カテゴリ:森広隆( 156 )

すんごい暑かった(^^;
鎌倉駅→昼ごはん→鶴岡八幡宮→鎌倉LOOP
この行程を全部歩いたので、始まる前から汗ダクでした(笑)。
d0108969_18483749.jpg

<セットリスト>
Drums:宮川剛 Bass:岡雄三 Vocal/Guitar:森広隆

※以下注釈以外は森Groovecaster、宮川Drs、岡B
1. キラキラ
2. I got my passport
3. Pebama:森ピアノ
4. Avalanche
5. コーラナッツウイルス
6. Rabbit hole
7. 密室
8. 不思議な模様:森ピアノ
9. 愛に満ちあふれる島:森くん一人でエレガット弾き語り
10. Waterdrops
11. What’s going on(マーヴィン・ゲイのカバー)
12. Groovecaster
13. ディスペルマジック:withルーパー
14. 英雄の誕生
15. Everything is for you:withルーパー
16. 2D Star:withルーパー
17. ゼロ地点
18. メガロポリタンズファンク:withお客さんのクラップ&コーラス
19. Cyclone

en1. 愛のBeat:森くん一人でエレガット弾き語り
en2. Lover
en3. Rainbow seeker

「日没に合わせてライブ開始時刻を設定した」と森くん。良い天気で、夕日も見えたのですが、良い天気過ぎて熱風でした(^^;

今回は、新曲が多かった!
最近の曲の特徴は、ミドルテンポのが多くてグルーヴが気持ち良いこと♪
初披露の新曲タイトルは、宮川さんのドラムロール後に『Groovecaster』と大発表!大サビのブレスはどこですればいいのだ!?っていうか森くんしか歌えないんじゃね?と思うほどの難しさ。
そして、バンドバージョンは初めて聴いたはずなのに、なぜだか最初のベース音で「ディスペルマジック」だと分かってしまった。怪しいベースのリフだから(^^;

それから、ルーパーでコーラスを入れるところですね!多少、テンポが速くなっていて、サビでルーパーを踏むと、テンポがズレている部分もあったんですが(^^;
宮川さんが「クリック音に合わせて演奏するのキライ」と言ったら、森くんも同意していました。
大きな会場ではクリック音が必要でしょうが、小さな会場では、その場の雰囲気を大事にしたいからではないでしょうか。
森くんのライブって、実はテンポが一定ではないのです。だんだん速くなっていくのです。
でも、「プロなら正確に刻め!」とか「正確なのが良い演奏」とは、必ずしも思いません。
演奏者やお客さんの高まる鼓動に合わせて、だんだん速くなっていって、その場の空気感が盛り上がっていくのもアリじゃないかと、最近は思うようになりました。

今回も、宮川さんのドラムと岡さんのベースのサポートが素晴らしかった♪
宮川さんのドラムのミュートがニャンコでカワイイ!柴犬もあるそうな(音がそれぞれ微妙に変わるらしい)。
私は端っこで見ていたので、宮川さんの演奏中のニコニコ笑顔は見られなかったけど、愛のBeatを下手側の袖で聴いていた宮川さんと岡さんがなんだか微笑ましかった。
岡さんは、『英雄の誕生』ラストのベースのエフェクトを気に入っていたみたいで、2回もやって『Rainbow seeker』でもやっていました。ツイッターで、なかなか使うう場面が見つからないプリセット音だったらしいけど、この曲のためにあった音だった!と喜んでいました(笑)。
d0108969_18485045.jpg

そして、森くんが、鹿児島弁のインタビューのマネして本気で鹿児島弁を使っていたのですが、全く分かりませんでした(;゚д゚)

さて、今回のMOTTAINAI ANTHOLOGY。
10人くらいメタリ化してるらしいですが、私はメタリ化しませんでした。
d0108969_18485992.jpg


[PR]
by june_h | 2018-09-02 18:20 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今日は友達とお茶してたら、一時間くらい時間を間違えてて(;゚д゚)
着いたのが開演ギリギリになってしまい、最後列での参戦でした(^^;
でも、とっても良く見えましたよ!!

