やっぱりワンマンライブは楽しい!!
全部楽しい!!!

<セットリスト>
◆1部
Gt.&Vo.ハシグチカナデリヤ
Drs.&Cho.海保けんたろー
B&Cho.遠藤光与志
Gt.渋谷隊長
A.Gt.&Cho.小田チップス

ハシグチ&海保&遠藤
1. オトナノオンナトオトナノオトコ
 →意外なオープニング♪
2. 萌えてフラジャイル
3. 超Good time
4. カメレオマン
5. ユレル
 →海保くんのドラム良かった!
6. ライヤイヤー
 →ハッさんのボーカル色気たっぷり♪
7. モノクロライダー

ハシグチ&海保&遠藤&渋谷
8. ニュートリノシンドローム
 →音のバランス変わった?と思ったら、モニターが移動したせいだった。
9. バイバイ未来エンドローム
10. OK SONG
11. 宇宙ダンス
 →遠藤くんのベースここぞとばかりの重低音!カッコいい!!
12. らぶふらくしょん
 →イントロが意外で全然分かんなかった!

ハシグチ&海保&遠藤&渋谷&小田
13.名前はまだ無い
 →海保くんドラムのループ10分以上おつかれさま!

◆2部
Gt.&Vo.&Key.ハシグチカナデリヤ
Drs.愛され続けて39年丹大博
B山守拓人
Gt.&Cho.山内かなえ、庄司耀太
A.Gt.&Cho.小田チップス
バース、遠藤光与志

14. アカラサマLOVE
 →ハッさん、拍手はちゃんとするから余韻をもう少し楽しませてくれっ!
15. 恋はSalt
16. ミュージックビデオ
17. イメイジ
18. ビビッドワールド
19. 踊ろうよ世界が今日はディスコ
 →チップスくんの踊りが変化していた。ちげちゃんボーカルパートは固定かな?
20. まさかマザーユニバース
 →遠藤くんの生首バースも、タクトくんのベースも良かったです!
21. 悩んで病んでyoung days
22. Weekendが終わる前に
23. SUPER CRAZY LOVE
 →まあくんテンポ早かったけど耀太くんアタフタしないで対応してGJ!
24. 六等星の丘
25. Rin! Rin! Hi! Hi!
 →耀太くん、ハッさんのムチャ振りに対応してGJ!

26. なに食べ
27. アンコールは永遠に
 →最後にアコギで、お客さんコーラスで・・・・・。


今回のハッさん、ジム通いでスリムになって、新しいパンツや帽子のお披露目があったり、『ライヤイヤー』で色気たっぷりに歌ってみたりで、

色気&演技構成点は200点。

だったんですが、

歌詞ちょくちょく間違えたり、私の大好きな『イメイジ』のループがグシャってなったりしたので

技術点は70点。

今後の期待も込めて。
とはいえ、しっかりリードギターソロは、いつもより5割増しギラギラしてた(と、一応フォローしておきます)

この男は、こんなモンじゃないぞっ!!

この日の前日のブログで、物議を醸していましたが、

この男はタダの活動休止詐欺師じゃないぞっ!!!


この話で思い出した。この男のライブを初めて見た時のことを。

初めて見た時、正直言って、大嫌いでした。

ピエロみたいな格好までして、

そこまでして爪痕残したいんか、なんてアサマシイ男。

と、心の底から軽蔑しました。物販で呼び込みしている彼を、なるべく視界に入れないようにして、その日は帰りました(笑)。

でも、何度か対バンで見ているうちに・・・・・。

もしかしたら、この人、本気なのかもしれない。と、改めて、振り返ってよく見てみた。

小さなライブハウスで歌っているアーティストのほとんどは、誰でも歌えるような歌を歌っているか、売れなくてヤサぐれているかの、どちらかだけど(爆)。
この人は、ケチなプライドとか、かなぐり捨てて、必死でドアをこじ開けようとしているらしい。

それに気づいて、今までの曲とか全部聞かせてもらったけど、
リードギターが恐ろしく上手い!!し、

しかも30歳半ばなのに、
いまだに曲のクオリティは右肩上がり

しかもしかも30歳半ばなのに、メジャーデビューしちゃったんだよっ!
そんな人、1%もいないでしょ。30歳超えたら、普通は諦めてきちゃうよね(^^;

私が通っている間にも、ライブパフォーマンスは、どんどん良くなってるし・・・・・。

この人は正直、天才じゃないけど、努力し続けられるって、それだけでスゴい才能だと思う。

で、このライブ前日の
6月27日(水)六本木Morph-Tokyo
ハシグチカナデリヤ(約2週間の)活動休止直前ワンマン
~免許合宿行ってきます~
のブログを見て、

そこまでしてチケット売りたいんか、なんてアサマシイ男。

と、呆れた私ですが、でも、これからもきっと、
呆れさせるかもしれないけど、飽きさせてはくれないよね。
だから、

まだまだイケるぞ!!まだまだノビるぞ!!!

