久しぶりに塩野七生節が聞け(読み?)ました♪
イギリスEU離脱からトランプ大統領誕生あたりまでのエッセイです。
塩野さんらしく、現代の世界情勢を古代ギリシャ・ローマ、中世ヴェネチアなどと比較しています。
塩野さんはイタリア在住なので、中東からの難民問題がとても切実であることが分かります。
難民は、中東からイタリア半島を通って、最終的にドイツなどへ行きたいのに、ドイツが受け入れを拒否してしまうので、難民がイタリアに留まってしまうのです。
職を与えたくても、元々の失業者率が高くてイタリア国民も困っている。政情も不安定。
昔のイタリア人は恋愛問題で殺し合いをしていたのに、今では経済的な問題で家族で殺し合いが起きている。
日本だって北朝鮮から難民が押し寄せる可能性があるので他人事ではないし、いろいろ問題は多いけど、失業率は低いし難民問題は無いし政治もまあまあ安定している…そんなことが書いてありました。

フリードリヒ2世に興味が湧きました\(^^)/
借金問題や女性問題で政治家が辞任する昨今、女作りまくって借金しまくってたけど上手くいった皇帝って、どんな人だろう!?

[PR]
by june_h | 2018-04-23 16:57 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

今回のテーマは神様が嫌う「穢れ」についてです。
いわゆる「黒の穢れ(喪)」と「赤の穢れ(月経)」がありますが、前者の方がはるかに耐え難いとのこと。
それでふと、私は思いました。

・・・・・生け贄を捧げるとか、絶対ダメじゃん(^^;
生け贄を捧げる儀式とか、歴史的に、世界のあちこちにあるけど、神様の種類が違うのかな!?

豊川稲荷のダキニ天さま、「なんで人間は金を欲しがるのかのう。」と、呆れておられましたが、確かに、お金ばかり追いかけて、かえって不幸を呼び込んでしまっている人もいるので、何やってるんだろう?って感じでしょうね(^^;;;

王子に行く用事がたまたまありましたので、この本で紹介されている王子神社と王子稲荷神社にも行ってみました。
お稲荷さんの石像が、それぞれ表情豊かだったのが印象的でした♪
石を持ち上げるのを忘れました(^^;

[PR]
by june_h | 2018-04-22 15:50 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

スポーツトレーナー、ゴルフのキャディ、スポーツ栄養士、野球の審判などなど、スポーツを裏から支えるプロフェッショナル達のインタビュー集。
今のアスリートは、がむしゃらに練習するだけではなく、フィギュアスケーターならコーチ・トレーナー・振り付け師・ジャンプのコーチなどなど、それぞれのプロフェッショナルがチームを組んで結果に挑む、いわば総力戦です。
アスリートの潜在能力が高くても、それを支えるチームが良くなければトップに登り詰めるのが難しい時代になりました。

それぞれのプロフェッショナル達は、最初から裏方になろうとしていたわけではない場合がほとんど。
元々は、そのスポーツの選手だったり、サラリーマンだったりしていて、人との縁やタイミングで、今の仕事をしているわけです。

しかも、先人がいない、前例のない仕事もありますから、自分たちで研究や努力を重ねて、自分の道を切り開いていったのです。

皆さんが口を揃えて言うのが、人との縁の大切さ。
信頼して仕事をくれた人に対し誠実に仕事をする。その繰り返しで評判が広がり、新しい仕事に繋がる。
これが正にプロの仕事でしょう。

[PR]
by june_h | 2018-04-17 22:25 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

※3/23のワンマンライブは別で語っています。

■3月1日(木)渋谷TSUTAYA O-Crest
高木誠司BAND/ハシグチカナデリヤ/aobahitori/GHOST ORACLE DRIVE

O-Crest初体験でしたが、階段で5階まで登らなきゃいけないんですね(^^;
息切れしましたよっ!
ハッさんは、遠藤くんがベース、まあくんがドラム。
楽しかった!熱かった!!
ギターソロはキラキラしていたし、
遠藤くんのベースの存在感はどんどん増してます(バーシストとしても)。
まぁくんも、いつも以上に良かった♪
先日、越智くんのドラム初体験だったけど、まだまだノビシロありそうですねーふふ。
私は乾いたドラムが好き♪

遠藤くんがハッさんの真似して質問箱を始めました。
ベースの上手下手は「空気が読めるかどうかで決まる」と答えていて、奥が深いと思いました。
今回主催の高木誠司さん、本当にイイ人だわあ。
謙虚な方で、出演者を一組一組褒めまくり。きっと今までいっぱい苦労されているのですね!
d0108969_22020850.jpg

