【映画】フィールド・オブ・ドリームズ

中学生の時に観て以来、私にとって、不動のナンバーワン映画です。
いつ観ても、最初から最後まで、涙出っぱなし。
隣で観ていた友達が
「そんなに泣くトコあったっけ?」
と、不思議がったくらい(^^;

フィールド・オブ・ドリームス ― コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


モンタナで農業をしているレイ。
ある日、トウモロコシ畑で「それを作れば、彼が来る(If you build it, he will come)」
という不思議な声を聞き、畑を潰して野球場を造ってしまう。

やがて、数十年前に八百長事件で球界を追われたプロ野球選手のシュー・レス・ジョーが、当時の姿のまま野球場に現れる。

次々と起こる不思議な出来事。
つながっていく偶然の出会い。

そして、最後に「声」の謎が解き明かされる・・・・・。

私は、野球が特別好きというわけではないのですが、この映画全体に流れる郷愁感みたいなものに、涙腺をやられてしまうのです。

野球とトウモロコシ畑。

アメリカの古き良き時代の象徴であり、アメリカ人の心のふるさとであることが、日本人の私でも分かるような気がしたのです。

でも、最近、テレビでもう一度観て、私の涙の理由が郷愁感だけではないことに気付きました。

愛に溢れているんです。

野球に対する愛。
家族愛。
親子愛。

登場人物それぞれが、愛しながらも離れざるを得なかった事情があって、満たされない想いを抱えたまま、ずっと人生を送って。
レイの造った野球場で、それぞれが果たせなかった想いを癒していくのです。
まるで、日本の能のよう。

この映画には、原作の小説に対するリスペクトも感じます。

夜の野球場のシーンも、原作の小説の一文「教会のように神聖な場所」が浮かんでくるくらい美しかったです。
レイと一緒に旅する作家は、原作ではサリンジャーですが、映画ではテレンス・マンでしたけどね。

「ここは天国かい?」
「いや、アイオワだよ」


ラストで、レイが父親とキャッチボールするシーンは、いつ観ても、声を上げて泣いてしまいます。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/20816349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-06-16 20:05 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)