いっぱいかな?と思いましたが、そうでもなかったです。

面白かったのは、「レオナルドの蔵書目録」
ダヴィンチは、鏡に映すと正しく見える「鏡文字」をよく書いていましたが、目録まで鏡文字で書いていたんですね(^^;

ダヴィンチの作品として知られている「音楽家の肖像」ですが、よく見ると、頭部以外は、イイ加減なんですね(^^;
洋服なんて、ただのベタ塗りにしか見えない。
ダヴィンチ作品にありがちな未完成品?

ダヴィンチに影響を受けた画家「レオナルデスキ」達の絵もありました。
ダヴィンチの描く聖ヨハネが女性っぽいので、彼らのヨハネも女っぽいです(^^;

この美術展は、TBSドラマ「TAKE FIVE」とコラボレーションしています。
毎週見ていますが、ざっくり言うと
「男女逆転キャッツアイ」+「白浪五人男」
でしょうか(笑)。

そんなわけで、この美術展では、ドラマの主役の唐沢寿明と松坂桃李がイヤホンガイドのナレーターをしているので、レンタルしちゃいました。
でも、ショックなことに、二人が担当しているのは、ほんのわずか(T_T)
もったいないので、桃李くんのだけ、最後に全部リピートしてから返しました(^^;
[PR]
by june_h | 2013-06-01 12:14 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(2)

ぼちぼち会期終了するので空いてるかなーと思ったのに甘かった(^^;
バッチリ並びました(笑)。

私は、ダ・ヴィンチの絵が大好きなのですが、ダヴィンチさんは、発明やら建築やらなんやらで、生前お忙しかったので、絵が少ないということは、よくわかっているのです(笑)。
なので、「ダ・ヴィンチ」の名を冠する美術展があったとしても、ダ・ヴィンチ自身の絵はほとんど無いことも、よくわかっているのです。
でも、行ってしまうのです(^^;

今回面白かったのは、いろいろな画家が描いた「モナ・リザ」。
特に「アイルワースのモナ・リザ」は、ダ・ヴィンチ自身の未完成作品ではないかと言われているほど、クオリティの高い作品。
実際のモナリザよりも、少し幼い印象。
日本人男性は、こっちのモナリザの方が好きなんじゃないかな(^^;

いろんな画家のモナリザの模写を見ていると、目元はもちろん、口元が難しいみたいですね。歪んだ口のモナリザさん多過ぎ(^^;

それから、モナ・リザのパロディも。
「裸のモナ・リザ」がいっぱい描かれています。
いつの時代もどこの人でも「美女を剥いてみたい」と思うのは、同じようですね(^^;

[PR]
by june_h | 2012-06-07 12:11 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

d0108969_19511345.jpg
モノスゴイ人ダラケ。平日で、こんなんだったら、土日は考えただけでもオソロシイ・・・・・。

この特別展は、会場が二つに分かれていて、「受胎告知」の絵が見られる第1会場に入るまで、行列20分待ち。ディズニーランドか!?列の先は、博物館の門まで続いていました。

やっと建物の中に入れたと思ったら、今度は持ち物検査と金属探知機がお出迎え。空港か!?

そんなこんなで、ずいぶん絵にたどり着くまで時間が掛かって早くも疲れが出始め・・・・・ダ・ヴィンチの絵は好きだけどさぁ・・・・・受胎告知はそんなに好きじゃないんだよねぇ・・・・・だって、初期の作品だから、表情が固いんだもの・・・・・。

d0108969_19584973.jpg
お次は第2会場。満員電車じゃ。しかも、春休みのせいか、親子連れいっぱい。「熱いよう」「痛いよう」「見えないよう」ギュウギュウ押し合いながら文句たれる子供。私も文句言いたい。
これでダ・ヴィンチの原画が観られるなら、我慢できるんだけど、原画がひとっつもないのね。たとえメモでもスケッチでも、彼の直筆が見たかったのよ。解説なんて、あとでいくらでも本で調べるからどうでもいいのよ・・・・・。

テーマ作りや見せ方はウマいなぁと思ったけど、「受胎告知」の絵に予算をかけたら、ほかの絵に使うお金はなくなったのかしら、などと思ってしまったのでした。
[PR]
by june_h | 2007-03-30 20:07 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)