ボストン美術館 日本美術の至宝@東京国立博物館

いつも大混雑の日曜日の午後に行ったのに、わりと空いていました。
みんな、花見に行ってしまったのですね(^^;

明治時代に日本美術を再評価したフェノロサとビゲローのコレクションが中心の今回の美術展。
日本にあれば、間違いなく国宝or重要文化財クラスの美術品ばかりと評判だっただけあって、確かにスゴかったです。皇室コレクション並み!?・・・・・日本に返してもらえないかしら(^^;

しょっぱなから、私の大好きな狩野芳崖の風景画『江流百里図』。
狩野芳崖は、フェノロサに見出されたんだそうです。

そして、これまた私の大好きな鎌倉時代の仏画がいっぱい!
如意輪観音サマに、馬頭観音サマ♪
フェノロサさん、イイご趣味ですね(^^;

あと、気になったのは、狩野元信の『白衣観音図』。
白い衣の観音様の絵。まるでマリア様みたい!
フェノロサの目にも、マリア様に見えたんじゃないかな。

最後は、曽我蕭白コーナー。
私、この方とこの方の絵を存じなかったのですが、カッコいい!
アヴァンギャルドと申しましょうか、古さを全然感じません!勢いを感じる太い筆使いと、大胆な構図。
外国人が好むのも、よくわかります。
面白かったのは『虎渓三笑図屏風』。
山に隠棲しているお坊さんを訪ねた陶淵明と陸修静。その三人が、仲良く縦に並んで笑っている絵。
なんか、お笑いトリオのコントみたいで(笑)、高尚な絵のハズなのに、親しみやすかったです(^^;

帰りに、上野公園の満開の桜並木をゆっくり散歩・・・・・というほどのどかなものではなく、過去最高という花見客の喧騒の中にいました(^^;
いつもなら、鬱陶しいと思う、うるささも
「平和だから、安心して生活できるから、こうして花見で騒げるのよね」
と、なんだか泣けてきました。
去年は、日本が最も美しい季節に、景色を楽しむどころでは、ありませんでしたから・・・・・。
写真を撮ってニコニコしている外国人の集団も、イチャイチャしているカップルも、花よりお酒のオッサンも、みんなみんな微笑ましかったです(*^_^*)

コノハナサクヤヒメさまに、今年もお会いできました。
感謝です。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/15716435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from K's Sweet Ki.. at 2012-05-20 08:25
タイトル : 東京国立博物館平成館 ボストン美術館日本美術の至宝展とゆ..
上野の東京国立博物館平成館で、ボストン美術館日本美術の至宝特別展を見てきました。 一番見たかったのは、雲龍図(曽我蕭白筆1763年)。 駅のポスターなどにもなっているので、お目にされている方も多いかと思います。 やはり、ライブで見ると迫力があります。 何しろ大きい。 でも、どこか親しみの湧く龍なので、ずっと見ているとなんだか楽しくなって来るのでした。 展示されているのは、龍の頭としっぽの部分で、実は、その間にもう一枚胴体部分があると知って、驚きました。 在外二大絵巻のうちの一つ、...... more
Commented by oomimi_usako at 2012-04-14 16:47
なるほどなるほど。
juneさまご推奨の見所、チェックしましたv
来月半ばに見に行きます。
Commented by june_h at 2012-04-14 20:41
>usakoさま
いえいえ、見どころは、まだまだたくさんあります!
ぜひぜひお楽しみくださいませ♪
by june_h | 2012-04-13 13:05 | 美術展 展覧会 | Trackback(1) | Comments(2)