・・・・・今後の期待を込めて。
d0108969_21282528.jpg

[PR]
by june_h | 2018-03-29 21:25 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

この日は雨が降っていたんですけど、夜には止んで良かったです。
『雨はやまない』のは、森くんの曲だけにして欲しい(^^;
d0108969_22494646.jpg
<セットリスト>
1. おいしいパン
2. 風の卵と眠る太陽
3. メガロポリタンズファンクwithルーパー
4. 黒い実
5. 雨はやまない
6. Waterdrops
7. Avalanche
8. I got my passport
9. キラキラ
10. 愛のBeat

11. ネオフィリア
12. 碧
13. 密室
14. 君への言葉
15. Pebama(withピアノ)
16. Pretty baby(with ルーパー)
17. Wonderful world(大田瑞希のセルフカバー)
18. 2D Star(withルーパー)
19. ゼロ地点
20. Rainbow seeker
21. いいんです

en.ユートピア


この日は『Avalanche』で泣けました(・_・、)
妙に感傷的になっちゃいましてね。
聴きながら、空に飛んで行ったけど、人を殺すのがイヤで、何もせずに水平線の向こうに消えた人もいたんじゃないかなぁ・・・・・と、想像しちゃったんです。
その前が、『雨はやまない』『Waterdrops』で雨雨が続いたからですね。

森くん、前半は、いっぱい喋ってくれましたね。
ただ、時間の関係で、後半は駆け足になっちゃったんですけどね(^^;
森語録、行ってみよう♪


◆昔はサーフィンなんかも行ったけど、最近は「はんだ付けが趣味」としか言えない
ミュージシャンをフォローしていると、機材を皆さん、カスタマイズしてますよね。はんだ付けの腕も上がるってもんです。


◆風呂上がりに曲がよく浮かぶ
私も、いろいろ思いつくのは、風呂掃除してる時とか、散歩してる時とか、そんなにガチガチに頭使ってない時です。


◆曲いっぱいできてるけど全部できかけ
・・・・・早く完成させてください(笑)。
とはいえ、今までのペースを考えると、まだまだかかりそうなので、気長に待ってます(^^;


◆コーラス前提の作曲マイブームが止まらない
最近はルーパー使っているせいか、コーラスをどんどん重ねていく曲が多いですね。
ルーパーって、アーティストによって使い方に個性が出ますよね~♪


◆パクリハードルが自分の中で少し下がっている
森くんが寡作なのは、「パクリハードルの高さ」が大きな理由ですね。
年数の割りに発表曲が少ないですが、作っている曲は決して少ないわけではないと思うんです。
ただ、誰かの曲とか自分の過去の曲とかに似ているということで、ボツにする確率が高いみたいなんです。
ゼロ地点』も、それでボツになりかけた、と。初めて知りました。
コード進行とかメロディとか、出尽くしているんで、全く新しい曲を創り出すっていうのは、本当に大変だと思います。


この日のアンコールは、森くんのバースデー&mellow tones30回記念ということで、ファン有志から、ちょっとしたサプライズが。

まず、入口の花束♪
d0108969_22483122.jpg
アンコールでは、ピンクのサイリウムをお客さんたちで振りました♪
写真が残っていないのが残念ですが・・・・・。

それから誕生日に欠かせないケーキ♪
この日に用意されたケーキはカレンダーになっていて、森くんにお渡ししたのは、3/9の部分が赤くなっています。
オシャレ&美味しそう♪

ちなみに、私が初めて参加したmellow tonesは2002年のVol.3。
・・・・・恐ろしいですね。16年前ですよ(^^;;;

お店のスタッフさんもいろいろ協力くださったようで、本当に感謝ですm(_ _)m

音楽を長く続けるのは本当に大変で、続けてくれているのは本当に感謝。
そして、こうして長く応援できる自分は幸せです。
森くんが音楽を少しでも長く続けられますように。
そして、少しでも長く応援できますように。

30回目までくるのに16年以上かかっているわけですから、40回記念に到達するのは・・・・・あと何年かかるかしら(^^;
d0108969_22503730.jpg


