンギン

南極の皇帝ペンギンのドキュメンタリー映画。
今すぐ地球に氷河期が来ても、ペンギン達には関係ないのかな!?
【映画】皇帝ペンギン【映画】皇帝ペンギン
海で生活していた皇帝ペンギンは、繁殖期になると、天敵のいない内陸を目指して、一斉に長い長い行進を始めます。
黒と白のペンギンが、延々と列を成す様子は、まるで、修道士や修道女の巡礼のようです。

ようやく内陸にたどり着いた後、交尾して子育てを始めるわけですが、交尾シーン、別に、隠さなくてもイイじゃないですか(^^;
頭だけ映すと、かえってヤラしいですよ(笑)。

天敵はいなくても、リスクはいっぱい!
ブリザードで親鳥が死んだり、卵が凍ったり、猛禽類にヒナが食べられたり・・・・・夫婦交代で子育てするのですが、どちらかが餌を取りに行って戻らないこともあります。

こんなに過酷な環境で、なんてリスクの高い生活をしているんだろう・・・・・と一瞬思いましたが、ペンギン達の論理で一番「生きやすい」生活をしているんでしょうね。
ペンギンから見たら、人間達の方こそ、なんてリスクの高い生活をしているんだろう・・・・・と思うんじゃないかな(^^;

[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/15435245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グレイス at 2012-02-15 19:32 x
私も映画館で観ました。私、猫も好きだけど昔からペンギンも好きなんですよ。中学生の頃、妹にペンギンが好きな理由を「かわいいのにどう猛だから好き」と言ってたそうです。←言った本人覚えてません。でもこのコメント私らしさを現しているかも...笑
Commented by june_h at 2012-02-17 12:39
>グレイスさま
グレイスさんらし過ぎます(^^;
そんなグレイスさんが好き♪
by june_h | 2012-02-15 12:50 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)