人気ブログランキング |

カテゴリ:観劇 観戦 コンサート レポート( 208 )

◆7月4日(木)@池袋adm
ハシグチカナデリヤ×ダイナマイト☆ナオキ (O.A)THE FREE MAN
ナオキさまとの夢のツーマン。ついにナオキさまの会員証まで手に入れてしまった(^^;;この日もいっぱい笑かしてもらいました!
ナオキさまの曲は、一見、バカバカしいですが、難しいギターテクを使ってるギャップで魅せてるんですよね。
この男、天然のフリして、何気に計算高いゾ。
何気に「ダイナマイト☆ナオキ」の画数がメチャクチャ良かったりする(^^;;
それに、素で、真顔で下ネタの歌うたっちゃうと、単なる気持ち悪いオッサンになっちゃうから、うっかり八兵衛みたいなキャラにしてるんだよね。たぶん。
O.A.のボーカルさん、眉毛まで赤く染めてた(笑)。

このハコ、正直、ツラいです(^^;;
こぼれた酒でベタベタしてて、荷物置けないです(^^;;


◆7月12日(金)@柏PALOOZA
ハシグチカナデリヤ/サナダヒデト(BAND)/オトループ/FUZ/CANDY GO!GO!

久しぶりにキャンディさん達を見ました!
未来ちゃんの胸の谷間に目が釘付け(^^;;
キャンディストさん達の献身ぶりにはいつも、頭が下がります。

ハッさんのハイレゾガールはバンドで初めて聴いたかも!カッコ良かったです。
久しぶりに聴いたアンコールラストの「パステル」で、ライトに照らされたハッさんカッコ良かった♪
ハッさんはドラムを叩いているというより、猫パンチみたいで面白い(笑)。
そして、ココロコンニャクズでドラムを叩いた時は、高近くんに鞭打っているようでコワイ(^^;


◆7月18日(木)@吉祥寺シャッフル
ハシグチカナデリヤ / Made in Brothers / Puskás / 高高-takataka-

高高くん、固定ファンが増えているようで、よかったです!
彼らの曲を聴くと、一気に、秋冬な雰囲気になりますね!

そして、Puskásくん。
ルーパーをライブで使うと、タイミングがズレることが多いですが、彼は全くズレないし、しかもちゃんと気持ちいいので、ホントに素晴らしいと思います!
彼の「ASAYAKE」好きです。とっても完成度が高い曲。


ピッタリ合わせることで起こる「気持ち良さ」って、あると思うんです。
だから、山下達郎は、新しい器材に合わせて、一年かけて練習する、みたいなこと、するんだよね。

ハッさんはドラムとアコギ。
音のバランスが心配でしたが、PAさん、素晴らしかったです!
マーシーくん、順調にこなれていってます!


◆7月24日(水)@関内ベーシス
ハシグチカナデリヤ / ダイナマイト☆ナオキ / サナダヒデト(BAND) / マキアダチ / フラチナリズム
OA ココロコンニャクズ

今回は粒揃いのラインナップ!
フラチナリズムは二度目ましてでした。面白い部分が前に出てきがちですが、演奏も歌も上手い!特にファンクが上手い!
MC含め、ステージングが全部計算され尽くしている。
ボーカルのモリナオフミさん、あまりにも堂にいってて、35歳に見えない(^^;
純烈の中に入っても違和感なさそう(←悪口じゃないよ)。


7月26日(金)@渋谷TAKE OFF 7
SALTY’s / 寿BAND / ハシグチカナデリヤ / YUCARI
<Opening Act> みどりくん

ライブ前に友達と飲んだら、貧血起こして気分悪くなったけど、なんとか復活。
寿BANDさん、きっと米米CLUBが好きだよね。全体的な編成とか、コスチュームとか、ボーカルの人の雰囲気とか。
そして、間奏でゴールデンボンバーみたいなことをしていた(^^;

ハッさん、普通の対バンでも、だんだんファンが増えているようで良かったです。
特に男性ファンも。同性のファンが増えているのは、音楽性が上がっている証拠。
とにかく、クオリティが良くならないと、長続きしないからっ!!

by june_h | 2019-07-28 16:55 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

今回のアルバムを聴いてまず思ったのは
「激しく引き裂かれている」
夢と金、白と黒、左と右。。。。。対義語の歌詞が多くて。
何をそんなに悩んで迷っているのか??というくらい(^^;

