人気ブログランキング |

ハシグチカナデリヤ「遺言ロマンティック」

今回のアルバムを聴いてまず思ったのは
「激しく引き裂かれている」
夢と金、白と黒、左と右。。。。。対義語の歌詞が多くて。
何をそんなに悩んで迷っているのか??というくらい(^^;

彼の歌は大抵
「頑張る頑張る」か「悲しい悲しい」
の二択なんですが、今回は
「頑張る頑張る」と「苦しい苦しい」
の二択でした。

「遺言ロマンティック」のタイトルも、実は対義語。
「遺言」がタナトス、「ロマンティック」がエロスですもん。


◆イメイジ
この曲は、アルバムの最後だと思ったら、最初だったので意外でした。
来世に持っていきたいくらい好きな曲です。
影を描くことで光を際立たせる歌詞。
後ろへ下へ引きずり込まれそうになる中で、
前へ上へ向かうベクトルを感じます。

ライブでは、ラスサビ前の間奏で、
人生を愛おしむようなギターソロが入るのですが、
(ホントはストリングスでもイイなあ)
アルバムでは無かった。

でも、ここでギターをいれちゃうと、
前後の盛り上がりが強調されなくなるから、
これはこれで正解なんだと思う。
ギターソロはライブで聴けばイイんですから。


◆恋はsalt
私だったらこの曲を最初にするかなー。
音数が少なくてカッコイイ!
ザクザクしているギターリフを聴くとゾクゾクします。
同じく音数が少ない「マッコー」が収録されてなくて、
ちょっと残念!


◆ビビッドワールド
このアルバムの中では歌詞が最高!
言葉選びが絶妙なバランス。
「君をもっと知りたくて少し深呼吸した」
のフレーズ気に入ってます。
「はにかみ屋さん」な雰囲気が上手く表現されています。


◆オトナノオンナトオトナノオトコ
YANAKIKU提供曲のセルフカバー。
短期間でできた曲だそうですが、
この歌詞まで短期間でできたんだったら天才だと思う。
アレンジはYANAKIKUのも好きです。
「僕のレーザービーム」に照れが入っててカワイイ♪
「Super crazy love」も収録して欲しかったんですが、
この曲とコンセプトがカブってしまいますね。


◆ハイレゾ・ガール
ハイレゾという言葉が一般的ではないので、
知らない人には「ハイレグ」に聞こえないか心配です(^^;
サビの後ろで鳴っているアルペジオが、
ファイナルファンタジーのオープニングみたいだ。
そして、変拍子からの大サビは、
稲葉浩志が乗り移ってます。

これ、未収録の「Basement lover」と
コンセプトが同じかな??


◆悩んで病んでyoung days
これは彼の「頑張る頑張るソング」の最高峰だと思います。
彼が歌っている時の、何をも突き破るようなキラキラしたエネルギーは、
迷いの中から生まれているんだってよく分かるし、
こんな曲が書けるなんてホントいつまでも若い!
私の年齢の時の自分は、こんな若くなかったな。。。。。と、ふと思います。


◆これだと思ったけど違った件
この曲は前アルバムの「dandy man」と出だしが同じで、
「イイワケナイ」のコンセプトを引っ張っている感じです。
この曲と合わせて「Weekendが終わる前に」も入れて欲しかったなー。


◆踊ろうよ世界が今日はディスコ
このイントロは、十六分音符で
ギターが鳴っているように聞こえますが、
ライブだと、八分音符で弾いて、
リバーブかけて十六分音符で聞こえるようにしているそうです。
CDの音源はどうなっいるのかは
分かりませんが。

ライブでいつも思うのは、
ギターはルーパーがあるけど、
ベースやドラムはルーパーがないので、
リフを延々と漕ぎ続けなければいけません。
ギターはズルい?いやいや、
ボーカルもあるので、
結構忙しいですよね。

この曲のベースは、ライブでは
遠藤君は全部1弦だけで弾いているので、
(最近はアレンジが進んで、1弦だけじゃなかったりするけど)
見てると面白いです。


◆タイサナイ
彼は器用なので、その気になれば、
ジャズでも演歌でも童謡でもなんでも
作れると思うのですが、
不思議なことに、この曲は、
ファンクの文法に従って作っているはずなのに、
全然、ファンクっぽく聞こえないんです。
けなしているわけじゃなくて、
それが彼の曲の個性なんだと思う。
彼はあんまりブラックミュージック通ってなくて、
どちらかと言うと、ブリティッシュロック好きだしねー。


◆弱くてもNEWGAME
最初に聴いた時、
ゲームのラスボス戦みたいな曲だと思ったら、
やっぱりそういうコンセプトなのかしら??

ベースリフもギターリフも結構好きな曲ですが、
聴いていて、とにかく苦しみが伝わってくるので、
私も苦しくなります(^^;
未収録の「宇宙ダンス」もこの曲に似ていて、
ベースのリフがカッコイイんだけど
やっぱり苦しみが伝わってくるので、
苦しい(^^;;;


◆跳ねる球体の軌道の記録
彼は、スケール感だったり浮遊感だったりを
表現するのがのが上手くて、
この曲も聴いていて、別世界に連れて行ってくれます。

彼の曲は、途中でテンポが変わったり、変拍子になったり、
一つの曲の中にいろんな世界観が詰め込まれていて、
最初は馴染めなかったんですが、
慣れてくると、これはこれで
いろんな世界が体験できて楽しいです。


◆ユートピアリ
この曲の後ろで鳴っているリフが
キラキラしていて好きです♩

ユートピアって、探し求めてたら
いつまでもたどり着けなくて、
今が、ここが、最高最善のユートピアなんだと、
決めた時から、世界はきっと変わるのだと、
私自身は勝手に思っています。だから、
探し求める限りは
ずっと苦しみは続いてしまうのではないかと、
見ていて辛くなったりするけど、
この苦しみこそが生きている実感であって、
それを味わえることこそがユートピアなんだという発想も
あるのかな。。。。。と、この曲を聴きながら
考えた次第です。

トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/27666500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2019-06-29 11:12 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)