特別展 「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」-毒を持つ生き物-@池袋サンシャイン水族館

会期ギリギリで滑りこみセーフ!かと思ったら、好評で10月まで延びていたんですね(^^;

サンシャイン水族館にいる、毒のある生き物をクローズアップした展覧会でした。

早速ですが、問題です。
この中に、背びれに毒を持つオニダルマオコゼがいます。
どこにいるでしょうか?
d0108969_1044517.jpg

水の生き物だけではなく、有毒植物も、少しですが、展示されていました。
キョウチクトウとトリカブトとマンドラゴラ。
ホメオパシーのレメディならオリアンダー(Olnd.)とアコナイト(Acon.)とマンドレーク(Mand.)。
マンドラゴラは、初めて見たかな。興味深いです♪
d0108969_10452571.jpg


各々の生物が持つ毒の種類も説明されていました。
テトロドトキシンは、フグだけだと思ったら、ヒョウモンダコなんかも持っているんですね!

ハコフグを写メしようとしていたら、足元にドドンと縦揺れ。
大きめの地震だったようですね!ビックリ。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/21182232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2014-10-06 10:48 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)