d0108969_17144747.jpg

<セットリスト>
L:ルーパーあり
P:ピアノ

1. 風の卵と眠る太陽
2. キラキラ
3. 2D Star:L
4. Everything is for you:L
5. Avalanche
6. 不思議な模様:P
7. Pretty baby:L
8. ディスペルマジック:L
9. Rabbit hole
10. Present time:L
11. コーラナッツウイルス:L
12. Wonderful world
13. メガロポリタンズファンク:L
14. Rainbow seeker
15. ゼロ地点
16. My☆girl:L
17. ユートピア
en1. Cyclone
en2. ただ時が経っただけで
en3. 愛のBeat

後半ノンストップで、楽しかったです(*⌒▽⌒*)
ライブカフェで汗だくになるのも良き良き♪
最近、こういうライブカフェのライブだと、遅くまで続いてしまって、
終電に間に合わなくなりそうなことが多々あったんですが、
今回はビシっとまとめたようです。

そんなわけで、森くん語録でまとめてみました!


◆「板チョコ+バニラアイス+クッキー=パフェ」
曲を作るのに、お菓子やアイスを食べるらしいんですが、板チョコとバニラアイスとクッキーを同時に食べるとパフェになることを発見したそうです。
私も板チョコとバニラアイスを同時に食べられるチョコモナカジャンボが好き♪


◆「本当のディスペルマジックを作りたかった」
次のアルバム制作に向けて、歌詞ナシの状態の新曲が、結構できているようです。
そのうちの一つが「ディスペルマジック」だそうですが、呪いを解くような歌を作りたかったんだそうです!ファンキーでカッコいい!これからまた、少しずつ変わっていくのが楽しみです♪


◆「インディーズ版ネコ地点」
アンコールで、ナスカちゃんTシャツを着てきた時、ギターでナスカちゃんの顔が半分隠れているのでインディーズ版『ゼロ地点』のジャケ写に引っ掛けて「インディーズ版ネコ地点」と森くんが言ってました(笑)。
ネコ飼ってたら「インディーズ版ネコ地点」を再現したいのに!
残念(笑)。

友達とのお茶は、パレスホテルのアフタヌーンティーでした。
ここは、お茶の種類が多いし、食事が重箱で出てくるのでお気に入りなのです♪
d0108969_17153217.jpg

[PR]
by june_h | 2018-05-07 17:10 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

桜新町、初めてです!
サザエさんの街なんですね。

d0108969_20483448.jpg
<セットリスト>
森:森広隆(Vocal/Guitar)
馬:馬場一嘉(Guitar/Vocal/Chorus)
g:ギター
k:キーボード
p:ピアノ
l:ルーパー
( )はオリジナル

1. 愛のBeat:森g
2. Wonderful world(大田瑞希提供曲のセルフカバー):森g
3. English man in New York(Sting):森g馬kp
4. ひとりじゃないさ:森g馬g
5. 密室:森g馬g
6. Pebama:森g馬p
7. ロビンソン(スピッツ):馬g森g
8. Human nature(Michael Jackson):森g馬g
9. ショートケーキ:森gl馬g

10. 一見さん暖簾をくぐる(馬場一嘉):馬g森g
11. I Want It That Way(Backstreet Boys):森g馬g
12. 雨はやまない:森g馬k
13. Waterdrops:森g馬g
14. Versace on the floor(Bruno Mars):森g馬k
15. Get lucky(Daft Punk):森g馬g
16. 星のかけらを探しに行こう(馬場一嘉):馬g森g
17. Isn't she lovely(Stevie Wonder):森g馬g
18. メガロポリタンズファンク:森gl馬g

en-1 Happy(Pharrell Williams):森g馬g
en-2 ゼロ地点:森g馬g


馬場さん、私にとっては何年ぶりかしら・・・・・。
森くんがメジャーにいた時、リードギターのサポートを、よくしてくださってました。

でもね・・・・・その時は正直、好きじゃなかったです(^^;
サポートなのに森くんより目立ってたから(笑)。
今にして思えば、力量の問題だったかもしれません。

今回は素晴らしいセッションでした♪
d0108969_20495614.jpg
馬場さん、ギターにピアノにキーボードに、大活躍!

