スポーツトレーナー、ゴルフのキャディ、スポーツ栄養士、野球の審判などなど、スポーツを裏から支えるプロフェッショナル達のインタビュー集。
今のアスリートは、がむしゃらに練習するだけではなく、フィギュアスケーターならコーチ・トレーナー・振り付け師・ジャンプのコーチなどなど、それぞれのプロフェッショナルがチームを組んで結果に挑む、いわば総力戦です。
アスリートの潜在能力が高くても、それを支えるチームが良くなければトップに登り詰めるのが難しい時代になりました。

それぞれのプロフェッショナル達は、最初から裏方になろうとしていたわけではない場合がほとんど。
元々は、そのスポーツの選手だったり、サラリーマンだったりしていて、人との縁やタイミングで、今の仕事をしているわけです。

しかも、先人がいない、前例のない仕事もありますから、自分たちで研究や努力を重ねて、自分の道を切り開いていったのです。

皆さんが口を揃えて言うのが、人との縁の大切さ。
信頼して仕事をくれた人に対し誠実に仕事をする。その繰り返しで評判が広がり、新しい仕事に繋がる。
これが正にプロの仕事でしょう。

[PR]
# by june_h | 2018-04-17 22:25 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

※3/23のワンマンライブは別で語っています。

■3月1日(木)渋谷TSUTAYA O-Crest
高木誠司BAND/ハシグチカナデリヤ/aobahitori/GHOST ORACLE DRIVE

O-Crest初体験でしたが、階段で5階まで登らなきゃいけないんですね(^^;
息切れしましたよっ!
ハッさんは、遠藤くんがベース、まあくんがドラム。
楽しかった!熱かった!!
ギターソロはキラキラしていたし、
遠藤くんのベースの存在感はどんどん増してます(バーシストとしても)。
まぁくんも、いつも以上に良かった♪
先日、越智くんのドラム初体験だったけど、まだまだノビシロありそうですねーふふ。
私は乾いたドラムが好き♪

遠藤くんがハッさんの真似して質問箱を始めました。
ベースの上手下手は「空気が読めるかどうかで決まる」と答えていて、奥が深いと思いました。
今回主催の高木誠司さん、本当にイイ人だわあ。
謙虚な方で、出演者を一組一組褒めまくり。きっと今までいっぱい苦労されているのですね!
d0108969_22020850.jpg

3月13日(火)新宿SAMURAI
ハシグチカナデリヤ/南るみ/Dreamy Melts/Malcolm Mask McLaren/杉本ラララ

たまたまスルッと参加できた日。
杉本ラララ君の出番でもギターで参加していたので、2度美味しい♪


杉本くん、ひたすら「死にたい」とかってMCしてたけど大丈夫かいな(^^;
本当に死ぬかどうかではなく、もう30超えて大分経つのに、中二みたいだ・・・・・でも、気持ちが若いからアーティスト続けていられるのでしょう。
ハッさんは、いつも出囃子で使っているクリスタルキングの『大都会』の音源を忘れたので、長渕剛の『乾杯』を歌いながらステージに登場(笑)。
この日は、ライブ前に焼肉食べ放題で食べ過ぎてボーッとしていたので、早めに退散しました(^^;
d0108969_22030808.jpg


3月30日(金)吉祥寺SHUFFLE
ハシグチカナデリヤ/BOZE STYLE/GET BILL MONKEYS/イエロールーキー

ベースは久しぶりのさくちゃん♪
足元がエフェクター2個だけ。
エフェクターボードが要らないくらいシンプル。
さくちゃんのベースは割と音源通り。
最近、音源と違う遠藤くんのベースをよく聴いていたから新鮮でした♪
d0108969_22033033.jpg

[PR]
# by june_h | 2018-04-16 21:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

桜新町、初めてです!
サザエさんの街なんですね。

d0108969_20483448.jpg
<セットリスト>
森:森広隆(Vocal/Guitar)
馬:馬場一嘉(Guitar/Vocal/Chorus)
g:ギター
k:キーボード
p:ピアノ
l:ルーパー
( )はオリジナル