彼の歌は大抵
「頑張る頑張る」か「悲しい悲しい」
の二択なんですが、今回は
「頑張る頑張る」と「苦しい苦しい」
の二択でした。

「遺言ロマンティック」のタイトルも、実は対義語。
「遺言」がタナトス、「ロマンティック」がエロスですもん。


◆イメイジ
この曲は、アルバムの最後だと思ったら、最初だったので意外でした。
来世に持っていきたいくらい好きな曲です。
影を描くことで光を際立たせる歌詞。
後ろへ下へ引きずり込まれそうになる中で、
前へ上へ向かうベクトルを感じます。

ライブでは、ラスサビ前の間奏で、
人生を愛おしむようなギターソロが入るのですが、
(ホントはストリングスでもイイなあ)
アルバムでは無かった。

でも、ここでギターをいれちゃうと、
前後の盛り上がりが強調されなくなるから、
これはこれで正解なんだと思う。
ギターソロはライブで聴けばイイんですから。


◆恋はsalt
私だったらこの曲を最初にするかなー。
音数が少なくてカッコイイ!
ザクザクしているギターリフを聴くとゾクゾクします。
同じく音数が少ない「マッコー」が収録されてなくて、
ちょっと残念!


◆ビビッドワールド
このアルバムの中では歌詞が最高!
言葉選びが絶妙なバランス。
「君をもっと知りたくて少し深呼吸した」
のフレーズ気に入ってます。
「はにかみ屋さん」な雰囲気が上手く表現されています。


◆オトナノオンナトオトナノオトコ
YANAKIKU提供曲のセルフカバー。
短期間でできた曲だそうですが、
この歌詞まで短期間でできたんだったら天才だと思う。
アレンジはYANAKIKUのも好きです。
「僕のレーザービーム」に照れが入っててカワイイ♪
「Super crazy love」も収録して欲しかったんですが、
この曲とコンセプトがカブってしまいますね。


◆ハイレゾ・ガール
ハイレゾという言葉が一般的ではないので、
知らない人には「ハイレグ」に聞こえないか心配です(^^;
サビの後ろで鳴っているアルペジオが、
ファイナルファンタジーのオープニングみたいだ。
そして、変拍子からの大サビは、
稲葉浩志が乗り移ってます。

これ、未収録の「Basement lover」と
コンセプトが同じかな??


◆悩んで病んでyoung days
これは彼の「頑張る頑張るソング」の最高峰だと思います。
彼が歌っている時の、何をも突き破るようなキラキラしたエネルギーは、
迷いの中から生まれているんだってよく分かるし、
こんな曲が書けるなんてホントいつまでも若い!
私の年齢の時の自分は、こんな若くなかったな。。。。。と、ふと思います。


◆これだと思ったけど違った件
この曲は前アルバムの「dandy man」と出だしが同じで、
「イイワケナイ」のコンセプトを引っ張っている感じです。
この曲と合わせて「Weekendが終わる前に」も入れて欲しかったなー。


◆踊ろうよ世界が今日はディスコ
このイントロは、十六分音符で
ギターが鳴っているように聞こえますが、
ライブだと、八分音符で弾いて、
リバーブかけて十六分音符で聞こえるようにしているそうです。
CDの音源はどうなっいるのかは
分かりませんが。

ライブでいつも思うのは、
ギターはルーパーがあるけど、
ベースやドラムはルーパーがないので、
リフを延々と漕ぎ続けなければいけません。
ギターはズルい?いやいや、
ボーカルもあるので、
結構忙しいですよね。

この曲のベースは、ライブでは
遠藤君は全部1弦だけで弾いているので、
(最近はアレンジが進んで、1弦だけじゃなかったりするけど)
見てると面白いです。


◆タイサナイ
彼は器用なので、その気になれば、
ジャズでも演歌でも童謡でもなんでも
作れると思うのですが、
不思議なことに、この曲は、
ファンクの文法に従って作っているはずなのに、
全然、ファンクっぽく聞こえないんです。
けなしているわけじゃなくて、
それが彼の曲の個性なんだと思う。
彼はあんまりブラックミュージック通ってなくて、
どちらかと言うと、ブリティッシュロック好きだしねー。


◆弱くてもNEWGAME
最初に聴いた時、
ゲームのラスボス戦みたいな曲だと思ったら、
やっぱりそういうコンセプトなのかしら??