福耳の『星のかけらを探しに行こう』をカバーしていましたが、この曲、馬場さんが作ったって初めて知りました!
福耳のライブでも聴いてたんですけどね(^^;

そして、馬場さんの年齢も・・・・・。
歌の趣味からすると、納得の年齢です。
d0108969_20510987.jpg
馬場さんのギターで昔、印象的だったのは、『エレンディラ』のフラメンコギター!
でも、残業ながら、セトリに入ってなかったんですよね。残念(T-T)
30日の追加公演でやったそうで・・・・・聞きたかったなぁ。
また是非、馬場さんとセッションして欲しい♪

今回のライブカフェ、とても良かったです!

音もイイし、椅子も座り心地イイ!
店長さんもベーシストですって!

料理もドリンクも、いちいちオシャレ♪
森くんの『ショートケーキ』の曲を再現したショートケーキが絶品でした!
おまけ程度のものかと期待していなかったのですが、普通のケーキ屋のショートケーキより、よっぽど美味\(^o^)/
d0108969_20492714.jpg
家からちょっと遠いのが難点ですが、また食べに来たい(←そっち?)
d0108969_20503795.jpg

[PR]
by june_h | 2018-04-11 20:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

この日は雨が降っていたんですけど、夜には止んで良かったです。
『雨はやまない』のは、森くんの曲だけにして欲しい(^^;
d0108969_22494646.jpg
<セットリスト>
1. おいしいパン
2. 風の卵と眠る太陽
3. メガロポリタンズファンクwithルーパー
4. 黒い実
5. 雨はやまない
6. Waterdrops
7. Avalanche
8. I got my passport
9. キラキラ
10. 愛のBeat

11. ネオフィリア
12. 碧
13. 密室
14. 君への言葉
15. Pebama(withピアノ)
16. Pretty baby(with ルーパー)
17. Wonderful world(大田瑞希のセルフカバー)
18. 2D Star(withルーパー)
19. ゼロ地点
20. Rainbow seeker
21. いいんです

en.ユートピア


この日は『Avalanche』で泣けました(・_・、)
妙に感傷的になっちゃいましてね。
聴きながら、空に飛んで行ったけど、人を殺すのがイヤで、何もせずに水平線の向こうに消えた人もいたんじゃないかなぁ・・・・・と、想像しちゃったんです。
その前が、『雨はやまない』『Waterdrops』で雨雨が続いたからですね。

森くん、前半は、いっぱい喋ってくれましたね。
ただ、時間の関係で、後半は駆け足になっちゃったんですけどね(^^;
森語録、行ってみよう♪


◆昔はサーフィンなんかも行ったけど、最近は「はんだ付けが趣味」としか言えない
ミュージシャンをフォローしていると、機材を皆さん、カスタマイズしてますよね。はんだ付けの腕も上がるってもんです。


◆風呂上がりに曲がよく浮かぶ
私も、いろいろ思いつくのは、風呂掃除してる時とか、散歩してる時とか、そんなにガチガチに頭使ってない時です。


◆曲いっぱいできてるけど全部できかけ
・・・・・早く完成させてください(笑)。
とはいえ、今までのペースを考えると、まだまだかかりそうなので、気長に待ってます(^^;


◆コーラス前提の作曲マイブームが止まらない
最近はルーパー使っているせいか、コーラスをどんどん重ねていく曲が多いですね。
ルーパーって、アーティストによって使い方に個性が出ますよね~♪


◆パクリハードルが自分の中で少し下がっている
森くんが寡作なのは、「パクリハードルの高さ」が大きな理由ですね。
年数の割りに発表曲が少ないですが、作っている曲は決して少ないわけではないと思うんです。
ただ、誰かの曲とか自分の過去の曲とかに似ているということで、ボツにする確率が高いみたいなんです。
ゼロ地点』も、それでボツになりかけた、と。初めて知りました。
コード進行とかメロディとか、出尽くしているんで、全く新しい曲を創り出すっていうのは、本当に大変だと思います。


