四月大歌舞伎 『口上』 『角力場』@歌舞伎座

■二代目中村錦之助襲名披露 口上

二代目中村錦之助と幹部役者たちによる襲名のご挨拶です。
役者たちがズラリと居並び、次々と挨拶します。
初代中村錦之助は、映画スター萬屋錦之介の歌舞伎役者としての名前。今回襲名した二代目さんは、彼の甥に当たるそうです。そんなわけで、どの役者も、初代との思い出を語っていました。
戦後の歌舞伎役者さん皆が、松竹に所属していたわけではなかったのですね。良い役をやれる人は本当に限られていて、若い役者は活路を見出すために独立したり、会社を移籍したり、別の世界に転身したり。 萬屋錦之介もその一人だったそうです。私は残念ながら名前しか存じないのですけど。
さすがなのは中村勘三郎。挨拶でもしっかり笑いをとってました。

■双蝶々曲輪日記 『角力場』

・放駒長吉/山崎屋与五郎:中村信二郎改め中村錦之助

二代目中村錦之助による、相撲好きのナヨっとした若旦那と、力強い関取の二役。早変わりと演じ分けが大変そう。錦之助さんは体がわりと小さいので、若旦那はいいとしても、お相撲さんをやるとカワイラシくなっちゃいます。
若旦那が、大好きな関取の着物にくるまってキャアキャアはしゃいでいるのを見ると、大好きなアーティストのライブでキャアキャア喜んでいる自分を見ているようで、なんだか恥ずかしかった(^_^;)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/5145027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rudolf2006 at 2007-04-13 02:06 x
june_hさま こんばんは

二代目の錦之介さん(信二郎さん)は、猿之助さんの元気な頃は、猿之助一座におられたんですよ。それ以降、古典を勉強したいとのことで、富十郎さんについて勉強されたようです。口上では一座の座頭格の役者、それか親戚の中で一番上の位にいる役者が第一声を発することになっているみたいです。
それで、富十郎さんが紹介をしたんだと思います。吉右衛門さんは、口上でも真面目でしょう?あまり面白いことはいつも言われないですね。
六代目の歌右衛門さんの口上は、初代吉右衛門さんが言われたそうですよ~。
ミ(`w´彡)
Commented by june_h at 2007-04-14 14:20
rudolf2006こんにちは!いつもありがとうございます。
そういえば、富十郎さんも「突然ウチで勉強したいと言われたからビックリしたけど、快くお引き受けした」とおっしゃってました。そういうことだったんですね。
吉右衛門さんは「お互い二代目。代数は少ないけど、一緒に精進していきましょう」とおっしゃっていました。播磨屋ったらまたまた、代数が少ないなんて、お得意のイジケですか。なーんて思ってしまいました(笑)。
by june_h | 2007-04-12 21:10 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)