叔母&大叔母と墓参り@大阪:ライブで瀬戸内海横断の旅

新大阪駅に着くと、叔母と叔父が車で迎えに来てくれていました。
まずは叔母の家へ。

叔母の家は、十数年ぶり!

目的は、叔母の家のコーギーに会いたかったから♪
d0108969_123594.jpg

お茶をいただいて、落ち着く間もなく、慌ただしく移動。
車で大叔母の家へ向かいました。

大叔母は、私の大叔父(母の叔父)の奥さん。
会ったことがなかったので、何年も前から、ずーっとずーっとお会いしたかった憧れの人♪
なにせ、母親から武勇伝評判を聞かされていたし、叔母も彼女の大ファンなので(笑)。
本当は去年、お会いする予定だったのですが、母が急病で行けなくなってしまったのです。

「初めまして!」
と、ご挨拶すると
「あんた、久しぶりやなあ」
という返事。

・・・・・え?
私、お会いしたことありましたっけ?

「あんたがまだ小さい時、ウチで筍ご飯食べて
「カシワ(鶏肉)の味するのにカシワ入ってへん」
言うたで」

「・・・・・ホンマや!アタシ、カシワ入ってへん言うたわ!」

思わず、大阪弁で返してしまいました(一応、7歳まで大阪にいましたから)。

本当は、大叔父にもお会いしたかったのですが、残念ながら何年か前に、脳内出血で突然亡くなりました。

大叔母は、亡くなった大叔父が今でも大好き。
昔の写真を見ながら、
「あんなー、ウチのおとうちゃんはなー」
と、すぐに大叔父の話になってしまいます。

叔母が
「信者かっ!?」
と、突っ込むほどに(^^;

この後、大叔父の墓参りに行きました。
ここには、私の曾祖母も眠っています。
私が小さい時、狭心症で入院していた曾祖母を見舞ったのを覚えています。

大叔母の話によると、曾祖母は7人の子供を産みましたが、4人しか成人しなかったということです。
4人のうちの1人は、私の祖母。30代で亡くなっています。

改めて考えると、私まで血がつながったのは、奇跡です。
恐ろしいです。
本当に感謝です。

どしゃ降りの中、お墓の前で手を合わせて
「ありがとう」
と、呟きました。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/20789458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-06-08 12:06 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)