この日のアンコールは、森くんのバースデー&mellow tones30回記念ということで、ファン有志から、ちょっとしたサプライズが。

まず、入口の花束♪
d0108969_22483122.jpg
アンコールでは、ピンクのサイリウムをお客さんたちで振りました♪
写真が残っていないのが残念ですが・・・・・。

それから誕生日に欠かせないケーキ♪
この日に用意されたケーキはカレンダーになっていて、森くんにお渡ししたのは、3/9の部分が赤くなっています。
オシャレ&美味しそう♪

ちなみに、私が初めて参加したmellow tonesは2002年のVol.3。
・・・・・恐ろしいですね。16年前ですよ(^^;;;

お店のスタッフさんもいろいろ協力くださったようで、本当に感謝ですm(_ _)m

音楽を長く続けるのは本当に大変で、続けてくれているのは本当に感謝。
そして、こうして長く応援できる自分は幸せです。
森くんが音楽を少しでも長く続けられますように。
そして、少しでも長く応援できますように。

30回目までくるのに16年以上かかっているわけですから、40回記念に到達するのは・・・・・あと何年かかるかしら(^^;
d0108969_22503730.jpg


[PR]
by june_h | 2018-03-28 22:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

夜は、なんとか雪の影響がなくて良かった(^^;
d0108969_22061059.jpg
<セットリスト>
Drums:宮川剛 Bass:岡雄三 Rhodes:河野伸
1. I Got my Passport
2. エレンディラ
3. ショートケーキ
4. Rabbit hole
5. 密室
6. イツモドオリ(withルーパーのコーラス)
7. Pretty baby(withルーパーのコーラス)
8. Versace on the floor (ブルーノ・マーズのカバー)
9. 愛のBeat(森弾き語り)
10. (新曲)
11. 黒い実
12. Burnin’Heart
13. Heaven
14. キラキラ
15. 2D Star
16. Present time
17. Wonderful world(大田瑞希のカバー)
18. メガロポリタンズファンク
19. Rainbow seeker
20. 君への言葉(エレガット)
en1. コーラナッツウイルス
en2. Cyclone
en3. ゼロ地点
en4. ユートピア(森弾き語り)

今日のセトリは独特?で、特に前半のセトリは神がかってた!

ショートケーキのバンドバージョンは久しぶり(何年ぶり?)だったし、Rabbit holeはラストのベースとドラムのタメが良かったし、イツモドオリのラストはラッパとコーラスとギターでめっちゃ高度な技術だったし、Versace on the floorはボーカル良かったし、新曲聴けたし、Present timeはアレンジ大人っぽくなってたし、Wonderful worldはバンドで聴けてサイコーだったし、Cycloneからゼロ地点のドラムの流れが良かったし!!

とにかく、音がスゴく良かった!
森くんとバンドメンバーとPAさん本当にありがとうございますm(_ _)m

語りたいことイッパイあるけど、この日一番の衝撃は………
…………森くんが水性と油性の違いを知らなかったってこと(;゚д゚)(;゚д゚)(;゚д゚)(;゚д゚)

来場者全員に配られる特典CD-R『MOTTAINAI ANTHOLOGY Vol.3』がプレゼントされたのですが、そこには「MOTTAINAI ANTHOLOGY」と、森くんが一枚一枚押したスタンプが。でも、インクが乾かないので、CDプレーヤーで回すと、インクが飛び散ってしまいます。
それがバンド「Metallica」のロゴのようになるので、「メタリ化」とファンは呼んでいました(笑)。
で、森くんは、メタリ化を防ぐために、一枚一枚、ティッシュで拭き取っていたら、親切なフォロワーさんが「油性インクなら乾くのでは?」と教えてくれたんです。
森くんは、それまで水性インクを使っていたんですね(^^;
それで、油性インクを買ったところ、すぐに乾いたから、森くんは大喜び♪
四十にして惑わず・・・・・ではなく、四十過ぎにして水性と油性の違いを知った森くん(笑)。
ちなみに、私のはメタリ化しませんでした(笑)。
d0108969_22062335.jpg