ベースリフもギターリフも結構好きな曲ですが、
聴いていて、とにかく苦しみが伝わってくるので、
私も苦しくなります(^^;
未収録の「宇宙ダンス」もこの曲に似ていて、
ベースのリフがカッコイイんだけど
やっぱり苦しみが伝わってくるので、
苦しい(^^;;;


◆跳ねる球体の軌道の記録
彼は、スケール感だったり浮遊感だったりを
表現するのがのが上手くて、
この曲も聴いていて、別世界に連れて行ってくれます。

彼の曲は、途中でテンポが変わったり、変拍子になったり、
一つの曲の中にいろんな世界観が詰め込まれていて、
最初は馴染めなかったんですが、
慣れてくると、これはこれで
いろんな世界が体験できて楽しいです。


◆ユートピアリ
この曲の後ろで鳴っているリフが
キラキラしていて好きです♩

ユートピアって、探し求めてたら
いつまでもたどり着けなくて、
今が、ここが、最高最善のユートピアなんだと、
決めた時から、世界はきっと変わるのだと、
私自身は勝手に思っています。だから、
探し求める限りは
ずっと苦しみは続いてしまうのではないかと、
見ていて辛くなったりするけど、
この苦しみこそが生きている実感であって、
それを味わえることこそがユートピアなんだという発想も
あるのかな。。。。。と、この曲を聴きながら
考えた次第です。

by june_h | 2019-06-29 11:12 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■5月9日@代官山LOOP
サナダヒデト レコ発企画「天井裏のフエト」
久しぶりのバンドライブでハッチャケられて楽しかったけど、ハッさんのTシャツからほつれた糸がぶら下がっていて気になりました(^^;


■5月11日@新宿マーブル
サナダヒデト(バンド編成)/ナカノアツシ(GRAND COLOR STONE)/ダイナマイト☆ナオキ(opening guest)谷口智紀
久しぶりのナオキさま♪
毎回、膝から崩れ落ちるほど笑って口角上がります\(^o^)/
でも、この日は、立錐の余地が無いくらいお客さんがいたので、膝から崩れ落ちることができなかったの!とってもイイこと♪
ナカノさんは、MCは関西人らしい面白さがあるけど、歌はマジメです!
そして、谷口くんが見れなかった(^^;


■5月18日@赤坂天竺
minami rumi/ハシグチカナデリヤ
(OA) cOups.
ツーマンでしたが、この日は日中重労働をしたので、rumiちゃんの出番はパスしました。ゴメンナサイ。
バンドでたっぷり1時間だったんで嬉しかったんですが、手足が痛くて途中で意識が遠のきそうに(^^;
OAのバンドのボーカルさんがハーフの男性だったんですけど、表情が日本人ぽかったので、日本での暮らしが長くて日本語の方が上手なのだろう・・・・・などなど、いろいろ想像しながら見ておりました。ドラムの女の子カッコよかった!


■5月26日@渋谷Milkyway
FUZ / ハシグチカナデリヤ / 高高 / サカノウエヨースケ
FAZのツアーファイナルということで、客席もかわいい女の子がいっぱい!
ハッさんもデレッとしていた(^^;
そして、どんどん顔が土色になるTAMATEくんが心配。酒飲み過ぎ?


by june_h | 2019-06-09 19:07 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■4月5日柏パルーザ
ハシグチカナデリヤ/Goodies/小豆原一朗(ex.パンパンの塔)/DooDooDooMiuMiuMiu/マキアダチ / Yeti
野郎5人編成は美味しいことコノウエナシ\(^o^)/
興奮し過ぎて尾骨がムズムズしました(^^;
『アカラサマLOVE』の遠藤くんのベースは色っぽいことコノウエナシ\(^o^)/
対バンで久しぶりにマキアダチのYUちゃんの重厚なドラムを堪能しました(^^)
d0108969_21053006.jpeg

■4月7日下北沢ノックアウトフェス
この日も最強スリーピースのグルーヴは炸裂していた!
フェスで『ライヤイヤー』は珍しくないですか?そんなことないかな。


■4月10日新宿Marble
大柴克己さんとの2マン。
タイトルが
「オバさんがライブハウスに来るのが痛いってツイートに異議申し立てツーマン」
私も若くないので、そのせいで客席の見栄えが悪くなっていたら、アーティストに対して申し訳ないと、毎度心のどこかで思っております(^^;
まあ、でも、ファンなんてアーティストにとっては「頭数」でしかないからね。「一人アタマいくら」っていう存在だから、ファンが思うほど一人一人の年齢は気にしてないと思います(笑)。


