「誰かのためにつくウソ」

今まで私が見てきた、西川美和監督作品、『ディア・ドクター』『夢売るふたり』『ゆれる』の3つの共通しているポイントです。

ゆれる [DVD]

バンダイビジュアル


でも、結局は、みんな自分のためにウソをついているんです。
そして、「私は人のためにウソをついている」と自分に言い聞かせて、自分に対してもウソをついている。
映画を見ていくと、だんだんこうした欺瞞があぶり出されてきます。

『ディア・ドクター』では、偽医者だということは、関係者は皆、わかっていたんです。
「理想の医療のために」皆、黙っていました。
でも、本当は、製薬会社のMRは薬をたくさん売りたいからだし、看護師は離婚した医師の夫と築くはずだった理想の医療をやり直したかったから、知らないフリをした。

『夢売るふたり』でも、妻は「夫の夢のため」に結婚詐欺を働きますが、本当は、自分の依存心からでした。
騙された女性達も「愛する男性のために」お金を工面するけど、結婚してもらって、心身共に安心したかったから。

『ゆれる』では、殺人容疑者になってしまった兄を「救うため」に、弟は奔走するのですが、兄は弟にこう言いうのです。
「おまえは、俺を助けたいんじゃない。自分が殺人犯の弟になりたくないだけだ」
これを聞いた弟は、どう思って、どう行動するのか。
ここからラストシーンの、兄弟が対峙するまでが見せ場です。

この映画で、兄役だった香川照之は、『キネマ旬報』の対談で西川美和監督を絶賛!
「こういう兄弟の会話、絶対あるよ!」
「脚本の書き方教えてよ!」
と監督相手に熱くなっていたのが印象的でした(^^;
[PR]
by june_h | 2012-09-21 12:17 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)