【映画】DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?

2014年のAKB48を追ったドキュメンタリー映画。
主に、大島優子さんの卒業までを追っていました。

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? Blu-rayスペシャル・エディション(BD2枚組)

東宝


大島さんは、子役から芸能界に入ったんですよね。
芸能界の厳しさをよく分かっていると思うし、自分がどう振る舞えばいいかもよく分かっている。
そして、AKBという集団の中での自分の責任も。
だから、多くのメンバーに慕われていたし、憧れだったんだと思います。

東北の握手会でAKB48のメンバーが切りつけられた事件についても触れられていました。
先日も、アイドルがストーカーのファンに刺される事件が起こりましたが、ファンと直接触れ合うというのは、結構なリスクなんですよね。
ガードマンがいるAKBでの握手会もこんなことが起こるくらいだから、地下アイドルなんて、本当に自分の身は自分で守らなくちゃいけないですからね・・・・・。
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/23247137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-06-24 20:36 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)