團菊祭五月大歌舞伎『女伊達』@歌舞伎座

・木崎のお駒:中村芝翫


わりと短い舞踊劇。コンパクトに歌舞伎の美しさを楽しめる演目です。

助六に憧れる女性が、踊りながら男と立ち回ったり、見得を切ったり。暴走族の総長に憧れる女の子が、レディースになるようなものか!?
木崎のお駒は、女形が男っぽく舞うという複雑な役ですが、芝翫さんのお年からいくと、ちょっとオバサンぽいかしら(爆)。

お駒が中心となって、両側に男を従え、三人で見得を切る場面がありますが、「三人吉三」とか、歌舞伎にはこういう三人で見得を切る場面が多いですね。「太陽戦隊サンバルカン!」みたいな(例えがフルいですね(^^;)。戦隊モノによくある「五人揃ってゴレンジャー!」(すいません、トシなんで(^^;;;)みたいな場面って、歌舞伎を参考にして作られたのかしら。そんなことを思わせる演目でした。


<関連リンク>
團菊祭五月大歌舞伎(歌舞伎美人)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/5474772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rudolf2006 at 2007-05-25 07:25 x
june_hさま お早うございます。
團菊祭、愉しまれたようですね
芝翫さんは、最近は芝居をされませんね、踊りが多いですね
まだまだ元気だと思うので、芝居もして欲しいですよね~

ミ(`w´彡)


Commented by june_h at 2007-05-26 10:31
rudolf2006さまおはようございます!
團菊祭は都合により、幕見でチョコチョコっと観劇しました。
中村芝翫さんは、勘三郎さんのお舅さんなんですね。だいぶお年を召されているけど、お元気で驚きました。いつまでもお芝居続けてほしいです!
by june_h | 2007-05-24 21:03 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)