3月13日(火)新宿SAMURAI
ハシグチカナデリヤ/南るみ/Dreamy Melts/Malcolm Mask McLaren/杉本ラララ

たまたまスルッと参加できた日。
杉本ラララ君の出番でもギターで参加していたので、2度美味しい♪


杉本くん、ひたすら「死にたい」とかってMCしてたけど大丈夫かいな(^^;
本当に死ぬかどうかではなく、もう30超えて大分経つのに、中二みたいだ・・・・・でも、気持ちが若いからアーティスト続けていられるのでしょう。
ハッさんは、いつも出囃子で使っているクリスタルキングの『大都会』の音源を忘れたので、長渕剛の『乾杯』を歌いながらステージに登場(笑)。
この日は、ライブ前に焼肉食べ放題で食べ過ぎてボーッとしていたので、早めに退散しました(^^;
d0108969_22030808.jpg


3月30日(金)吉祥寺SHUFFLE
ハシグチカナデリヤ/BOZE STYLE/GET BILL MONKEYS/イエロールーキー

ベースは久しぶりのさくちゃん♪
足元がエフェクター2個だけ。
エフェクターボードが要らないくらいシンプル。
さくちゃんのベースは割と音源通り。
最近、音源と違う遠藤くんのベースをよく聴いていたから新鮮でした♪
d0108969_22033033.jpg

[PR]
by june_h | 2018-04-16 21:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

桜新町、初めてです!
サザエさんの街なんですね。

d0108969_20483448.jpg
<セットリスト>
森:森広隆(Vocal/Guitar)
馬:馬場一嘉(Guitar/Vocal/Chorus)
g:ギター
k:キーボード
p:ピアノ
l:ルーパー
( )はオリジナル

1. 愛のBeat:森g
2. Wonderful world(大田瑞希提供曲のセルフカバー):森g
3. English man in New York(Sting):森g馬kp
4. ひとりじゃないさ:森g馬g
5. 密室:森g馬g
6. Pebama:森g馬p
7. ロビンソン(スピッツ):馬g森g
8. Human nature(Michael Jackson):森g馬g
9. ショートケーキ:森gl馬g

10. 一見さん暖簾をくぐる(馬場一嘉):馬g森g
11. I Want It That Way(Backstreet Boys):森g馬g
12. 雨はやまない:森g馬k
13. Waterdrops:森g馬g
14. Versace on the floor(Bruno Mars):森g馬k
15. Get lucky(Daft Punk):森g馬g
16. 星のかけらを探しに行こう(馬場一嘉):馬g森g
17. Isn't she lovely(Stevie Wonder):森g馬g
18. メガロポリタンズファンク:森gl馬g

en-1 Happy(Pharrell Williams):森g馬g
en-2 ゼロ地点:森g馬g


馬場さん、私にとっては何年ぶりかしら・・・・・。
森くんがメジャーにいた時、リードギターのサポートを、よくしてくださってました。

でもね・・・・・その時は正直、好きじゃなかったです(^^;
サポートなのに森くんより目立ってたから(笑)。
今にして思えば、力量の問題だったかもしれません。

今回は素晴らしいセッションでした♪
d0108969_20495614.jpg
馬場さん、ギターにピアノにキーボードに、大活躍!

福耳の『星のかけらを探しに行こう』をカバーしていましたが、この曲、馬場さんが作ったって初めて知りました!
福耳のライブでも聴いてたんですけどね(^^;

そして、馬場さんの年齢も・・・・・。
歌の趣味からすると、納得の年齢です。
d0108969_20510987.jpg
馬場さんのギターで昔、印象的だったのは、『エレンディラ』のフラメンコギター!
でも、残業ながら、セトリに入ってなかったんですよね。残念(T-T)
30日の追加公演でやったそうで・・・・・聞きたかったなぁ。
また是非、馬場さんとセッションして欲しい♪

今回のライブカフェ、とても良かったです!

音もイイし、椅子も座り心地イイ!
店長さんもベーシストですって!

料理もドリンクも、いちいちオシャレ♪
森くんの『ショートケーキ』の曲を再現したショートケーキが絶品でした!
おまけ程度のものかと期待していなかったのですが、普通のケーキ屋のショートケーキより、よっぽど美味\(^o^)/
d0108969_20492714.jpg
家からちょっと遠いのが難点ですが、また食べに来たい(←そっち?)
d0108969_20503795.jpg

[PR]
by june_h | 2018-04-11 20:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)