六月大歌舞伎 『侠客春雨傘』(藤間齋 初お目見得)@歌舞伎座

・大口屋暁雨:市川染五郎
・高麗屋齋吉:藤間齋
・播磨屋吉右衛門:中村吉右衛門
・高麗屋幸四郎:松本幸四郎

はっきり言って今回、芝居のスジはあんまり関係ないでしょう。
なんたって、染五郎さんの長男、齋くんの初お目見得なわけですから!
幕見席は、齋くん目当ての女性客でいっぱい!立見が出る大盛況でした。

なんでも、歌舞伎では
・本名で初めて舞台に上がること・・・・・初お目見得
・芸名で初めて舞台に上がること・・・・・初舞台
ということらしいです(byイヤホンガイド)。

舞台上、吉原の茶屋の前で、市川染五郎が演じる中、客席からどよめきが。
そう、お祖父ちゃまの松本幸四郎さんの手に引かれて、花道から齋くんが登場したのです!
私は幕見席なので、花道の二人がなかなか見えない~なんて首を伸ばしてみていたら、来ました来ました。

「うわぁーっ、小っちゃ!」

というのが、私の第一印象。だって、まだ二歳になったばっかりだものね・・・・・。背の高いお祖父ちゃまが傍にいるから、余計にそう思いました。
本当、「ヨチヨチ」っていう擬態語がピッタリの歩き方をしながら、舞台へ。

なんでも、お宮参りの途中という設定らしく、お祖父ちゃまが
「神様の前ではどういうふうにするの?」
と声をかけると、齋くんが拍手を二回打って、客席へお辞儀。もちろん、お客さんは拍手喝采!
そして、齋くんの前途を祝福する意味をこめて、舞台の役者一同と客席が一体となって、三本締め。

この間、齋くんは、泣くこともなく、ウロウロすることもなく、お祖父ちゃまの傍らでお利口さんにしています。そしてまた、お祖父ちゃまに手を引かれて、舞台を去るときも、手を振るお客さんにバイバ~イとゴキゲンに手を振り返します。もちろん、お客は大喜び!

「か・・・・・カワイイ」

物怖じしない姿勢、将来大物になるかしら♪

いいですねー。こうやって、歌舞伎役者さんは、生まれたときから、舞台の空気を体に覚えこませるんですね。そして、大きくなってからも、初めて舞台に立ったときのことを思い出したり(たとえ覚えていなくても)、ご先祖や、先輩の歌舞伎役者達や、お客さん達の暖かい見守りを感じ取ったりするのでしょうね。

齋くんが去った後の芝居も、あんまり関係ないですね。でも、終幕したとき、私はハタと気づきました。

「吉右衛門さんを見逃してしまった・・・・・(T_T)」

吉右衛門さんを食った齋くん、やっぱり将来オオモノ!?

P.S.
『侠客春雨傘』は、一幕見席なら700円で観られますが、携帯サイト「歌舞伎モバイル」のクーポンをダウンロードすれば、200円割引になります。
今なら齋くんのカワイイ姿が、ワンコインで楽しめますよ!

<関連リンク>
六月大歌舞伎(歌舞伎美人)
[PR]
トラックバックURL : https://juneh.exblog.jp/tb/5539284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rudolf2006 at 2007-06-04 05:54 x
june_hさま お早うございます。

藤間斎くんの初お目見え、行ってこられたんですね
芸能ニュースでも何度も、何度もやっていましたよね
高麗屋のお孫さんということで、取り上げられるんでしょうね

そういや、松嶋屋のときも、ニュースで流れたような~
でも、山城屋さんのお孫さんは出なかったですよ、爆~
やはり東京で活躍していないと、芸能ニュースにはならないのかもしれませんね。

播磨屋も出ていたですよね、きっと
播磨屋は、孫の手を引いて舞台に出ることはできそうもありませんね
ちょっと残念ですね~。

ミ(`w´彡)
Commented by june_h at 2007-06-04 20:28
rudolf2006さま、こんばんわ!
わたしは斎くん目当てではなくて、もちろん、吉右衛門さん目当てだったんですが、すっかり斎くんのカワイさにやられてしまいました(^^;
子供と動物には勝てぬといいますが、私もマンマとハマってしまったようです。
お子さんのことは・・・・・こればっかりは、自分の意思ではどうにもならないことですからね。播磨屋さんもいろいろ言われて苦しまれたでしょうから・・・・・。私は今のうち、一つでも多くの播磨屋さんの芸を目に焼き付けていきますわー♪
by june_h | 2007-06-03 09:37 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)