終演後は、観に来ていたハシグチカナデリヤ&ベースのタクトくんを横目に余韻に浸る私(笑)。

ライブ終わった後も「とにかく最高だった!」っていう感想がツイッターに溢れてた。
本当に最高だった証拠だね。語る言葉が見つからないくらいのライブでした。
私も、次の日の朝Wonderful worldが頭の中を流れていて、ずっと余韻に浸っていました(^^)

P.S.
後で分かったことなのですが、この日のライブは、いくつか「奇跡」が起きていて、それを知ってまた、涙が止まらなくなったのでした・・・・・。
d0108969_22063721.jpg

[PR]
by june_h | 2018-03-22 22:02 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

今回のライブは、カバー特集。森くんが選曲して、宮川さんが順番を決めたんだそう。
森くんの音楽のルーツや好みがよく見えたし、森くんと宮川さんが曲の解説をしながらだったので、なかなか興味深かったです。
正直、今までの森&宮川ライブで一番楽しかったし笑った!

<セットリスト>
Gt&Vo森広隆、Drs宮川剛
( )はオリジナル

1. Isn't she lovely(Stevie Wonder)
2. ガンダーラ(ゴダイゴ)
3. Human nature(Michael Jackson)
4. My Cherie Amour(Stevie Wonder)
5. Don't Let Me Be Lonely Tonight(James Taylor)
6. Versace on The Floor(Bruno Mars)
7. Virtual insanity(Jamiroquai)
8. Wonderful world(大田瑞希のセルフカバー)

***休憩***

9. Overjoyed(Stevie Wonder)
10. Screaming(V6のセルフカバー)
11. I Want It That Way(Backstreet Boys)
12. Ribbon in the sky(Stevie Wonder)
13. Who says(John Mayer)
14. Get Lucky (Daft Punk)
15. Happy(Pharrell Williams)
16. Bomber(山下達郎)

en1. Time Passed me by(TM NETWORK)
en2. MMMBop(Hanson)
en3. おいしいパン(森広隆)
en4. ゼロ地点(森広隆)


今回もかなりの曲数やってくれましたね。
いつにも増して、宮川さんが呟いていたので、宮川剛語録、いってみよう!


■タケカワ先生が違ってたので完コピできなかった
ガンダーラ』を演奏する前、「ドラムを完コピする!」と豪語していた宮川さん。
ところが、森くんのギターがちょっと違っていたので、完コピできなかったらしい(^^;


■イケメンだよね
ブルーノ・マーズのことを
宮川:背が低いよね。
森:僕くらいじゃないかな。
宮川:イケメンだよね。
森:そうだね。
・・・・・森くん。そこの受け答えは「そうだね」じゃなくて「僕くらいじゃないかな」じゃないか(笑)。


■メーカー品
Versace on The Floor』のヴェルサーチに対してこの言葉。
いつぶりに聞いただろう(^^;
私の頭に出てきたのは、小学校でPUMAのソックスをはいた男子達(笑)。


■いろんな人のいろんな部分で森くんが出てくる
Virtual insanity』の後に言ってたんですが、この日の曲のそこかしこから、森くんがいかに影響を受けているかが分かる言葉ですね。
森くんは全体的にブラックミュージックから影響を受けていますが、入口がジャミロクワイで、そこからスティーヴィー・ワンダーやジェームズ・ブラウンに広がっていったということを初めて知りました。


■カッティングといえば、ナイル・ロジャースかアル・マッケイか
ナイル・ロジャースは、私にとってTMNの『COME ON EVERYBODY』をプロデュースした人っていうイメージしかなかったので、ハウスの人だと思ってました(^^;
カッティングがカッコイイんですね♪
森くんの『Get lucky』良かったです!またやってほしい。



■文明堂のCMみたい
Happy』の時、二代目ルーパーにあらかじめ森くんが録音したコーラスを入れてきていたんですが、それを聞いて宮川さんがこう言った(笑)。
・・・・・ちっちゃい森くんが頭の中にいっぱい出てきて歌い出した(^^;
でも、いざやってみると、せっかくのコーラスがあまり聞こえないまま終わっちゃった。またやってください!