[PR]
by june_h | 2018-03-28 22:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

夜は、なんとか雪の影響がなくて良かった(^^;
d0108969_22061059.jpg
<セットリスト>
Drums:宮川剛 Bass:岡雄三 Rhodes:河野伸
1. I Got my Passport
2. エレンディラ
3. ショートケーキ
4. Rabbit hole
5. 密室
6. イツモドオリ(withルーパーのコーラス)
7. Pretty baby(withルーパーのコーラス)
8. Versace on the floor (ブルーノ・マーズのカバー)
9. 愛のBeat(森弾き語り)
10. (新曲)
11. 黒い実
12. Burnin’Heart
13. Heaven
14. キラキラ
15. 2D Star
16. Present time
17. Wonderful world(大田瑞希のカバー)
18. メガロポリタンズファンク
19. Rainbow seeker
20. 君への言葉(エレガット)
en1. コーラナッツウイルス
en2. Cyclone
en3. ゼロ地点
en4. ユートピア(森弾き語り)

今日のセトリは独特?で、特に前半のセトリは神がかってた!

ショートケーキのバンドバージョンは久しぶり(何年ぶり?)だったし、Rabbit holeはラストのベースとドラムのタメが良かったし、イツモドオリのラストはラッパとコーラスとギターでめっちゃ高度な技術だったし、Versace on the floorはボーカル良かったし、新曲聴けたし、Present timeはアレンジ大人っぽくなってたし、Wonderful worldはバンドで聴けてサイコーだったし、Cycloneからゼロ地点のドラムの流れが良かったし!!

とにかく、音がスゴく良かった!
森くんとバンドメンバーとPAさん本当にありがとうございますm(_ _)m

語りたいことイッパイあるけど、この日一番の衝撃は………
…………森くんが水性と油性の違いを知らなかったってこと(;゚д゚)(;゚д゚)(;゚д゚)(;゚д゚)

来場者全員に配られる特典CD-R『MOTTAINAI ANTHOLOGY Vol.3』がプレゼントされたのですが、そこには「MOTTAINAI ANTHOLOGY」と、森くんが一枚一枚押したスタンプが。でも、インクが乾かないので、CDプレーヤーで回すと、インクが飛び散ってしまいます。
それがバンド「Metallica」のロゴのようになるので、「メタリ化」とファンは呼んでいました(笑)。
で、森くんは、メタリ化を防ぐために、一枚一枚、ティッシュで拭き取っていたら、親切なフォロワーさんが「油性インクなら乾くのでは?」と教えてくれたんです。
森くんは、それまで水性インクを使っていたんですね(^^;
それで、油性インクを買ったところ、すぐに乾いたから、森くんは大喜び♪
四十にして惑わず・・・・・ではなく、四十過ぎにして水性と油性の違いを知った森くん(笑)。
ちなみに、私のはメタリ化しませんでした(笑)。
d0108969_22062335.jpg

終演後は、観に来ていたハシグチカナデリヤ&ベースのタクトくんを横目に余韻に浸る私(笑)。

ライブ終わった後も「とにかく最高だった!」っていう感想がツイッターに溢れてた。
本当に最高だった証拠だね。語る言葉が見つからないくらいのライブでした。
私も、次の日の朝Wonderful worldが頭の中を流れていて、ずっと余韻に浸っていました(^^)

P.S.
後で分かったことなのですが、この日のライブは、いくつか「奇跡」が起きていて、それを知ってまた、涙が止まらなくなったのでした・・・・・。
d0108969_22063721.jpg

[PR]
by june_h | 2018-03-22 22:02 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

本屋で見かける副島さんの本は、オドロオドロしくて手に取るのはためらわれるうんですが(笑)、佐藤優さんは「副島さんはトランプ大統領の誕生を予言した」ということで、評価しているようです。
副島さんは、トランプが大統領になって良かったと思っているみたい。ユダヤ人脈のキッシンジャーが彼の味方をしたのが、何よりの証拠だそうな。
ヒラリーが大統領になっていたら、第三次世界大戦が起きていただろうから、と。

その後は、世界中で暗躍しているインテリジェンス(スパイ)の話に。
各国の要人と、どういうつながりがあったとか、スパイ達とどう付き合っていただとか。
外務省にいた佐藤さんも、ロシア側のスパイに取り込まれないように、いろいろ注意していたみたい。
スパイ映画みたいな話が盛りだくさんで面白いけど、こんなことが世界で日常的に起きているなんてゾッとします(^^;