■4月22日HMV渋谷
グランピーアニマルのフリーライブ。
間違えて別のHMVの店舗に行ってしまい、慌てて戻る(笑)。
機材トラブルでギターが生音になってしまったけど、そのおかげでグランピーアニマルの曲の歌詞が味わえて良かった♪


■4月26日吉祥寺シャッフル
秋山黄色 / ハシグチカナデリヤ / Puskás / 戸渡陽太
森 心言(Alaska Jam / DALLJUB STEP CLUB)
ババ抜きで出演順を決めたそうですが、ぶっちゃけギターが上手い順になってた(爆)。
ハッさんと戸渡くんは、タイプが全然違いますけどね(^^;
戸渡くんは、グルーヴが本当に素晴らしい!彼のギターを最後に聞けて身体が休まりました(^^)
d0108969_21061784.jpeg

by june_h | 2019-05-01 21:03 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

誕生日に投げ銭ライブするなんて大胆だなーと思ったのですが、この男、ちゃんと考えているな、と(^^;

ライブの後は気分が高揚しているから、財布のヒモが緩みがちだし、誕生日なら余計に緩む。
商売上手だわ♪


<セットリスト>
Gt.&Vo. ハシグチカナデリヤ
Drs. 海保けんたろー
B. 遠藤光与志
Gt. 庄司陽太
Ag. Cho. 小田チップス

1. とんぼ(長渕剛のカバー)
2. イメイジ
3. カメレオマン
4. 恋はSalt
5. ラブリーメモリーラズベリー
6. キスマーク
7. 弱くてもNEW GAME
8. Rachel
9. ビビットワールド

以下
Gt.&Vo. ハシグチカナデリヤ
Drs. 海保けんたろー
B. 遠藤光与志

10. ニュートリノシンドローム
11. 宇宙ダンス
12. ライヤイヤー
13. ユレル
14. 燃えてフラジャイル

以下
Gt.&Vo. ハシグチカナデリヤ
Drs. 海保けんたろー
B. 遠藤光与志
Gt. 庄司陽太
Ag. Cho. 小田チップス

15. なに食べ
16. まさかマザーユニバース(ヴァース遠藤光与志(映像出演))
17. らぶふらくしょん
18. ミュージックビデオ
19. 悩んで病んでyoung days
20. 超good time
21. モノクロライダー
22. Rin! Rin! Hi! Hi!
23. YELLOW & NAVY BLUE

en1. 踊ろうよ世界が今日はディスコ(山内かなえ映像出演)
en2. 六等星の丘
en3. パステル


ハッさんで2時間ぶっ通しは初めてでしたが、本当にあっという間で楽しかったです!
映像なんかも使って、さすがのワンマン。
サポートメンバー一人一人のテクニックも堪能致しました(^^)

そして、待ちに待った新譜の発売日が6月に決定とのこと。
本当におめでとう!
今回の新譜が出るまで、きっといろいろ苦労があったよね。
多作のミュージシャンだから、「便秘状態」が1年以上続いたような感覚で、気持ち悪かったんじゃないかと思う(^^;
でも、きっとその分の「爽快感」は強いんじゃないかな?
私も楽しみです。

遺言ロマンティック」・・・・・これが新譜のタイトルなの!?
椎名林檎のアルバムみたい(^^;

これで今朝見た夢を思い出した。

そこは夜の教会。
私は、なぜだか神父で、ドアをそっと開けると、神父仲間が死んでいた。
人間としての喜びも知らず、神のために一生を捧げた真面目な人だったけど、頑固で気難しい人だったから、牧師仲間は寄りつかず、結局、一人で亡くなった。
ああ、やっぱりな、という思いと、ずっと癒えることのない悲しみとが、ない交ぜになったような気持ち。
私、二度と看取りたくないんだよね・・・・・というところで目が覚めた。ヘンな夢(笑)。