■『ゼロ地点』とか絶対やめて
本編もアンコールも終わって、更にアンコールを求める客。
ゼロ地点』を嫌がる宮川さんに
森くん「それはダチョウ倶楽部の押すな的な?」 
少なくない客「ゼロがダメならコーラで!」
結局ゼロ地点をやるハメに(^^;
・・・・・森くんも客もドSである(笑)。


■簡単に言うけどさ・・・・・。
おいしいパン』をリクエストした時、本気で困ってました(^^;
演奏する前に、二人で曲を聴いて、歌詞とコードと進行を確認。
結果、バッチリでした!さすが♪
宮川さん、どうかこれに懲りず、末永くよろしくお願いしたいm(_ _)m

※私がこの曲をリクエストしたのは、作詞家ご夫妻がいらっしゃっていたからです。

カバー曲ライブは、曲と自分の記憶がリンクして楽しいですね(^^)♪
『ガンダーラ』聴くと西遊記のドラマのエンディング見えるし。
TM聴くと中学時代の通学路が出てくるし。
『Virtual Insanity』聴くと初めて森くんを見たインストアライブとダブるし。
『Bomber』聴くと好きだった人を思い出すし。
また、やって欲しいです♪
d0108969_17243627.jpg

[PR]
by june_h | 2018-01-20 17:21 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

仕事の都合やらなんやらで、来れそうになかったのですが、なんとか来られた!良かった♪
ディスプレイが昨日とちょっと違う(^^;
d0108969_21204863.jpg

<セットリスト>
G:GC
E:エレガット
L:ルーパー

1. ひとりじゃないさ:G
2. Waterdrops:G
3. 君への言葉:E
4. Wonderful world(大田瑞希のカバー):E
5. ショートケーキ:GL
6. Lovely days:G
7. Invisible chain:G
8. Rabbit hole:GL
9. ネオフィリア:G
10. White Christmas(Bing Crosbyのカバー):G

11. 交差点:E
12. モノクローム:E
13. Pebama:E
14. エレンディラ:G
15. Burnin’ heart:G
16. 悪魔の提言:G
17. 黒い実:G
18. ただ時が経っただけで:G
19. Present time:GL
20. ゼロ地点:G
21. My☆girl:GL
22. ユートピア:G

en-1. Isn't she lovely(Stevie Wonderのカバー):G
en-2. Heaven:G
en-3. Navigation(大田瑞希のカバー):G
3n-4. Rainbow seeker:G

最近はルーパーでの演奏が増えていますが、この2daysは、ほとんど使わなかったのです。
本来のギターカッティングが気持ち良くて。
この日は、間奏のギターソロが良かった曲が多かった\(^^)/

大田瑞希ちゃんのカバー『Wonderful world』のアコギのカッティングとか、『ゼロ地点』とか・・・・・。
リクエストされた『Burnin’ heart』の歌詞が分からず、急きょ音源を聴いてから演奏する場面も(^^;

私は勇気を出して(笑)、アンコールで『Heaven』をリクエスト。
いつ聴いても良い曲です(^^)

この日はアンコールまで聴けましたが、結局、前日を上回る曲数をやってくれたので、前日と同じくガチで終電でした(^^;;;
雨は夜更け過ぎに雪へと変わらなかったけど、泣いていたのは空だけじゃなかったかもしれない。

[PR]
by june_h | 2017-12-29 21:16 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)


今年も来ました!クリスマスのMellow tones♪
d0108969_21140106.jpg


<セットリスト>
1. 愛のBeat
2. おいしいパン
3. Navigation(大田瑞希のカバー)
4. 英雄の誕生
5. Isn't she lonely(Stevie Wonderのカバー)サンババージョン?
6. 蜃気楼の街
7. 愛に満ちあふれる島
8. Ribbon in the sky(Stevie Wonderのカバー)
9. キラキラ
10. ゼロ地点
11. White Christmas(Bing Crosby)