[PR]
by june_h | 2018-03-18 20:04 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

この方の講談は聞いたことがないのですが、NHKの番組「Switchインタビュー」で、いとうせいこうと対談していて興味を持ちました。
父親を早くに亡くして、学生時代の記憶がほとんど無いとのこと。
私の母も母親を早くに亡くして、中学時代の記憶がほとんど無かったと言っていたので、同じだと思いました。
元々、落語の立川談志がきっかけだったんですね。
談志が好きな人が談志を語ると皆、苦しそうなのはなぜだろう(^^;

講談の世界に入った時、何もできないのに生意気で、自意識ばかりが高い中二病だったとのことですが、観客の立場の時から、やりたいことがハッキリしていて、それに向かって努力していたから、今のご活躍があるのですね。

そして、大きかったのは師匠の神田松鯉の存在。
早くから松之丞を「将来、講談の世界を背負って立つ逸材」だと、目をかけて彼を育て、周囲に口添えし、良い面を伸ばすように導いてきたのが、よく分かります。松之丞も師匠をとても信頼しています。

私もいつか聞けるチャンスがあるかしら!?
楽しみです(^^)

[PR]
by june_h | 2018-03-16 21:59 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

「糟糠の妻」というと、男性が一方的に悪い印象になりますが、必ずしもそういうわけではないでしょう。
有名ミュージシャンの結婚・(不倫からの)離婚・再婚のケースを紹介していますが、ミュージシャン特有のケースというわけではなく、人気商売なら、いや、一般人でも、あり得る話です。
巻末掲載されている、著者と、精神科医の香山リカさんによる対談で
「ミュージシャンは純粋なラブソングを歌っているのに、実際にやっていることと違うからムカつくのでは?」
という話がありましたが、純粋な気持ちに偽りはないと思います。
ただ、その気持ちが明日も明後日も続くかは別ってだけです(^^;

そもそもミュージシャンは、「モテたいから」という動機で音楽を始めている場合も多いので、誠実さを求める方が間違っているかもしれません(^^;
そして、なかなか食べていくことが難しい過酷な仕事ですから、本人が真面目で誠実でも、それを貫けない状況に追い込まれることもあるし・・・・・。
また、音楽と結婚しているようなものなので、たとえ妻の立場でも、愛人みたいに扱われてしまうかもしれないし、そう扱われる覚悟が要るかも。

私もライブによく行くので、バンドマンと付き合っていた友達のミもフタもない話とか(笑)、アーティストがファンと付き合って、そのファンのコミュニティが複雑になった話とか、たまに聞きます(^^;
こういう話も、浮気も不倫も離婚も、善悪の問題ではないです。でも、当人が背負うリスクではあります。
当人以外は関係ナシ。巻き込まれちゃったら頑張ってねっ!て思うだけです(笑)。

[PR]
by june_h | 2018-03-14 13:37 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

2月は目を血走らせて仕事しなきゃなんないくらい忙しかったので(笑)、ちょっと少な目でしたね。


■2月8日(木)渋谷RUIDO K2
GA-HA-/ハシグチカナデリヤ/FUZ/ZEN (from ZEAT)/ミラクルチンパンジー/アイラブユーベイビーズ

気づけばハッさんの友達&以前の対バンでお見かけした方ばかり。
大西さんが、以前のイメージと全然違う!・・・・・誰かと間違えてたのかな??
GA-HAさんって、わりかし爽やかな歌を歌う方だったんですね。


2月23日(金)代官山LOOP
渡會将士MWtrio/ハシグチカナデリヤ

越智くんドラム初体験だったので、アヤシイと思われるくらいガン見してました(笑)。
スッゴく丁寧に叩いている印象。
バスドラ叩きながらスティックを高く掲げて、真面目な顔でクラップを煽る姿がカワイイ♪
「リンハイ」のゴーストノートとか、やっぱり海保君ともマー君とも違って個性がありますね。でも、まだまだ伸びしろありますよー今後に期待!
渡曾さんは、MCがひたすら面白いんですけど(^^;
この日、いつものようにチラシを配っていた、ギターのちげちゃんに「なぜ「ちげちゃん」なのか」ということを訊いてみました。
本名の「山内かなえ」→「やまうちげ」→「やまちげ」→「ちげ」
と、紆余曲折を経ていたことが判明。
ここ1年くらいの謎が解けてスッキリ♪
d0108969_12441185.jpg

[PR]
by june_h | 2018-03-03 12:41 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)