1. 愛のBeat:森g
2. Wonderful world(大田瑞希提供曲のセルフカバー):森g
3. English man in New York(Sting):森g馬kp
4. ひとりじゃないさ:森g馬g
5. 密室:森g馬g
6. Pebama:森g馬p
7. ロビンソン(スピッツ):馬g森g
8. Human nature(Michael Jackson):森g馬g
9. ショートケーキ:森gl馬g

10. 一見さん暖簾をくぐる(馬場一嘉):馬g森g
11. I Want It That Way(Backstreet Boys):森g馬g
12. 雨はやまない:森g馬k
13. Waterdrops:森g馬g
14. Versace on the floor(Bruno Mars):森g馬k
15. Get lucky(Daft Punk):森g馬g
16. 星のかけらを探しに行こう(馬場一嘉):馬g森g
17. Isn't she lovely(Stevie Wonder):森g馬g
18. メガロポリタンズファンク:森gl馬g

en-1 Happy(Pharrell Williams):森g馬g
en-2 ゼロ地点:森g馬g


馬場さん、私にとっては何年ぶりかしら・・・・・。
森くんがメジャーにいた時、リードギターのサポートを、よくしてくださってました。

でもね・・・・・その時は正直、好きじゃなかったです(^^;
サポートなのに森くんより目立ってたから(笑)。
今にして思えば、力量の問題だったかもしれません。

今回は素晴らしいセッションでした♪
d0108969_20495614.jpg
馬場さん、ギターにピアノにキーボードに、大活躍!

福耳の『星のかけらを探しに行こう』をカバーしていましたが、この曲、馬場さんが作ったって初めて知りました!
福耳のライブでも聴いてたんですけどね(^^;

そして、馬場さんの年齢も・・・・・。
歌の趣味からすると、納得の年齢です。
d0108969_20510987.jpg
馬場さんのギターで昔、印象的だったのは、『エレンディラ』のフラメンコギター!
でも、残業ながら、セトリに入ってなかったんですよね。残念(T-T)
30日の追加公演でやったそうで・・・・・聞きたかったなぁ。
また是非、馬場さんとセッションして欲しい♪

今回のライブカフェ、とても良かったです!

音もイイし、椅子も座り心地イイ!
店長さんもベーシストですって!

料理もドリンクも、いちいちオシャレ♪
森くんの『ショートケーキ』の曲を再現したショートケーキが絶品でした!
おまけ程度のものかと期待していなかったのですが、普通のケーキ屋のショートケーキより、よっぽど美味\(^o^)/
d0108969_20492714.jpg
家からちょっと遠いのが難点ですが、また食べに来たい(←そっち?)
d0108969_20503795.jpg

[PR]
# by june_h | 2018-04-11 20:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

やっぱりワンマンライブは楽しい!!
全部楽しい!!!

<セットリスト>
◆1部
Gt.&Vo.ハシグチカナデリヤ
Drs.&Cho.海保けんたろー
B&Cho.遠藤光与志
Gt.渋谷隊長
A.Gt.&Cho.小田チップス

ハシグチ&海保&遠藤
1. オトナノオンナトオトナノオトコ
 →意外なオープニング♪
2. 萌えてフラジャイル
3. 超Good time
4. カメレオマン
5. ユレル
 →海保くんのドラム良かった!
6. ライヤイヤー
 →ハッさんのボーカル色気たっぷり♪
7. モノクロライダー

ハシグチ&海保&遠藤&渋谷
8. ニュートリノシンドローム
 →音のバランス変わった?と思ったら、モニターが移動したせいだった。
9. バイバイ未来エンドローム
10. OK SONG
11. 宇宙ダンス
 →遠藤くんのベースここぞとばかりの重低音!カッコいい!!
12. らぶふらくしょん
 →イントロが意外で全然分かんなかった!

ハシグチ&海保&遠藤&渋谷&小田
13.名前はまだ無い
 →海保くんドラムのループ10分以上おつかれさま!