12. 風の卵と眠る太陽
13. Pretty baby(withルーパー)
14. 憂鬱
15. 不思議な模様
16. 雨はやまない
17. Wonderful world(大田瑞希のカバー)
18. Rainbow seeker
19. ただ時が経っただけで
20. メガロポリタンズファンクwithルーパー
21. Funk redemption
22. いいんです

大田瑞希のカバー曲が良かった\(^^)/
Isn't she lovelyのサンババージョン?は、大昔、バンドワンマンでやっていたのを思い出します。
森くん、その時ステップ踏んでたりして(笑)。

森くん語録、いってみよう!


■高下駄の漢方の先生
森くんは定期的に漢方薬を調剤してもらっているそうなのですが、先日、その先生が高下駄で現れたらしい(笑)。
歩く時に足指を使うので身体が温まるからだそう。
その先生は、漢方の知識を漢文で書かれている古い書物から得ているとのことで「マニアックだね」と森くん。
・・・・・いやいや。マニアックさは森くんも負けてないですよ(^^;


■ヤングジャンプくらいの厚さ
森くんは、演奏する楽曲を決めていないので、大量の歌詞カードを持って来ていました。
バラバラなので、50音順にしておけばイイのに(^^;


■iPhoneの画面がバリバリになった
森くんのスマホ画面が割れちゃったみたい。
割れやすいのかな?なんて言ってました。
ちなみに、売れっ子ホストがテレビ番組で言ってましたが、画面が割れたスマホを使っている女性はホストにハマる傾向があるらしく(要するに、自分にあまりお金をかけず、全体的に注意がいき渡らないということは一方向にのめり込みやすい)、そういう女性を狙うらしいです。
森くんも気をつけましょう(笑)。


■『憂鬱』は憂鬱から作った
『A Day in Dystopia』の曲が、どういう順番でできたのかという解説をしていて、
「『憂鬱』は「ゆーううううーうーつ」というフレーズからできた」
と森くん。
・・・・・楽しい気分から憂鬱の曲ができてたらスゴいよね、と、心の中でツッコミ(^^;


この日は、本編で終電時刻となってしまったので、アンコールは聴かずに駅へダッシュ!
結局、終わったのは11時超えだった模様。
土日だから、もう少し開演早いと嬉しいのですが。
久しぶりにガチの終電でした(笑)。

[PR]
by june_h | 2017-12-26 20:59 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

私の大好きな2トップの2マン。
最初から最後まで余す所なくマルッと楽しめました!
どちらの曲も全部口ずさめるし、セットリストも全部自力で書き起こせました(笑)。

<ハシグチカナデリヤ:セットリスト>
R:エレキギター(赤レスポール)
B:エレアコ(ブラックバード)
L:ルーパー
P:ピアノ

1. 超good time:RL
2.らぶふらくしょん:RBL
3.ライヤイヤー:BL
4.イメイジ:BL
5.銀髪のシェリー:RL
6.まさかマザーユニバース:RL
7.悩んで病んでyoung days:B
8.Vivid world:P
9.イイワケナイ:RL
10.Rin!Rin!Hi!Hi!:RL


<森広隆:セットリスト>
G:GC
L:ルーパー

1. 愛のBeat:G
2. Pretty girl:GL
3. ゼロ地点:G
4. 早すぎるクリスマスソング:GL
5. 君への言葉:G
6. 2D Star:GL
7. メガロポリタンズファンク:GL
8. My☆Girl:GL
9. Rainbow seeker:G
10. Heaven:G


<アンコールセッション>
森広隆:Gt.&Vo.
ハシグチカナデリヤ:Gt.&Vo.

en1. Please Please me(ビートルズのカバー)
en2. 哀しみの恋人達(Jeff Beckのカバー)
en3. Isn't She Lovely(Stevie Wonderのカバー)

ハッさんでは、らぶふらくしょんでのレスポールとニューアコギの共演、Vivid worldのピアノ弾き語りがレアでした♪12月25日のグランドピアノワンマン楽しみ!