話が逸れたけど、私がいくら払ったかっていうと、いただいた分の対価は過不足なくお支払いしましたよ!
開演前に、ジャミロクワイのスペースカウボーイがかかっていて、気分が上がりました(^^)
楽しませてくれてありがたし。

by june_h | 2019-04-20 22:32 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■3月1日@恵比寿club aim
Skip the Chips/ハシグチカナデリヤ/かなわない恋
3ピースのライブは楽しい\(^o^)/
MCほぼナシで駆け抜け、今日も存分にはっちゃけられました!
この日の昼にカレーを食べ過ぎて気分が悪かったのですが、ハッさんもCoCo壱のカレーを食べ過ぎたらしく、まさかのカレーカブり(笑)。
d0108969_23452618.jpeg


■3月5日@新宿Marble
ザ・マスミサイル/ハシグチカナデリヤ/littleneem O.Aトブトリオトス
ここのライブハウスは喫煙OKなので、私の中で優先順位が低いのですが(笑)、今回はOA含め面子がよくて満足。
ハッさん、エレキもアコギも持ってくると言っていたのにフタを開けるとアコギだけ!?
レアな『YELLOW&NAVYBLUE』が聴けて良かった♪
d0108969_23444516.jpeg


■3月12日@渋谷クレスト
in state/seagulloop/ZILCONIA/サナダヒデト(BAND)/MOLE HiLL/ハシグチカナデリヤ
うーん。
今回のスリーピースは、まだ日が浅いのでコメントすべきではありません。
テンポとリズムをキープできれば、もっと良いグルーヴになるはず
d0108969_23460371.jpeg


■3月14日@代官山LOOP
ハシグチカナデリヤ/ラズワルド O.A. Quintet Queen Quest
女性アイドルさんとのツーマン&オープニングアクトも女性アイドルなので男性客ばかり。
ベースの豆ちゃんの指の美しさにウットリ♪
最後のセッションで、ラズワルドさんは歌詞を完璧に覚えて手ぶら
歌と振り付けをすぐに覚えるように訓練されているんだなあ。
アイドルの熾烈な生存競争を垣間見たように思います(^^;
d0108969_23471414.jpeg


■3月22日@六本木Morph
ハシグチカナデリヤ/TENDERLAMP/AmamiyaMaako/CASPA/immortal noctiluca/KONSOME+
鍵盤を持ってきていたということで、メロディアスなナンバーか!?と思ったら、リズムマシン的に使ってた(^^;


■3月29日@下北沢garage
SASORI/グランピーアニマル/noffoff
今回はグランピーさんのサポート。
スリーマンなので多目に見られて満足。
この日は下北沢のライブハウスでダブルヘッダーのようでしたが、私は早々に退散。
下北沢駅が工事で変わってて、小田急線と井の頭線が完全に分離していた(^^;

by june_h | 2019-04-06 10:09 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■2月6日渋谷テイクオフセブン
ハシグチカナデリヤ / Academic BANANA / TRUE HONNY LAND / グランピーアニマル / 18らいん /<サブステージ>鈴木友里絵
メンバー:海保けんたろー/遠藤光与志/小田チップス/庄治陽太

何年もライブに通っていますが、今回のような素晴らしいパフォーマンスを見る機会はそんなに無い!というくらいの素晴らしい出来♪
ハッさんは色気ムンムン、全力で演奏する5人に、終わりまで目は釘付けでした\(^^)/
d0108969_16291733.jpeg


■2月26日下北沢ERA
ハシグチカナデリヤ/ザ・マスミサイル/侍文化/chelovek.
メンバー 海保けんたろー/遠藤光与志

長いこと引きこもっていたので、この日はストレス解消ライブ!

ハッさんも、久しぶりの自分のライブだったので、解消しまくってました。
激し目の曲が多くて満足満足\(^^)/
マスミサイルのボーカル高木さん、バッチリ結婚指輪をしていて、珍しいなーと思いました(^^;
d0108969_16293823.jpeg


by june_h | 2019-03-03 16:26 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

■1月11日(金)@下北沢MOSAiC
ハシグチカナデリヤ&MOSAiC presents 何かしらが爆発する2019

新年一発目のハッさん。
リズム隊は初メンバー。
とにかく若い!
ペース配分とか関係なく、二人とも全力(^^;
二人をコントロールしようと、ハッさんがロデオ乗りみたいな状態に(笑)。
一番難しそうな『Rin! Rin! Hi! Hi!』がなぜだか一番上手い(笑)。きっと二人が聞き慣れているからなのね。
だとすれば、慣れればもっと良いスリーピースになって、若い男性ファンが増えそうだわね(^^)