◆2部
Gt.&Vo.&Key.ハシグチカナデリヤ
Drs.愛され続けて39年丹大博
B山守拓人
Gt.&Cho.山内かなえ、庄司耀太
A.Gt.&Cho.小田チップス
バース、遠藤光与志

14. アカラサマLOVE
 →ハッさん、拍手はちゃんとするから余韻をもう少し楽しませてくれっ!
15. 恋はSalt
16. ミュージックビデオ
17. イメイジ
18. ビビッドワールド
19. 踊ろうよ世界が今日はディスコ
 →チップスくんの踊りが変化していた。ちげちゃんボーカルパートは固定かな?
20. まさかマザーユニバース
 →遠藤くんの生首バースも、タクトくんのベースも良かったです!
21. 悩んで病んでyoung days
22. Weekendが終わる前に
23. SUPER CRAZY LOVE
 →まあくんテンポ早かったけど耀太くんアタフタしないで対応してGJ!
24. 六等星の丘
25. Rin! Rin! Hi! Hi!
 →耀太くん、ハッさんのムチャ振りに対応してGJ!

26. なに食べ
27. アンコールは永遠に
 →最後にアコギで、お客さんコーラスで・・・・・。


今回のハッさん、ジム通いでスリムになって、新しいパンツや帽子のお披露目があったり、『ライヤイヤー』で色気たっぷりに歌ってみたりで、

色気&演技構成点は200点。

だったんですが、

歌詞ちょくちょく間違えたり、私の大好きな『イメイジ』のループがグシャってなったりしたので

技術点は70点。

今後の期待も込めて。
とはいえ、しっかりリードギターソロは、いつもより5割増しギラギラしてた(と、一応フォローしておきます)

この男は、こんなモンじゃないぞっ!!

この日の前日のブログで、物議を醸していましたが、

この男はタダの活動休止詐欺師じゃないぞっ!!!


この話で思い出した。この男のライブを初めて見た時のことを。

初めて見た時、正直言って、大嫌いでした。

ピエロみたいな格好までして、

そこまでして爪痕残したいんか、なんてアサマシイ男。

と、心の底から軽蔑しました。物販で呼び込みしている彼を、なるべく視界に入れないようにして、その日は帰りました(笑)。

でも、何度か対バンで見ているうちに・・・・・。

もしかしたら、この人、本気なのかもしれない。と、改めて、振り返ってよく見てみた。

小さなライブハウスで歌っているアーティストのほとんどは、誰でも歌えるような歌を歌っているか、売れなくてヤサぐれているかの、どちらかだけど(爆)。
この人は、ケチなプライドとか、かなぐり捨てて、必死でドアをこじ開けようとしているらしい。

それに気づいて、今までの曲とか全部聞かせてもらったけど、
リードギターが恐ろしく上手い!!し、

しかも30歳半ばなのに、
いまだに曲のクオリティは右肩上がり

しかもしかも30歳半ばなのに、メジャーデビューしちゃったんだよっ!
そんな人、1%もいないでしょ。30歳超えたら、普通は諦めてきちゃうよね(^^;

私が通っている間にも、ライブパフォーマンスは、どんどん良くなってるし・・・・・。

この人は正直、天才じゃないけど、努力し続けられるって、それだけでスゴい才能だと思う。

で、このライブ前日の
6月27日(水)六本木Morph-Tokyo
ハシグチカナデリヤ(約2週間の)活動休止直前ワンマン
~免許合宿行ってきます~
のブログを見て、

そこまでしてチケット売りたいんか、なんてアサマシイ男。

と、呆れた私ですが、でも、これからもきっと、
呆れさせるかもしれないけど、飽きさせてはくれないよね。
だから、

まだまだイケるぞ!!まだまだノビるぞ!!!

