秀山祭 九月大歌舞伎 夜の部「曽我綉侠御所染 御所五郎蔵」@歌舞伎座

ラストは黙阿弥でございます。

・御所五郎蔵:市川染五郎
・星影土右衛門:尾上松緑
・傾城逢州:市川高麗蔵
・傾城皐月:片岡秀太郎


ゴロゾウとドエモン。
どっちも悪そうな名前だ(笑)。
実際、どっちも悪い男だぞ。

五郎蔵は、妻の皐月を遊女にしちゃうし。
土右衛門は、借金を盾にして、皐月に五郎蔵と別れるように迫るし。

こんな行動に五郎蔵を追い詰めた主君も悪い。
しかも理由が廓通いだなんて!

男の勝手で、女性が振り回されたり殺されたりで、ムカムカしながら観ていました(^^;

黙阿弥って、ドSだよねー。
登場人物を苦しめまくって、話を面白くするっていう(^^;
そんでもって、大体バッドエンドだよねー。
性格ひん曲がってたんじゃないかしら。

輪廻転生や因果応報を多用するのも、やり過ぎ感があるし・・・・・。

今回は、観ながら黙阿弥に文句タラタラでございました(笑)。

あと、大詰で、土右衛門が実は「妖術使い」で、妖術を使って姿を消すって設定、要る?
別に、妖術使いじゃなくても、茂みに隠れるとかじゃダメなの??

この芝居の詳しい所が、もっと知りたくなりました。
イヤホンガイドが、小山観翁さんだったら・・・・・そういえば、観翁さんのお名前が、イヤホンガイドのラインナップにありませんでしたね。
どうされたのでしょうか。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/21133983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-09-21 12:22 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)