森くんは、やっぱりグルーヴですね!ギターの音に磁力でもあるんじゃないかってくらい身体が動く動く(≧∇≦)
ルーパー使いもかなりこなれてきて、森くんスタイルが確立されつつあります。
いつものGroovyメガネは、ハッさんのファンの方が拾っていましたね(^^;

ハッさんは自分の出番でもアンコールセッションでもMCで森くんにツッコミまくり。
そうです。森くんは「ボケ」なので、相方は「ツッコミ」に回るのが正解です(笑)。
アンコールセッションでは、森くんがビートルズ、ハッさんがスティーヴィーを選曲していて、お互いを気遣っている感じ。
『哀しみの恋人達』は、やっぱりエレキで聴きたいですね~。
なので次回は、お互いバンドの2マンでお願いしますm(_ _)m
d0108969_22290636.jpg


[PR]
by june_h | 2017-12-19 22:25 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

ライブ前に友達とパンケーキ食べたので、珍しくお腹いっぱいでライブに臨む(笑)。
d0108969_17105881.jpg

<セットリスト>
※デフォルトはGC
※(L)はwithルーパー

1. ネオフィリア
2. コーラナッツウイルス(L)
3. Present time(L)
4. 黒い実
5. 並立概念
6. 不思議な模様(ピアノ)
7. Don't let me be lonely tonight(James Taylorのカバー)
8. Pretty baby(L)
9. 愛のBeat
10. 早すぎるクリスマスソング(L)
11. (新曲)(L)
12. ひとりじゃないさ
13. 2D Star(L)
14. My☆Girl(L)
15. メガロポリタンズファンク(L)
16. ゼロ地点
17. Funk redemption
18. Rainbow seeker
19. 君への言葉(ガットギター)

en1. Rabbit hole
en2. Cyclone
en3. ユートピア
en4. ただ時が経っただけで
d0108969_17112004.jpg


私個人的には、森くんがルーパー使うのは反対だったんです。
ギターだけでグルーヴ作れる数少ないアーティストなのに、なんでわざわざルーパー使わなきゃいけないのよ!?ってね。
でも、今回のライブで、彼なりのルーパーの研究成果が見えてきて、「森くんにしかできないルーパーでのパフォーマンスの可能性」を、今後見てみたくなりました!

ループさせるのは、ボイスパーカッションとコーラスが中心。
特に、コーラスを重ねるとゴージャスになりますね。
最初にルーパー使ったのがドラクエ序曲だからなのだろうか(笑)。
この使い方なら、彼のカッティングギターの持ち味を生かすことができる!

ギターやギターアンプは、川畑完之さんが調整してくれていますが、ファズくんも調整してくれたんだとか。
アコースティック楽器とは違う、音の温かみがどんどん追究されていて、こちらも楽しみです(^ー^)

少し前から取り入れられている「あぁ気持ちイイ」と悶えてしまうような奏法は、ジェフ・ベックのボリューム奏法というのですね!

新曲も続々できていて嬉しい限りですが、メロディがどうとか、歌詞がどうとか言うより、全部ひっくるめて、「森くんの音の新たな世界観」が、これからどうなっていくかが、とても楽しみです♪

個人的には
「効率を追求していったら音楽は要らないってことになるんじゃないか」
という森くんの言葉が、とても印象に残りました。

クリエイティブなことって、スッゴク非効率だったりします。
かけた時間が、アウトプット&評価に必ずしも比例するわけじゃないし。
でも、完成までプロセスを積み重ねていく楽しみと、手をかけたエネルギーは絶対残るし伝わるものだと、私は信じています。

私は、そこに作り手の愛情を感じるし、感動もします。
それを受け取れるだけでも、ライブに来て良かったと思います。

効率を突き詰めたら「じゃあ死ねば?」って結論になるよね。
だって生きることは一番非効率で大変だもの。
私達一日一日積み重ねる楽しみを知るために生まれてきたのでしょ?
だから音楽もなくならない・・・・・そう思います。
d0108969_17113737.jpg


[PR]
by june_h | 2017-11-14 17:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)