・・・・・今後の期待を込めて。
d0108969_21282528.jpg

[PR]
# by june_h | 2018-03-29 21:25 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

この日は雨が降っていたんですけど、夜には止んで良かったです。
『雨はやまない』のは、森くんの曲だけにして欲しい(^^;
d0108969_22494646.jpg
<セットリスト>
1. おいしいパン
2. 風の卵と眠る太陽
3. メガロポリタンズファンクwithルーパー
4. 黒い実
5. 雨はやまない
6. Waterdrops
7. Avalanche
8. I got my passport
9. キラキラ
10. 愛のBeat

11. ネオフィリア
12. 碧
13. 密室
14. 君への言葉
15. Pebama(withピアノ)
16. Pretty baby(with ルーパー)
17. Wonderful world(大田瑞希のセルフカバー)
18. 2D Star(withルーパー)
19. ゼロ地点
20. Rainbow seeker
21. いいんです

en.ユートピア


この日は『Avalanche』で泣けました(・_・、)
妙に感傷的になっちゃいましてね。
聴きながら、空に飛んで行ったけど、人を殺すのがイヤで、何もせずに水平線の向こうに消えた人もいたんじゃないかなぁ・・・・・と、想像しちゃったんです。
その前が、『雨はやまない』『Waterdrops』で雨雨が続いたからですね。

森くん、前半は、いっぱい喋ってくれましたね。
ただ、時間の関係で、後半は駆け足になっちゃったんですけどね(^^;
森語録、行ってみよう♪


◆昔はサーフィンなんかも行ったけど、最近は「はんだ付けが趣味」としか言えない
ミュージシャンをフォローしていると、機材を皆さん、カスタマイズしてますよね。はんだ付けの腕も上がるってもんです。


◆風呂上がりに曲がよく浮かぶ
私も、いろいろ思いつくのは、風呂掃除してる時とか、散歩してる時とか、そんなにガチガチに頭使ってない時です。


◆曲いっぱいできてるけど全部できかけ
・・・・・早く完成させてください(笑)。
とはいえ、今までのペースを考えると、まだまだかかりそうなので、気長に待ってます(^^;


◆コーラス前提の作曲マイブームが止まらない
最近はルーパー使っているせいか、コーラスをどんどん重ねていく曲が多いですね。
ルーパーって、アーティストによって使い方に個性が出ますよね~♪


◆パクリハードルが自分の中で少し下がっている
森くんが寡作なのは、「パクリハードルの高さ」が大きな理由ですね。
年数の割りに発表曲が少ないですが、作っている曲は決して少ないわけではないと思うんです。
ただ、誰かの曲とか自分の過去の曲とかに似ているということで、ボツにする確率が高いみたいなんです。
ゼロ地点』も、それでボツになりかけた、と。初めて知りました。
コード進行とかメロディとか、出尽くしているんで、全く新しい曲を創り出すっていうのは、本当に大変だと思います。


この日のアンコールは、森くんのバースデー&mellow tones30回記念ということで、ファン有志から、ちょっとしたサプライズが。

まず、入口の花束♪
d0108969_22483122.jpg
アンコールでは、ピンクのサイリウムをお客さんたちで振りました♪
写真が残っていないのが残念ですが・・・・・。

それから誕生日に欠かせないケーキ♪
この日に用意されたケーキはカレンダーになっていて、森くんにお渡ししたのは、3/9の部分が赤くなっています。
オシャレ&美味しそう♪

ちなみに、私が初めて参加したmellow tonesは2002年のVol.3。
・・・・・恐ろしいですね。16年前ですよ(^^;;;

お店のスタッフさんもいろいろ協力くださったようで、本当に感謝ですm(_ _)m

音楽を長く続けるのは本当に大変で、続けてくれているのは本当に感謝。
そして、こうして長く応援できる自分は幸せです。
森くんが音楽を少しでも長く続けられますように。
そして、少しでも長く応援できますように。

30回目までくるのに16年以上かかっているわけですから、40回記念に到達するのは・・・・・あと何年かかるかしら(^^;
d0108969_22503730.jpg


[PR]
# by june_h | 2018-03-28 22:45 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)