特撰落語会 桂歌丸・三遊亭好落・三遊亭圓楽 三人会@春日部市民文化会館 大ホール

『笑点』の3人での「地方」公演なので、全体的にマクラ多めの初心者向けでした!
私にとっては、初めてのネタばかりで面白かったです(^^)


■狸札:三遊亭楽大
圓楽さんのお弟子さん。
草加出身だそうです。
そして「楽大」は、以前、伊集院光が名乗っていた名前。今の楽大さんも100キロ超(^^;
こんな方が、タヌキのネタをやるとピッタリ!?


■一眼国:三遊亭好楽
マクラは、息子の王楽さんのこと。既に息子さんに食べさせてもらってる!?
本題では、寝てしまいました。ゴメンナサイ(^^;


■馬のす:三遊亭圓楽
大トリの歌丸さんに譲ったのか、マクラ多めでした。
ひたすら歌丸さんの悪口ばかりでしたが(^^;
歌丸さんが6月に腰の再手術をするので、既に笑点を7月分まで撮り溜めしているそうな。
時事問題を斬ることが多い圓楽さんは、大変ですね(^^;;;


■井戸の茶碗:桂歌丸
さすが歌丸さん、じっくり聞かせてくれる本題です。
この噺は、いかにも日本的。仏像から見付かった五十両を誰も欲しがらなくて、屑屋が困ってしまうという(^^;
大岡越前の『三方一両損』みたい。
外国人は、理解に苦しむ話だと思いますが(笑)、私は大好き♪
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/15802476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2012-05-01 12:33 | 落語会 寄席 | Trackback | Comments(0)