「街場の天皇論」 内田樹 著 東洋経済新報社

満を持して?の天皇論。


安倍首相が天皇陛下(というよりその権威)を利用しようとしているというのは頷ける話。
自民党の改憲案は、天皇の権限が強化されているように見えるけど、それは天皇のためではなくて、天皇に権限を集めて利用するため。
国民に関係なく戦争できるようにするため。戦前と同じ政治体制を作るため。
神輿は立派でも軽い方がいいのよね。

天皇陛下が退位発言をしたのは、改憲を阻止するためだというのは、本当にその通りだと思います。
陛下はきっと、自分の名の下に、多くの国民や外国人が殺し殺されるようなことが起こるのは望んでいらっしゃらないのでしょう。

でもホント、天皇制を考えた人って誰なんでしょう?権力を持っていたら倒されるから権力を空洞にしておけばいいなんて。
まさか、リアルに「千代に八千代に」千年以上続いているじゃないですか(^^;

[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/26382319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2018-01-24 22:12 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)