医学者の山中伸弥さんと、棋士の羽生善治さんとの対談。
羽生さんって、AIにものすごく詳しいんですね!
将棋のソフトの進歩があるからでしょうね。
もう、将棋ソフトはお金で開発&販売されていなくて、オープンソースになっていて、マニアがボランティアで改善していっているらしい。
将棋って、全然、古臭くない。常に日進月歩で研究されているんだと思いました。

昔、ヒトゲノム計画と称して、人間の遺伝子情報を全部読んだと評判になりましたが、今は読むスピードもずいぶんアップしているんだとか。
「シュレッダーにかけるみたいに」読むらしんですけど、分かるような分からないような(^^;



[PR]
by june_h | 2018-07-06 20:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)