■1月15日(火)@吉祥寺SHUFFLE presents sound machine vol.201
ハシグチカナデリヤ / 最近のジャクソン / Amber's / 如月に咲う / Novaurelia

久しぶりのハッさんのアコギは、音がキラキラしていた!
Amber'sさんは、男性か女性か毎回分からなくなります(^^;
d0108969_22554720.jpeg

■1月17日(木)@ASAKUSA MUSIC JUNCTION ~キタヘミナミヘsing a long♫~
A.F.R.O/JaaBourBonz/ハシグチカナデリヤ/ The Voices of Japan(VOJA)/松田栄作/The OrderMade
d0108969_22561836.jpeg
この日もアコギ。出番は早かったけど、ファン多くて良かった!
この日は自分にとって3連チャンライヴの最終日だったので、早々に退散。
帰り道、浅草寺にお参り。
夜の観音様は、三社祭の宮入り以来ですね。

d0108969_22564104.jpeg

■1月20日(日)@新宿ナビカフェ

ナビカフェ夜の部にお邪魔しました。
本当は渋谷隊長と二人だったそうですが、隊長が体調不良で欠席。急きょ弾き語りワンマンに。
ライヤイヤーが2回聴けて美味しかったです♪


by june_h | 2019-02-17 20:58 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

12月は仕事多忙につき、ちょっと少な目(^^;

◆12月11日(火)渋谷gee-ge
ハシグチカナデリヤ/ZEN(from ZEAT)/SOLZICK

大きな仕事が終わって開放感たっぷりで見た♪
あんまり寝てなくて、気を抜くと寝てしまうので、コーヒー3杯飲む(笑)。
超good time』をピアノで聴けたのはレアでした!
d0108969_21181663.jpeg

■12月25日(火)上野音横丁
ザ☆メンテナンス×ハシグチカナデリヤ

久しぶりのバンドライブで、はっちゃけられて楽しかった\(^o^)/
メンテナンスさんは、さすが!
メチャクチャやってるように見えるけど、キャッチーだし、覚えやすいし、リズムも工夫されていて音もしっかりしてる。
帰り道で「サチコ、サチコ、サチコが悪い」が頭の中でコダマする(^^;
ボーカルのAnchangさんは、プロレスラーみたいだなあと思ったら、プロレス好きな方だった(^^;;;

d0108969_21185168.jpeg

by june_h | 2018-12-28 21:16 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

風邪気味だったのに前日のライブで大声で一緒に騒いだら、見事なまでに声が出なくなってしまって(^^;
こんなに声が出なくなったのは、イギリスで風邪をこじらせて以来。
あのときは、日本にいる妹に電話したら、私だって全然気づいてもらえなくて、電話切られちゃったんだよね・・・・・って余計なことまで思い出してしまいました(^^;
でも、50曲余り、しっかり楽しんで来ました!
では、思い付いたことから箇条書きで。

◆裏声じゃなくて実声の「毎日がbrand new day」良かった!

◆ちげちゃん「イロコイマグワイエトセトラ」ギターがとても良かった♪

◆新曲イイ!歌詞聞くと、多少、複雑な気持ちになるけど(笑)。

◆海保君完走乙!
まぁくんがヘルニアで叩けなくなったってことで、全曲叩くことになった海保くん。
最初は、ドラマーが50曲なんて聞いたことない、まぁくんの病気は仕方ないとして、無理せず、瞬君を召喚すれば良いのに・・・・・と、心配でしたが、見事に叩き切りましたね!
終わった後、客席に投げたスティックがボロボロでした(^^;

◆ボーナストラックとか、4章の選曲とか、サポートメンバーとか、多少違ってましたけど、曲順は前回とほぼ同じ。なので、逆打ちにするとか、どの章から演奏するか分からないようにするとか、章の中でランダムにするとか、ちょっと違った方が、ドキドキ感があってイイかな。
d0108969_17475721.jpeg

◆私は風邪気味だったので、4章の『イメイジ』の途中で意識がなくなりそうになっちゃった(笑)。
「全曲ワンマン」とはいえ、4章はかなりボツ曲が多くて残念!
次回からは2日に分けてやらないとね(^^;

by june_h | 2018-12-02 17:47 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)